このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かに玉のカロリーや糖質は?満足感を減らさずカロリーオフする食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月15日

かにの身や野菜が入った卵焼きである、かに玉。とろりとした甘酢あんがかかって、なかなか食べごたえのあるメニューだ。卵料理なので栄養は豊富そうだし、満足度の高さからカロリーもそれなりに高そうな印象だが、カロリーはいったいどのくらいなのだろうか。食欲をそそる甘酢あんと卵焼きのコンビネーションで、食が進むメニューであるため、カロリーオフの食べ方なども併せて紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かに玉のカロリーをチェック

それではさっそく、かに玉のカロリーをみてみよう。1人前、約302gが413kcalだ。これは、卵を2個使って作ったかに玉のカロリーになる。

かに玉は単体で食べるものではない。天津飯のごとく、白いごはんと相性がよい。ごはんが加わった定食として考えたときのカロリーはそれなりに高いものになるだろう。ごはんがチャーハンになったり、スープやほかのおかずなどが入ってくれば、総カロリーは気になるほどのものになる。

さて、かに玉のカロリーを支えているものは何だろうか。まずは、卵、そしてサラダ油となっている。これらがかに玉を構成する二大カロリーだ。卵はよいが、サラダ油が気になるかもしれない。

2. かに玉に含まれる栄養を知る

かに玉は、卵料理なだけに栄養食といった印象を受ける。実際どうなのだろうか?かに玉は、卵とかにが入るので、1食あたりタンパク質を約22g摂ることができる。脂質が多く、約29g、炭水化物は約15g。かに玉から摂取できる栄養で特筆すべきは、セレンというミネラルだろうか。魚介類、肉類、卵に含まれているものだ。またビタミンB12もしっかり摂ることができる。

3. かに玉に糖質は含まれるか

かに玉には、どの程度糖質が含まれているのか、糖質制限をしている人には気になるだろう。一見卵やかにはタンパク質が豊富な食材なので、そこまで糖質は含まれていないのではないかという印象がある。かに玉の糖質は、約12gとなっている。かに玉には、甘酢あんがかかっている。このとき、甘くするために砂糖を使うし、とろみをつけるために片栗粉を使う。糖質を控えたい場合は、まずは砂糖の代わりに希少糖の使用を考えてみよう。

4. かに玉をカロリーオフする食べ方

それでは、かに玉をカロリーオフする食べ方を考えてみよう。

・カロリーオフする食べ方1:サラダ油を減らす

かに玉を作るとき、サラダ油を多めに熱して、そこに卵液を流し入れて作る。そうすると卵がふわふわとするからだ。サラダ油を減らし、代わりに、卵液にマヨネーズを加えてみよう。マヨネーズには、卵の加熱でタンパク質が結合して固くなるのを防ぐ効果があるのだ。ただし、マヨネーズも高カロリー調味料なので、入れすぎには注意したい。

・カロリーオフする食べ方2:甘酢あんを減らす

かに玉の美味しさや食べごたえに、甘酢あんはかなり貢献している。しかし、カロリーを減らしたいときは、率先して減らすべきものだろう。美味しさはそのままに甘酢あんの量を減らすことを提案したい。というのも、片栗粉を減らせば、とろみも減ってしまい、バランスが悪いものになる。しいていえば、糖質のところでも提案したが、砂糖の代わりに希少糖を使うということだろう。

カロリーオフすることで満足度が大幅に減っては台無しである。自分が何を優先したいのか、それは卵のふわふわ感なのか、たっぷりの甘酢なのか、そういったことも考えながら対応していこう。

結論

かに玉のカロリーや糖質は、予想通りだっただろうか、それとも多かっただろうか。中華料理は油をけちらずに豪快に作るほうが美味しいイメージがある。それでも、自分なりに美味しさを減らすことなくカロリーを落とす方法は、うまく取り入れていきたいものだ。なんでもかんでもカロリーオフを狙うのではなく、優先順位をつけて、譲れないところは美味しさを重視するのが満足度を高めるコツだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ