このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

しゃぶしゃぶはしめまで味わい尽くそう!しめに最適な食材は?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月30日

牛肉や豚肉、魚と使用する具材によって味わいに変化をもたせることができる人気の鍋メニュー、しゃぶしゃぶ。そして、最後のしめを楽しみにしている人も少なくないだろう。残ったスープには肉や野菜の旨みが出ているので、そのまま捨ててしまうのはもったいない。しゃぶしゃぶで肉や野菜を美味しく食べたら、最後のしめまで味わい尽くすのがいいだろう。今回はしゃぶしゃぶのしめについて考察してみよう。

1. しゃぶしゃぶのしめの定番はうどん!

しゃぶしゃぶのしめの定番といえば、うどんなのではないだろうか。シンプルな出汁につるりとしたうどんの組み合わせはぴったりだ。

しゃぶしゃぶ後は出汁に出たアクを取り、そこに鶏がらスープを加えてみよう。しゃぶしゃぶの定番である昆布出汁は植物性。ここに動物性の鶏出汁を入れることで、旨みの相乗効果が生まれさらに美味しくすることができる。物足りないようであれば塩を加えて味を調え、出汁の味を決めよう。

出汁の味が調ったらうどんを煮込んでいく。白ネギなどの野菜を一緒に入れて煮込むのもおすすめだ。普通のうどんのほかに、きしめんでもいいだろう。うどんが煮えたらしめの完成だ。ネギやとろろ昆布などトッピングをお好みでのせよう。いろいろな味わいが凝縮された美味しいしめのうどんは、しゃぶしゃぶのあとならではのお楽しみといえるだろう。

2. あっさり希望のしゃぶしゃぶのしめはそばで

うどんよりもあっさりとしたものがいい、そんなときにおすすめしたいしゃぶしゃぶのしめはそばだ。のど越しがよくうどんよりもお腹にたまりにくいため、しゃぶしゃぶで満たされたお腹でもあっさりといただくことができるだろう。

繊細な味わいにしたいそばの場合、出汁のアクをしっかりと取っておくことが重要になる。このひと手間が美味しさの決め手となるのだ。アクを取り除いた出汁にめんつゆを加え、味を調えよう。めんつゆだけで物足りないようであれば、醤油やみりんを入れて微調整するのがいいだろう。

出汁が調えば、あとはそばを入れて煮込むだけで完成だ。ネギや肉など、しゃぶしゃぶの具材の残りを入れて一緒に煮込むと、ボリュームのあるしめそばになるだろう。

3. ごはんを使ったしゃぶしゃぶのしめは雑炊で決まり

しゃぶしゃぶのしめにはやはりごはんという人もいるだろう。そんなときは雑炊一択だ。しゃぶしゃぶが終わったあと、鍋に残った出汁のアクをていねいに取り除こう。投入するごはんは一度水洗いしてほぐすことで、雑炊の仕上がりをサラッとさせることができる。

アクを取り除いた出汁の中にごはんを入れ、煮立たせよう。美味しい雑炊を作るためには、ここでかき混ぜないことが大切になる。かき混ぜることで粘り気が出て仕上がりがベタついてしまうのだ。なるべく触らないようにして煮立つのを待とう。

煮立ったら出汁の味の調節だ。醤油など好みの調味料を加え、再び煮立つまで待とう。最後に仕上げの溶き卵を投入する。この時点で火を止めてフタをし、余熱でじんわり卵に火を通すのがいいだろう。卵に火が通ったら美味しいしめ雑炊の完成だ。

そのままでも充分美味しくいただけるが、海苔やネギなどをトッピングすると彩りもよく風味もプラスされる。もみじおろしや七味などの辛味をプラスするのもおすすめだ。作ってから時間が経つとごはんが出汁を吸収しすぎてしまう。できたて熱々を食べるのがいいだろう。

結論

シンプルな出汁で楽しむしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶのしめを美味しくいただくためのポイントは、出汁のアクをしっかりと取り除くことだ。しゃぶしゃぶのしめの魅力は、肉や野菜の旨みが凝縮した出汁にある。手間に感じるかもしれないが、アクを取り除いた雑味のない出汁で作るしめは、格別の美味しさになるに違いない。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ