このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

こだわるなら直火式!?直火式ワッフルメーカーのメリットとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月21日

朝食からパーティーまで活躍するワッフルメーカー。電気式の利便性に優れたワッフルメーカーが数多く出回る中で、直火式のワッフルメーカーも根強く人気があることはご存じだろうか。ここで、直火式ワッフルメーカーの魅力について紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 直火式ワッフルメーカーのメリットとは

直火式ワッフルメーカーの一番のメリットは、自分で火力を調整できるということだ。決まった火加減で均一な焼き具合に仕上がる電気式ワッフルメーカーと異なり、直火式ワッフルメーカーはすべて手動で管理しなければならない代わりに好みの焼き具合に調整ができる。シンプルな構造である分安価で壊れにくく、手入れが楽というのも大きなポイントだろう。

一方、電気式ワッフルメーカーは手軽さが魅力で、プレートを入れ替えればホットサンドやたい焼きなど、ほかのメニューも作ることができる。その一方で、直火式と比べて予熱に時間がかかるため、焼きあがるまでに10分ほどかかるのがネックだ。直火式は目を離せないというデメリットもあるが、5分ほどで焼きあげることが可能だ。たった5分の違いではあるが、朝の忙しい時間にはその5分が貴重に思えることもあるだろう。

直火式ワッフルメーカーのもうひとつの利点は、火さえあれば屋外でもワッフルを焼けるということだ。キャンプやバーベキューに直火式ワッフルメーカーを持ち込み、おやつや朝食にワッフルを焼いて食べればその味はまた格別なものになる。少し特別なごはんを演出してくれるのも直火式ワッフルメーカーの利点といえるだろう。

2. 直火式ワッフルメーカーの使い方

直火式ワッフルメーカーは焼き具合を自分で見極めなければいけないなど、上手に焼けるようになるにはさまざまなコツをつかむ必要がある。好みの焼き具合や火力、ワッフルメーカーの種類によって多少変わるものではあるが、共通する焼き方のポイントはあるのでしっかり確認しておこう。

予熱は両面に必要

ワッフルメーカーは上下の鉄板で挟んで熱することが重要なので、上の面までしっかりと熱が通っていることを確認してから生地を流し込んでいこう。ものによって鉄板の厚みや熱伝導率は違うので、感覚を掴むまでは慎重に熱の通りを確認しよう。

焼き具合は五感を駆使して見極める

直火式ワッフルメーカーの難しいところであり醍醐味でもあるのが、焼き具合の見極めだ。一度焼き始めたら途中で開いて生地の焼き具合を確認することはできない。目で見て確認できない分、聴覚や嗅覚を駆使する必要があるのだ。最初にひっくり返すまでの1分~1分半ほどの間は、とくに形が崩れやすいので絶対に開けないようにしよう。慣れないうちは失敗を繰り返してしまうかもしれないが、コツさえ掴んでしまえばしっとりやわらかな焼き具合から、カリカリ食感のこんがり状態まで思いのままだ。子どもや妻のリクエストに合わせた絶妙な焼き具合まで対応できるように、コツを掴むまでくじけず挑戦してもらいたい。

3. ワッフルメーカー選びのポイント

最後に、さまざまな種類のワッフルメーカーの中から自分に合ったものを選ぶためのポイントを紹介する。せっかく買うのであれば、ポイントを押さえて後悔しない選択ができるようにしておこう。

子どもにも触らせたいなら電気式がおすすめ

父親の職人芸で子どものリクエスト通りの焼き具合のワッフルを作るのも悪くないが、自分でワッフルを作る楽しみを子どもと共有したいのであれば電気式も悪くない。オンオフのスイッチはもちろん、ものによってはタイマー付きで自動的にオフになってくれるものもあるので、子どもに触らせるのであれば安全性の高いものを選ぶとよいだろう。

直火式はIH対応かどうかもチェック

直火式のワッフルメーカーは、IHに対応しているものもある。コンロがIH式ならIH対応のものを選ばないことには使えない。購入の際はしっかり確認することが必要だ。また、IH対応のワッフルメーカーであってもコンロにのせた際に持ち手が当たって浮いてしまうようだと加熱ができない。コンロの形状とワッフルメーカーの形状をよく見て相性のよいものを選ぶように気を付けよう。

素材や表面加工も忘れずチェックする

調理器具選びで忘れてはいけないのは手入れのしやすさだろう。熱伝導率や焦げ付きにくさなど、さまざまな面から最適なものを考えるようにしよう。おすすめは、テフロンをはじめとしたノンスティック加工が施されているものだ。慣れないうちは焦げ付かせてしまうこともあるかもしれないが、ノンスティック加工のものであれば焦げ付きにくく洗うのも簡単になる。

結論

ワッフルを家で焼けるようになれば、朝食としてプレーンで食べるもよし、アイスやフルーツをのせてデザートとしてもよし、とさまざまな食べ方が楽しめるようになる。ちなみに、ワッフルメーカーに餅を挟んで焼くと独特の食感が楽しめるモッフルも作ることができる。ワッフルよりも焦げ付きやすいのでノンスティック加工がされていないワッフルメーカーで作ることはおすすめできないが、変わり種としてぜひ一度試してみてもらいたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ