このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

どの味付けにする?焼き鳥は家でも簡単に作ることができる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月27日

焼き鳥といえば、居酒屋や焼き鳥屋で食べるイメージをする人が多いのではないだろうか。自宅で作るのは面倒と思われがちな焼き鳥だが、じつは意外と簡単に作ることができるのだ。では、自宅で作る焼き鳥には、どんな味付けがあるのだろうか。種類や作り方のコツ、アレンジ方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼き鳥の味付けの種類

まず、自宅で作ることができる焼き鳥の味付けの種類を紹介する。

・焼き鳥の定番「醤油味」

焼き鳥の味付けの種類といえば、醤油味が定番である。醤油で甘辛く味付けた焼き鳥は、ビールにも合うし、ごはんが進むおかずにもなる。焼き鳥の味付けに迷ったときは、醤油味を選ぶと失敗が少ないだろう。

・素材の味を引き立たせてくれる「塩味」

居酒屋や焼き鳥屋では当たり前の味付けである塩味は、鶏肉の味を引き立たせてくれる。簡単な味付けだが自宅で作るには少し物足りなさを感じる人がいるかもしれない。しかし、コツを知っていれば、自宅でも塩味の焼き鳥を美味しく食べることができる。

・クセになる味付け「みそ味」

焼き鳥の味付けの種類としてあまり浸透していないのがみそ味ではないだろうか。醤油味よりも香ばしく、コク深い味の焼き鳥を楽しむことができる。ただ、好みが分かれやすい味付けでもある。

2. 焼き鳥の味付け方のコツ

・醤油味

醤油味の焼き鳥は、まず味の肝となるタレを作っておく。調味料は、醤油、酒、砂糖を1:1:1で用意する。辛口が好みなら、砂糖を少し減らす。まずは酒を鍋に入れて沸騰させ、アルコールを飛ばす。次に、醤油、砂糖を入れて混ぜたらじっくり弱火で煮詰める。醤油味の焼き鳥を作るコツは、このタレを保存容器に入れて数日冷蔵庫で寝かせることだ。そうすることで自然と味がまろやかになるだろう。

・塩味

塩味の焼き鳥を塩だけで作ってしまうと、冷めたときに美味しさが半減してしまう。自宅で塩味の焼き鳥を作るコツは、ごま油とにんにくを使うことだ。フライパンにごま油とみじん切りにしたにんにくを入れて、弱火でゆっくりと温める。そして、塩をふっておいた鶏肉を入れて両面がきつね色になるまでじっくり焼くと完成。

・みそ味

みそ味の焼き鳥は、醤油味で作ったタレにみそを加えて作る。ふたつを押さえたら醤油味のタレに、みそを加えひと煮立ちさせるだけでみそ味のタレが完成。コツは焼き方。焦げやすいので、グリルや網を使ってこまめに返しながら焼くとよい。

3. 焼き鳥の味付けのタイミング

焼き鳥に味付けをする時とき、それぞれに最適なタイミングがある。

・醤油味

醤油味の味付けの最適なタイミングは、焼き鳥が焼きあがる前だ。焼き色が付いた焼き鳥に、作ったタレを付ける。そしてもう一度焼いたら、再びタレを付けると美味しい醤油味の焼き鳥ができる。

・塩味

塩味の味付けの最適なタイミングは焼く直前だ。鶏肉に塩をふってなじませてから焼くとよい。

・みそ味

みそ味の味付けの最適なタイミングは好みによる。焼く前に付けると、しっかり味が付いた焼き鳥になる。焼いたあとにタレを付けて食べるという方法もある。

4. 焼き鳥のアレンジ方法

自宅で焼き鳥を作って楽しんだあと、焼き鳥がたくさんあまってしまったら、ぜひアレンジをして次の日も楽しんでほしい。

・親子丼

焼き鳥があまったときに簡単にできるアレンジ料理といえば親子丼。作り方は、水50mlにめんつゆ大さじ3杯程度、薄切りにした玉ねぎと焼き鳥を入れて煮込む。溶き卵を回し入れたら火を止め、ふたを閉めて蒸らすと完成。醤油味の焼き鳥を使っているので、肉にしっかりと味が付いてごはんが進む簡単レシピだ。

・茶漬け

親子丼よりも簡単なアレンジが茶漬けだ。ごはんに焼き鳥をのせ、出汁茶漬けの素があればふりかけ、熱湯をかけるだけで完成。刻み海苔やワサビ、柚子胡椒などの薬味があると、ひと味違った茶漬けができる。出汁茶漬けの素がない場合は、粉末の出汁や鶏がらスープの素を使うとよい。

結論

焼き鳥は、つまみにもなるし、ごはんのおかずにもなる万能な料理だ。自宅でも簡単に作ることができるので、味付けを変えたりアレンジをしたりして、焼き鳥を居酒屋や焼き鳥屋で食べる以上に楽しんでほしい。自分好みの味付けやアレンジ方法を見つけると、自宅での焼き鳥が何倍も楽しくなるだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ