このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

焼き鳥でダイエット!ヘルシーな部位を選んで美味しく減量しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月22日

お酒のアテにもぴったりの焼き鳥。じつはこの焼き鳥が、ダイエットに役立つ料理だということをご存知だろうか。低カロリー・高たんぱくで知られる鶏肉を使用しているので、選び方さえ注意すればとてもヘルシーに食べることができるのだ。そこで今回は、ダイエット中でも安心して食べられる、焼き鳥の部位について紹介する。

1. 焼き鳥がダイエットにおすすめな理由とは

お酒と一緒に食べることの多い焼き鳥が、ダイエットにおすすめだといわれても、にわかには信じられないという人もいるだろう。ダイエットをしようとしたとき、頭に思い浮かぶ言葉といえば、"運動"や"低カロリー"、"低糖質"、"低脂質"などが代表的なもの。運動は自分が動かなければいけないが、"低カロリー"や"低糖質"、"低脂質"といった言葉は、焼き鳥がすべて網羅しているのだ。もちろん、部位を選ばなければいけないが、ヘルシーに美味しく食べられるということが、ダイエットに焼き鳥がおすすめな理由なのである。

また、味付けを選ぶことができるのも、焼き鳥がダイエットにおすすめな理由のひとつ。タレの味付けを選択してしまうと、脂身の少ない部位でもカロリーを引き上げてしまうことになるが、シンプルな塩味を選べばほかの料理よりもヘルシーに味わうことができる。たんぱくな味わいの部位も、焼き鳥にすることで味のバリエーションが広がるため、ダイエット中も心おきなく食事の時間が楽しめるのだ。

ダイエット中には苦しい食事制限をしないといけないイメージがあるが、ある程度好きなものを食べることができるのも、焼き鳥がダイエットにおすすめな理由のひとつである。

2. 砂肝は焼き鳥の中でも3つの「低」が揃った部位

シャリシャリとした食感がやみつきになる、砂肝。さっぱり食べることができるので、砂肝好きの人の中には、砂肝の焼き鳥をついつい2本3本と食べてしまう人も多いことだろう。

別名"すなぶくろ"と呼ばれる砂肝は、鶏肉の中でもとくに筋肉が発達している部分。クセがないので、さっぱりと食べることができる。低脂肪・低糖質・低カロリーと3拍子揃っており、ダイエットにうってつけの部位。鉄分・ビタミンB12も含まれており、栄養価も豊富である。

3. ささみは焼き鳥の中でダイエットに最適のメニュー

ヘルシーな食材として知られる、ささみ肉。糖質・脂質ともに低いため、ささみの焼き鳥もダイエットメニューとしておすすめの串である。ヘルシーかつ、高たんぱくなのもささみの特徴。たんぱく質をしっかりと摂取することで、筋肉の成長を促す効果が期待できるため、ダイエットに欠かせない代謝アップにも役立つ部位である。

味もたんぱくなので、塩だけでなくわさびや梅肉など、味のレパートリーが多いのもささみの魅力。セレンやナイアシンなど、抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれているので、ダイエット目的以外でも積極的に摂取したい焼き鳥である。

4. 軟骨は焼き鳥で食べるのがヘルシーでおすすめ

鶏の軟骨には、ひざ軟骨とやげん軟骨の2種類がある。軟骨のからあげなどで使われているのが"ひざ軟骨"、焼き鳥でよく見かけるのが"やげん軟骨"だ。からあげにしてしまうとカロリーがグンとアップしてしまうが、やげん軟骨の焼き鳥であればヘルシーに味わうことができる。

コリコリした食感が魅力の食材であるやげん軟骨は、よく噛んで食べるおかげで、満腹感を得やすいという特徴がある。栄養面でも、体内の糖質や脂質をエネルギーに変える働きのある"ナイアシン"という栄養素が含まれているので、まさにダイエットにうってつけの部位といえるのだ。

結論

ダイエットしたいと思いながら、いままで何度も挫折してきた人にこそ、おすすめしたい焼き鳥。ダイエット中は外食するにも気を遣うが、焼き鳥に食べられる部位が多いとわかれば、気兼ねなく外での食事を楽しむことができる。自宅でも焼き鳥を作ることができるので、ダイエット中の家族がいる場合は、ぜひヘルシーな部位をアレンジしてみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ