このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クリームコロッケは高カロリー?健康を考えながら食べるコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月23日

口に運ぶとトロッとしたクリームが溶け出す魅惑の食べ物。クリームコロッケはとくに冬に食べたくなる料理ではないだろうか。クリームコロッケのファンは多いが、一方でカロリーを気にして食べられないという人も多いだろう。ここではクリームコロッケのカロリーや栄養成分について解説していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クリームコロッケは高カロリー食品?気になるカロリーはどのくらい?

クリームコロッケにはさまざまなレシピが存在し、レシピによって使われている具材が異なる。クリームコロッケというとコーンクリームコロッケやカニクリームコロッケが定番だが、特別な材料を使わなくてもクリームだけでもシンプルに仕上げることができる。特別な材料が手に入らないときは、家庭にあるもので手軽に済ませてしまおう。
クリームコロッケのカロリーは、中にどんな具材を使うのかによって多少左右される。コロッケ自体の大きさは大体決まっているので、クリームの使用量から平均的なカロリーが推定できる。

クリームの部分には、おもにバター、牛乳、小麦粉が使われている。ホワイトソースと同じ材料を使うが、衣に包んで揚げる作業があるため、比較的硬さが必要だ。つまりホワイトソースと比べるとバターや小麦粉の量が多くなるのだ。

手のひらサイズのクリームコロッケふたつ分の材料は、バターと小麦粉がそれぞれ約7g、牛乳が約60ccだ。この3つの材料を合わせたカロリーは約 120kcalになる。
このホワイトソースに加えて、かにやコーン、ツナ、鶏肉といった材料のカロリーが加わりクリームコロッケのカロリーが決まる。また1食にどのくらいのクリームコロッケを食べるのか、量によってもカロリーは左右される。さらに、衣に使う小麦粉や卵、パン粉、揚げ油、ソースなどほかの材料の合計も考える必要があるだろう。

クリームコロッケのカロリーは、標準的な大きさの俵型1個で約200kcalである。2個食べれば400kcalになり、それだけで満足できない場合、数が増えれば増えるほど高カロリーになってしまう。

クリームコロッケは食べごたえという点から見ると、あまり咀嚼をしない料理なので満足感が得られにくいかもしれない。よって満足できる量を取るには相当なカロリーを摂取することになるだろう。

2. クリームコロッケにはどんな栄養があるか?

次にクリームコロッケにはどんな栄養成分が含まれているのかを見てみよう。一番シンプルなクリームコロッケの場合は次のとおりである。
  • クリーム
    バター...脂質
    小麦粉...炭水化物
    牛乳...たんぱく質、カルシウム、ビタミン

  • 小麦粉...炭水化物
    卵...たんぱく質
    パン粉...炭水化物
こうして見ると、クリームコロッケはビタミンやミネラルといった微量栄養素が少なく、脂質や炭水化物に偏っている料理であることがわかる。クリームコロッケを少しでも健康的に食べるためには、クリームの中に肉や野菜などの具材を入れるか、付け合せにサラダやスープを準備して野菜類が摂れるように工夫する必要があるだろう。

3. クリームコロッケの糖質をオフする方法とは

クリームコロッケには小麦粉やパン粉が使われるため糖質は多くなる。どの程度厚みのある衣を作るかによるが、糖質制限をしているからといって気にするほどの量ではないだろう。むしろ心配なのはバターや揚げ油に使う脂質のほうである。

よってクリームコロッケを食べるからといって、主食のごはんやパンを全く抜いてしまう必要はない。しかし、1食のトータル量での糖質量を考えると、いつもよりも少しだけ主食の量を少なめにするとより安心である。
また、クリームコロッケの中に入れる具材にも気をつける必要がある。いもやコーンは糖質を多く含む野菜であるため糖質オーバーになりやすい。糖質が気になるという人はかにや鶏肉のようなたんぱく質が摂れる食材や、マッシュルームやしめじといったきのこ類がおすすめだ。

4. 少しでも減らしたい!クリームコロッケをカロリーオフする方法

クリームコロッケはカロリーが高い料理であることには間違いないので、できればダイエット中には控えたい。それでも、どうしてもクリームコロッケを食べたいというのであれば、気休めではあるが次のような方法を試してみるとよいだろう。

■具材をたっぷり

クリームにはバターが使われているためカロリーがあがってしまう。クリームの量が少なければカロリーは抑えられるため、かにや鶏肉といった固形の材料をたくさん使ってみるとよいだろう。噛むことができる食材を用いれば、満腹中枢が刺激されやすくなり、食べすぎ防止にもつながる。

■大きめサイズを作る

クリームコロッケの衣の面積が多いと、それだけ油を吸収することになり、カロリーがあがってしまう。ほかの揚げ物のときにもいえることだが、小さいサイズにするとカロリーがあがってしまうので、できるだけ大きめサイズのコロッケを作るのが望ましい。

■炒めたパン粉をまぶしてから焼く

パン粉の吸油率を低くするためには、先にパン粉をフライパンで炒めてからクリームコロッケにまぶしてオーブンで焼く方法がある。慣れていない作業だとハードルが高く感じるが、ダイエット中でも揚げ物を楽しみたいという人にはおすすめの作り方だ。

結論

クリームコロッケは脂質や炭水化物を多く含み、カロリーも高めの料理である。また咀嚼回数が少なくなりやすいため、満足感も得られにくい。クリームで包む具材や付け合せのおかずを工夫してバランスのよい組み合わせを目指そう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ