このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

具の種類は無限大!一口で楽しめる串カツのカロリーは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月15日

大阪のソウルフードとして愛され、チェーン店の登場もあり、もはや全国区になった感のある串カツ。揚げ物なだけに、串カツのカロリーが心配になるだろう。それでも、小さめサイズと、意外と油っぽくない食感、そして種類の豊富さから、大量に注文する人が多いのではないだろうか。今回は、その気になるカロリーをはじめとして、串カツのさまざまな栄養面について知っていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 串カツのカロリーは、どのくらいなのか?

それでは、気になる串カツのカロリーをみてみよう。

串カツ盛り合わせ5本分のカロリーは、約271kcalである。串カツのサイズや具が何であるかによるのでそれによって変動することはあるが、1本あたり50kcal前後のものが多いと考えられる。

また、串カツにつけるソースのカロリーも併せて考えなければならないだろう。お店のソースはオリジナルの可能性もあるが、ここではウスターソースのカロリーを紹介する。ウスターソースは大さじ1杯あたり、20kcal程度である。串カツの本数にもよるが、数杯分使われている可能性は拭いきれない。

どうだろうか。思ったよりも低い数値で安心する結果だったかもしれない。それでも、1回あたり、5本では済まないことが多く、10本、15本と注文していれば、それなりの数字になってくる。

また串カツは、ビールとの相性がよい。おかわりを繰り返せば、ビールのカロリーも馬鹿にならない。

2. 串カツに含まれる栄養素は?

さて、串カツから摂れる栄養にはどんなものがあるだろうか?

串カツの種類は果てしないといっていいほどで、それぞれの食材がもつ栄養素が摂れることになる。たとえば、串カツの代表格である豚ロースであれば、おもな栄養素はタンパク質であり、野菜であればビタミン類などである。

共通していえるのは、衣の部分だ。衣は、小麦粉、卵、パン粉でつくられたものだ。これらが合わさって、油で揚げられる。そのため、栄養素として考えられる代表的なものは、炭水化物、タンパク質、脂質である。また、串カツにソースをつければ、素材に含まれているものにプラスして塩分を摂取することになる。

3. 串カツは糖質の心配をする必要があるか?

串カツには、衣がついている。炭水化物が含まれているので、結果として糖質が含まれる。串カツ5本ほどでいえば、糖質は14g程度になる。

白いごはん1杯、だいたい150gの糖質が55gとなる。つまり串カツを20本分食べたら、ごはん1杯分に匹敵することになる。

4. 串カツをさりげなくカロリーオフする食べ方

揚げ物である串カツを、さりげなくカロリーオフする食べ方を考えてみよう。

ダイエット中であれば、衣を剥ぐというのが最もシンプルかもしれない。また、凹凸の少ない単純な形の、衣の表面積が少ないものを選択するという方法もあるだろう。

具を選ぶときに、野菜を多めにするといった食材からアプローチする方法もある。さらに、ソースを控えめにするという地道なカロリーオフの食べ方も考えられる。

ただ、せっかく串カツを食べるのだから、そんなにチマチマしたくない人も多いだろう。好きな具で、しっかり衣がついたままで、ソースもたっぷりつけて1本1本を味わうのだ。食べ方としてはそのほうが美しい。

その場合は、串カツを厳選して妥協なく具を選ぶこと。そして、付け合わせやお通しなどに出てくる生キャベツを合間にもりもり食べるのがよいだろう。それが、周囲にも違和感をもたれにくいカロリーオフする食べ方になる。

自宅でつくるのであれば、パン粉は乾燥パン粉の細目を選ぶこと。油を吸いにくいというメリットがある。細目のパン粉は、目が細かいので、複雑な形の具に使うのに最適。よく串カツに使われる。串カツが案外油っぽくないのは、細目のパン粉を使っているおかげなのだ。

結論

大阪のソウルフード、串カツのカロリーについて学んだ。串カツを構成する要素は、衣、具、ソースである。一口サイズということもあり、1本1本はそこまでカロリーが高くないが、数を食べればそれなりに積みあがるだろう。糖質も、串カツの本数が増えれば同じことがいえる。飲み物も、ビールだけではなく、糖質ゼロのハイボールなどを織り交ぜていくのが安心かもしれない。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ