このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

作り置きや大根の大量消費で活躍!大根もちを美味しく保存する方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年1月31日

この冬、旬の大根を手に入れたら、大量に作って保存しておきたいメニューが大根もちだ。もちもちの食感が魅力的な、もちよりもカロリーが低いこのメニューは、冷蔵や冷凍で保存することができる。そこで今回は、大根もちの正しい保存方法や美味しく食べられる解凍方法を調査した。

1. 大根もちは傷んだらどうなる?正しい方法で保存しよう!

大根の大量消費メニューとしておすすめしたい大根もちは、正しい保存方法をマスターすれば、長期で保存できる優れたおかずだ。冷蔵・冷凍どちらでも保存可能だが、上手に保存しないとすぐに傷んでしまったり、冷凍時に霜が付いて味が落ちてしまったりと残念な結果になりかねない。

保存していた大根もちの表面までねばついている・変色している・異臭がするといった場合は傷んでいる可能性が高いので、食べるのを止めてほしい。また冷凍の場合、霜や冷凍室のにおいが付いてしまったものは、味や香りなど風味が格段に下がっているので、美味しく食べられない。こうしてせっかくの大根もちを台無しにしてしまわないためにも、正しく保存しよう。

ちなみに、主な材料である大根は丸ごと冷凍できないが、切ったりすりおろしたりすることで冷凍保存できる。大根もちにしてから保存するだけでなく、このように材料の状態で保存するのも便利なのでおすすめだ。

2. 焼いた大根もちを冷蔵保存する際のポイント

大根もちを冷蔵保存する場合、焼く前のタネの状態で保存するよりは、すべて焼いたものを冷蔵するほうが美味しく保存できる。粗熱を取ってから1個ずつラップに包んで冷蔵保存しよう。熱いままラップで包むと、蒸気が水滴となってラップ内に残り、大根もちが傷みやすくなる。なお、焼いた大根もちを冷蔵保存した場合、およそ2~3日で食べ切るようにしてほしい。

3. 大根もちは冷凍保存がおすすめ!美味しさをキープするコツ

大根もちを冷凍保存する場合も、タネを冷凍するよりは焼いたものを冷凍するほうが美味しく保存できる。冷凍保存の際は、冷蔵と同様に粗熱が取れた大根もちを1個ずつラップで包もう。それをジッパー付きの袋に入れて密封保存してほしい。ラップで包んだだけの大根もちをそのまま冷凍すると霜が付きやすくなるが、ジッパー付きの袋に入れることで、格段に霜が付きにくくなる。

前述のとおり、冷凍時の霜は風味を劣化させる原因になる。これをなるべく避ける工夫が、美味しい作り置きにつながるのだ。なお、冷凍保存した大根もちは1ヶ月以内に食べ切るようにしよう。

4. 作り置きが楽しくなる!大根もちを美味しく解凍する方法

冷凍した大根もちを解凍する方法は、電子レンジを使う方法と、焼き直す方法がある。電子レンジで解凍した場合は、もちもちの食感は楽しめるが、焼き立ての香ばしい風味は期待できない。一方、フライパンやオーブンで焼き直す場合、中心まで解凍するのに時間がかかる恐れがある。

大根もちをより美味しく、手軽に解凍するには、電子レンジで解凍したあとにフライパンで焼き直すとよいだ。これは電子レンジで解凍する時間を短縮し、焼き立ての香ばしさをフライパンで再現して解凍する方法である。焼き直す際は、大根もちに少し焦げ目がつくくらい火を入れてみよう。これで表面はカリッと、中はもちもちの食感を再現できる。

結論

大根もちは冷蔵・冷凍どちらでも保存可能なため、大根を大量消費するのに便利なメニューだ。ただし、なるべく長く美味しく保存するためには、どちらの保存方法でも焼いてから粗熱を取ってラップに包むようにしよう。解凍では、フライパンで焼き直すことで美味しさの再現につながる。正しく保存すれば美味しさがキープできる大根もちを、上手に取り入れて、ぜひ作り置き料理を楽しんでほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ