このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

串カツに合うおかずは?バランスよく食べるための献立とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月20日

居酒屋メニューとしても定番の串カツは、大人から子どもまで人気の料理である。とんかつと材料は同じでも、串に刺さっているというだけで普段の料理とは違った楽しみ方もできるだろう。ここでは串カツを食べるときの副菜やスープの組み合わせ方、串カツをアレンジする方法などについて紹介したい。

1. 串カツは高カロリー!?バランスよく食べるための副菜とは?

串カツは肉を衣で包み、油で揚げて調理する料理である。衣の部分に脂質を多く含むため、とんかつと比べると衣の量が多くなり、とんかつよりカロリーが高くなる。また、使う肉の種類によってもカロリーに差が出る。

たとえば、豚のヒレ肉100gあたりのカロリーは112kcalだが、バラ肉を100g使うと434kcalにまで跳ね上がる。どの部位を使うかによっても違いは出るが、食事全体のカロリーをあげないようにするためには副菜をヘルシーなものと組み合わせておきたいところだ。
栄養価やカロリーを考えると、主菜を串カツとした場合のおすすめの献立は次のようなものがある。

■野菜サラダ

生野菜はシャキシャキとした歯ごたえによって満足感が得られやすいだけではなく、脂質の吸収を抑えたり血糖値の上昇を緩やかにしたりする効果が期待されている。串カツを食べる前に野菜から食べ始めることで、少しは健康への影響を和らげることができるのではないか。
温野菜は緑黄色野菜を補いやすく、生野菜よりもカサが減るため、量をたくさん食べられる利点もあるので、こちらもおすすめだ。

■キャベツの千切り

野菜サラダを用意するのが大変だという人は、キャベツを千切りにして添えるだけでもよいだろう。揚げ物を食べるときの付け合わせの定番となっているキャベツの千切りは欠かせないという人も多いのではないだろうか。

2. 串カツは作り置きが便利!スープをおかずがわりに!

せっかく料理をするのであればまとめて作っておき、次の食事のときも食べたいという人もなかにはいるだろう。そんなとき、スープはとても便利な料理である。

スープは身体を内側から温めることができ、基礎代謝の上昇が期待できる。また水分が胃に溜まるため、満足感を得られやすい。スープにおすすめの食材は、野菜だけではなく、きのこ類や海藻類といったものがある。串カツの肉からたんぱく質は十分にとることができるので、不足しやすいビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材をメインでとり入れよう。

また味付けは、和風や洋風、中華などどんなものでも合わせられるが、基本的には薄味の味付けにするのが望ましい。食塩にはナトリウムが含まれており、むくみや高血圧のリスクを高める原因となるからだ。

スープは特別な食材を用意しなくても、冷蔵庫の残り物で立派な一品が完成させられる。献立に困ったときはぜひ残り物でアレンジスープを作ってみるとよいだろう。

3. 串カツは冷蔵庫の掃除にもおすすめ!アレンジレシピを紹介

串カツといえば豚肉と思われやすいが、残り物を串に刺して衣をつけてあげればどんなものでも串カツに変身させることができる。とくに子どもは、苦手な野菜でもフライにすれば食べることができる場合もあるので、そんなときは食べやすい串カツでぜひチャレンジさせてみよう。

また串カツは、普通の中濃ソースで食べるだけではなく、ソースを変えて味に変化をもたらすこともできる。普段の味付けに飽きてしまったときやパーティー料理のときなどにアレンジしてみてはいかがだろうか。

■いろいろな肉編

  • ひき肉
    牛と豚の合びき肉を使えばハンバーグ風に、鶏肉を使えばつくね風の味になる。
  • 肉加工品
    スパムやハムなど、処理をせずそのまま使うことのできる肉加工品はとても便利だ。長期保存も可能なものが多いのでいざというときのためにストックしておこう。

■野菜編

  • 根菜
    レンコン、ごぼう、玉ねぎなどの根菜類は、ほくほくとした食感が美味しい。身が厚いと火がなかまで通らない可能性があるので、下茹でしてから衣を付けるのがポイントだ。
  • 夏野菜
    ナスやアボカドのような夏野菜は、カツとの相性も抜群だ。野菜が苦手な子どもも、サクサクした食感の串カツならと苦手克服のキッカケになるかもしれない。
  • きのこ
    しめじや舞茸は串に刺しにくいかもしれないが、しいたけやエリンギなら串カツとして調理しやすい。きのこ類は味が淡白なため、どんな料理とも相性がよいのだ。

■味付け編

普段のソースに飽きたら味付けを変えてみよう。洋風ならトマトソースやチリソース、和風ならポン酢や醤油というように、いろいろなバリエーションがある。食材の風味と食感を活かした手作りソースなら、食卓を飾るおもてなし料理になること間違いなしだ。

結論

串カツを食べるときは、野菜の副菜とスープがあると栄養バランスがよい献立になる。新たに食材を買わなくても、冷蔵庫の残り物を上手に使って仕上げよう。串カツだけでも立派な食事になるが、食卓を豪華に飾り、見た目も美味しく食事を楽しもう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ