このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

生のグリーンピースはさや付きがおすすめ!美味しい食べ方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月 6日

冷凍食品や缶詰で済ませがちなグリーンピースだが、旬の季節になるとさやつきの生グリーンピースがスーパーに並ぶようになる。グリーンピースは食物繊維やビタミンが豊富で、ダイエットにも向いている。ここでは、グリーンピースの美味しい食べ方について紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生のグリーンピースは風味が違う!

缶詰や冷凍食品として1年中手に入るイメージがあるグリーンピースだが、旬である3月~5月頃になると生のグリーンピースをスーパーなどで見かけるようになる。旬のグリーンピースは甘みが強く、風味も豊かでほくほくとしている。旬を逃すと生のグリーンピースはなかなか出回らないものなので、スーパーで見かけたら一度手に取ってみてもらいたい。

生のグリーンピースは空気に触れると固くなりやすいため、さや付きを選んだほうがよい。料理に使う直前にさやから取り出すようにすれば、より美味しく食べることができる。買うときは、色が濃くて傷が少ない、豆がしっかり詰まっているものを選ぶとよいだろう。さやから出た状態の生グリーンピースを選ぶときは、豆の薄皮がはがれていないものを選ぶとよいだろう。

豆の取り出し方は、簡単だ。さやをひねってやると筋の部分が開くので、そこに指を入れて完全に開ききってしまえばよい。グリーンピースを茹でるときのポイントは、塩をひとつまみ入れることと粗熱はゆっくり時間をかけて取ることだ。塩をひとつまみ入れることでアクが抜けて鮮やかな仕上がりになり、ゆっくり冷ますことでしわができにくくなる。

茹で汁に漬けたまま冷蔵庫にしまっても2日~3日はもつので、先にまとめて茹でてしまってもよいだろう。それ以上保存したい場合は水気を切ってジッパー付保存袋に入れ、冷凍すればよい。

2. グリーンピースは食物繊維が豊富!栄養を逃さず食べるコツ

さまざまな料理の添え物という印象が強いグリーンピースだが、じつは高い栄養価を持つ食材だ。食物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラスで、便秘改善の効果が期待できる。豆類ということもあってたんぱく質と糖質が豊富で、糖質の代謝を促すビタミンB群も多く含んでいる。そのほかにもベータカロチンやビタミンC、カリウム、亜鉛、ナイアシンといった栄養素も含まれている。

これらの栄養を逃さず食べるには、グリーンピースの茹で汁も上手に料理に活用することが重要だ。ビタミンCをはじめとした一部の栄養素は水溶性なので、茹で汁を捨ててしまうと茹で汁に逃げてしまった栄養素も捨てることになってしまう。グリーンピースをスープに入れるときは、茹で汁も一緒に加えるか、生の状態から煮込んで使うとよいだろう。豆ごはんを茹で汁で炊き込むと、栄養価が増すだけでなくほのかに色が付き、香りもよくなっておすすめだ。

じつは、新鮮なグリーンピースは生でも美味しく食べられる。栄養をムダなく摂取するという意味では、生で食べれば調理の過程で栄養を逃がす心配もない。鮮度が落ちると苦みが増してしまうため本当に鮮度のよいものに限られるが、生のグリーンピースはほんのりと甘くて美味しいのでぜひ一度試してみてもらいたい。

3. グリーンピースはさやまで食べられる?さやの活用法

ところで、グリーンピースがえんどうの仲間のひとつであることはご存じだろうか。じつは、えんどうは豆が未発達の状態で、さやを食べる目的で収穫すれば「さやえんどう」になる。グリーンピースは未成熟ではあるがもう少し実が大きくなった頃合いで収穫した「実えんどう」のことを指す呼称なのだ。ちなみに、完全に熟したあとの豆は「えんどう豆」、えんどうの新芽は「豆苗」として市場に出回っている。

実際はそれぞれの収穫タイミングに最も味がよくなるように最適化された品種があるので、さやえんどうとグリーンピースが全く同じ品種というわけではないのだが、成熟度合いにあわせていろいろな食べ方が楽しめる野菜であることに変わりはない。

もうお気づきの方もいるかも知れないが、さやえんどうがさやをメインに食べる野菜であるように、じつはグリーンピースのさやも食べることができる。グリーンピースのさやには、さやえんどうと違って内側に薄く固い皮の層ができている。この薄皮をはいでしまえば炒め物などに使って美味しく食べることができるのだ。

そのたびにさやの薄皮をはぐのが面倒だという場合は、せめてグリーンピースを茹でるときに軽く洗ったさやを一緒に茹でてみよう。グリーンピースのさやからよい出汁が出るので、先ほど例に挙げたスープや豆ごはんに茹で汁を使えば、より一層風味豊かな一品に仕上がることだろう。

結論

旬である3月~5月頃になったら、さやつきのグリーンピースを探してみよう。鮮度の高いものは生でも食べることができるし、ひと手間かければさやまで美味しく食べることができる。普段食べているさやえんどうとグリーンピースのさやで、味や食感にどのような違いがあるか比べてみるのも面白いのではないだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ