このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ビーフシチューの味付けは下ごしらえが重要!味が薄いときの対処法も

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月28日

ビーフシチューは、できあがってみると味付けが物足りない、薄いと感じることがよくある。その原因は水の入れすぎか、肉や野菜の下ごしらえが不十分だったためだろう。この記事では、ビーフシチューの味付けポイントのほか、味付けが薄くなってしまったときの対処法を紹介しよう。

1. ビーフシチューの基本の作り方

ビーフシチューの基本の作り方は、食べやすいサイズにカットした牛肉や人参・じゃがいも・玉ねぎなどをフライパンで炒め、全体に油を絡める。そこに水や赤ワイン、トマト缶を加えてよく煮込み、ルーやデミグラスソースを加えてとろみがつくまで少し煮る。なお、トマト缶以外にも、生のトマト・トマトジュース・トマトケチャップを使っても上記の基本の作り方で完成させることができる。ただ、生のトマトだとかなりの量がいるほか、トマトジュースやケチャップだと、それ自体に味付けがされているのがデメリットになりかねない。トマトジュースやトマトケチャップを使用して、なかなか自分好みのビーフシチューができないと悩んでいる場合には、トマト缶を使ってみるとよいだろう。
基本の作り方では、簡単に完成させるためにすべての野菜を煮詰めてしまっている。できあがりの見栄えを重視するのであれば、野菜ごとに茹でておき、できあがったビーフシチューにトッピング。こうすれば野菜の色がよく映えるため、パーティー用など特別なメニューとして調理するときにはぜひ試してほしい。

2. ビーフシチューの味付けタイミングは2度ある

ビーフシチューは煮込み料理のため、食材に火が通ってからのタイミングで味付けするのが基本だ。しかし、これだけでは食材に味が入りにくい上、どれも同じ味になってしまい変化に欠ける。そのため、プロ級のビーフシチューが作りたいのであれば、下ごしらえにもこだわろう。
まず牛肉の下ごしらえでは、切った後に赤ワインに漬け込むときが味付けのタイミングだ。塩コショウをふるほか、好みですりおろしたにんにくやローリエなどのハーブをまぜて漬け込むとよいだろう。
次に野菜だが、一緒に煮込むなら下茹でを行う。こうしておくと、いざ煮込んだときにも味が入りやすくなるのだ。別々に煮込んで後からトッピングする場合には、このタイミングである程度の味付けをしてしまおう。最終的にルーに絡めて食べるため、しっかりと味付けする必要はないが、多少なりとも塩気があるだけで味が引き締まって感じられるのだ。

3. ビーフシチューの味付けが薄いときはどうすべき?

ビーフシチューの味付けが薄いとき、まだ煮込み始めて10分も経っていないようなら、まずはよく煮詰めてみよう。10分以上煮込めば軽くとろみがつき、味も濃くなるはずだ。しかし、10分以上煮込んでもなお味が薄いようであれば、水の量が多いなどの原因により、調味料が足りていない可能性が高い。トマト缶やケチャップ、ソース、コンソメの素、味噌などを追加して味を整えよう。なお、トマト缶や生のトマトは、よく煮込まないと酸味ばかりが目立ってしまう。それをかき消すためにはちみつを少量加えるのもよいが、できればさらによく煮込むことで甘みを引き立たせよう。
トマト缶などを足したことでコクが薄いと感じられたときには、赤ワインを追加して煮込むか、皿によそった後で生クリームやバターを入れるとよい。そのほか、塩気が強いときにはあまりおすすめできないが、チーズを入れても濃厚さは増すだろう。

結論

ビーフシチューの味付けが「薄い、物足りない」のであれば、下ごしらえをきちんとしていないか、水の入れすぎなど分量にミスがあったと考えられる。そのため、何がいけなかったのかをしっかり分析したうえで、次回に活かすことができるよう心がけてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ