このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

低カロリーで栄養満点!【馬刺し】のカロリーと糖質量はいかに

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月 9日

皆さんは、馬刺しを口にしたことはあるだろうか?馬刺しは、低カロリーでダイエットにもよいといわれているようだが、はたして実際のカロリーや糖質量はどのくらいなのか。気になる栄養も含めて詳しく調査してみた。

1. 馬刺しのカロリーと糖質量

庶民が馬肉を食すようになったのは、江戸時代からだといわれている。滋養強壮によいとされ、薬膳料理としても食されていたようだ。馬肉は熱を吸収しやすいことから、火傷の患部に貼って冷やす治療にも用いられていたともされる。そんな馬肉は、現代でもヘルシーだとダイエット中の人々から注目を浴びているようだ。馬肉のカロリー、糖質量をほかの肉とも比較してみよう。
(※以下すべて[ ]の中は100gのカロリーと糖質量)

◎馬肉[110kcal、0.3g]
◎牛肉[286kcal、0.3g]
◎豚肉[216kcal、0.2g]
◎鶏肉[253kcal、0.0g]

比べてみると、馬肉のカロリーはほかの肉類に比べ約半分しかないことがわかる。この結果からも、馬肉は低カロリーだといわれることが納得できるだろう。馬刺し1枚の重さは、約4~5gといわれているため、カロリー計算をする場合は1枚につき約4~5kcalで考えればよい。馬肉に限らず、肉類は総体的に糖質量が低いようだ。糖質制限をしている人にも、馬肉は嬉しい味方だといえるだろう。

2. 知れば食べたくなる!馬刺しの栄養

馬刺しつまり馬肉は高たんぱく、低脂肪で健康と美容によい食材といわれている。それには、カルシウム、鉄分、グリコーゲンといった栄養素が豊富に含まれているからのようだ。

カルシウム

身体の機能を維持、調整するのに欠かせない作用があるといわれる。丈夫な骨や歯を作るのにも不可欠な栄養素で、筋肉を収縮させたり精神を安定させる効果も期待できるようだ。

鉄分

不足すると、鉄欠乏性貧血により頭痛や集中力の低下などを起こす。身体のすみずみに酸素を運んだり、赤血球をつくるのに重要な栄養素だといわれている。

グリコーゲン

体内にある約80%のグリコーゲンは、筋肉に貯蔵されているという。運動するのに重要な役割を担っており、疲労回復の効果も期待できるようだ。スタミナの持続や滋養強壮にもよいといわれている。

L-カルチニン

体内に入った脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換する作用があるとされる。また、記憶力の低下を防止したり、脳機能の維持に重要な役割を果たすともいわれている。

ナイアシン

エネルギーを作りだし、皮膚や粘膜の健康を保持する働きがあるといわれている。また、血行をよくし、脳神経の働きを助ける効果が期待できるようだ。

ビタミンB12

神経や血液細胞を健康に保つ働きがある。極端に不足すると、疲労や体力低下を起こす悪性貧血を引き起こす。自律神経を安定させる働きも期待できるようだ。

3. 馬刺しを美味しくする薬味とタレ

馬刺しは、淡白であっさりしているため薬味やタレを工夫すると、さらに美味しく食べることができる。醤油以外に、定番の食べ方を紹介したい。いろいろな調味料で馬刺しを美味しくいただこう。

にんにく

すりおろしにんにくと醤油を合わせたものを馬刺しにつけて食べる。パンチの効いたにんにくの風味が、淡白な馬刺しの味を引き立ててくれるだろう。臭いが気にならないのであれば、ぜひ試してほしい。

しょうが

すりおろししょうがと醤油を合わせ、馬刺しにつけて味わう。しょうがには、殺菌、抗菌作用が期待できるため、馬刺しを食べる薬味に最適といえるだろう。さっぱりと馬刺しを食べたい場合にとくにおすすめである。

玉ねぎ

薄切りの玉ねぎを、馬刺しと一緒に食べる。玉ねぎのシャキッとした食感とほどよい辛みが、淡白な馬刺しと非常によく合う。

結論

ヘルシーで栄養が豊富な馬刺し。なかなか口にする機会は少ないかもしれないが、ダイエットや糖質制限をしている人にとっては非常に魅力のある食材といえるだろう。食べたことのない人も、これを機に馬刺しを味わってみてはどうだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ