このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自宅で焼き鳥屋気分!美味しい焼き鳥の作り方のポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月31日

熱々の焼き鳥に冷えたビール!最高に旨い組み合わせだ。寒い時期には、日本酒の熱燗にも合う。焼き鳥屋で食べるような美味しい焼き鳥を、自宅でもゆっくり食べたいと思う人も多いだろう。今回は、食材の選び方や簡単にできる「串なし焼き鳥」など、焼き鳥の作り方の基本を紹介する。

1. 焼き鳥の食材の選び方

「焼き鳥」と一言でいっても、鶏のもも肉やささみなど、部位によって味わいはかなり変わってくる。ここでは、種類豊富な焼き鳥を食べるための食材の選び方を紹介しよう。食材の選び方として最も重要になる点は、焼き鳥に適した鶏肉の部位。ジューシーなもも肉やあっさりしたむね肉、コリコリした砂肝や口あたりが独特のレバーなどがある。ほかには、鶏皮、ささみ、こにく、軟骨、ハツなども焼き鳥屋の定番メニューだ。そのほかの食材の選び方では、野菜もポイントとなる。ねぎまを作るための白ねぎや、彩りをよくするためのピーマンやズッキーニ、パプリカなども鶏肉と合わせて選ぶようにしよう。

2. 焼き鳥を作るときの下ごしらえ

家で焼き鳥を作るときは、焼き方だけでなく下ごしらえも大切だ。単に鶏肉を切って串に刺す以外に、下味をつけるなどのコツがあるので早速見ていこう。 
まず、焼き鳥の下ごしらえで大切なポイントは、具材の切り方。鶏肉1枚であれば、9等分になる程度の大きさで均等に切っていこう。白ねぎは1本を8等分、ピーマンは6等分程度の大きさが適当である。大きく切りすぎたり、不均等な切り方だったりすると火の通りが悪くなってしまうので気を付けよう。
次に、焼き鳥の下ごしらえで重要なポイントは、下味の付け方。酒大さじ1、塩小さじ1/3を混ぜたボウルに、カットした鶏肉1枚を入れ、しっかりともみ込んで下味をつける。
最後に、具材を串に刺せば焼き鳥の下ごしらえは完了だ。串には竹串と鉄串がある。串に刺すときは鶏肉と野菜を交互に刺していくが、一番上と一番下に鶏肉がくるように注意しよう。また、鶏肉に皮がついている場合は、皮が表になるように刺すとカリッと焼きあげやすく見た目もより美味しそうに仕上がる。自宅で焼き鳥を作るときは、下ごしらえの段階で手を抜かず手際よく調理していこう。

3. 簡単にできる!串なし焼き鳥

「焼き鳥を家で食べたいけれど、串で刺したり火加減を調節したりしながら焼くのが大変だ、もっと簡単に食べられないか?」と感じる人もいるのではないだろうか。ここでは、より簡単に自宅で焼き鳥を楽しめる「串なし焼き鳥」の作り方を紹介する。
必要な食材は、鶏もも肉、白ねぎ、ししとうの3種類だけ。鶏肉は一口大に、白ねぎは3cm程度に切り、ししとうは爪楊枝で数ヶ所穴をあけておこう。まず、一口大に切った鶏肉をごま油で色が変わるまで炒める。次に、白ねぎとししとうを投入し、塩コショウで味付けをしながら焼き色が付くまで炒めよう。最後に、砂糖・しょうゆ・酒を各大さじ1ずつ合わせて作ったタレを足し、水分が飛んだら一味唐辛子をふりかけてできあがりだ。
甘辛いタレが、夕飯の一品やお酒のおつまみにぴったりなのでおすすめである。串で刺す手間がなく、フライパンひとつで簡単にできる焼き鳥なのでぜひ試してみてほしい。

結論

居酒屋さんの定番メニュー焼き鳥は、大人だけでなく子どもも大好きな一品だ。もも肉を使うか、ささみやむね肉を使うかでさまざまな味わいを楽しむことができる。均等な大きさに切ったり下味をつけたりなどの下ごしらえをしっかりしたら、あとは焼くだけなので手軽に調理が可能だ。さらに串を使わない「串なし焼き鳥」であればより簡単に作ることができる。焼き鳥の作り方をマスターして、自宅でも手軽に焼き鳥を楽しんでほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ