このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ローストビーフは低カロリー、低糖質!美味しくダイエットを実現

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年2月 5日

ジューシーな肉の旨みをたっぷり味わうことのできるローストビーフ。牛肉を使用しているということもあり、ダイエット中には不向きなメニューだと思われがちだが、じつは肉料理の中でもヘルシーなメニューであることはご存知だろうか。今回はそんなローストビーフに含まれるカロリーや糖質がどのくらいなのか、またダイエット中の人でも気兼ねなく食べられる方法について紹介したい。

1. ローストビーフのカロリーは高い?低い?

牛肉は脂肪分が多く、ほかの肉類に比べカロリーが高い食材だ。そんな牛肉を使用しているローストビーフは、いうまでもなく高カロリーであると思い込んではいないだろうか。じつはローストビーフは、肉料理の中でもヘルシーなことで知られているのだ。ローストビーフに用いられている牛肉は、一般的に脂肪分が少ない赤身部分。また、その赤身部分を蒸して調理しているため、油やバターで焼きあげる焼肉やステーキに比べると調理過程においても低カロリーなのだ。では実際にカロリー数を見比べてみよう。

ローストビーフ100gあたりでは、約200kcal。これはローストビーフおよそ7~8枚分ほどに相当する量だ。それに比べて、焼肉はハラミ100gで約350kcal、サーロインステーキでは約500kcalになる。これらを見るとローストビーフは、肉料理の中でも比較的低カロリーであることがおわかりいただけるだろう。

また、ローストビーフはしっかり噛んで食べることが必須。そのうえ、たんぱく質を多く含んでいるのも特徴のひとつであるが、たんぱく質は胃の中で消化されるまでに時間を要する。このことからローストビーフは満腹感が持続しやすく、ダイエッターたちからも注目されているメニューである。

2. ローストビーフの糖質はどのくらいなのか

近年よく耳にするようになった糖質オフダイエット。これは三大栄養素といわれているたんぱく質、炭水化物、脂質のうち、炭水化物に多く含まれている糖質を抑えるダイエットのことである。ではローストビーフの糖質量とはどれほどなのだろうか。

まず、炭水化物には糖質のほか、食物繊維も含まれていることから、通常、炭水化物から食物繊維を引いたもので割り出される。七訂日本食品標準成分表によると、ローストビーフ100gあたりの炭水化物は0.9gであり、食物繊維においては0.0gと示されている。そのため、ローストビーフ100gの糖質量は0.9gという計算になる。

糖質オフダイエットは方法に個人差があるが、一般的に1食あたりの糖質摂取量は25~40gあたりに抑えるのが好ましいとされている。たとえば、ローストビーフを200g食べたとしても糖質量は2.0gほど。この数値を見ると、ローストビーフがいかに低糖質であるかがわかるだろう。

3. ダイエット中に気をつけたいローストビーフの食べ方とは

ローストビーフは、低カロリー・低糖質であることがおわかりいただけただろうか。しかし、ダイエット中の場合、食べ方を間違ってしまうとせっかく抑えていたカロリーや糖質も意味をなくしてしまうことにもなりかねない。以下で、食べ方のポイントについてしっかり確認しておこう。

ローストビーフにかけるタレのカロリーに注意

ローストビーフには、こってりとした味わいが特徴のグレービーソースをかけることが多い。しかしこのグレービーソースとは、肉汁にバターを合わせて調理するものであるため、カロリーや脂肪分はどうしても高くなりがちであり、注意が必要だ。カロリーを抑えたいのであれば、こってり系のタレではなく、ポン酢などのあっさりとしたものに変えたいところである。

ごはんの量やトッピングに注意する

ローストビーフ丼というメニューがあるように、ローストビーフとごはんの組み合わせはバツグンだ。しかし、ごはんはお茶碗1杯(150g)ほどで、約250kcalあるため、一気にカロリーが跳ねあがってしまう。丼ものにしてしまうとつい1膳以上盛ってしまいたい気持ちになるが、カロリーを抑えるためにもあまり多く盛らないよう意識すべきだろう。また、ローストビーフ丼に温泉卵をのせる食べ方も定番であるが、その場合も温泉卵1個あたりの90kcalほどがプラスされることも理解しておきたい。

レモンをかけて吸収率アップ

ローストビーフには鉄分が多く含まれているが、鉄分の吸収にはビタミンCを同時に摂取すると効果的といわれている。そのため、ビタミンが豊富なレモンを絞って食べるのもひとつの方法である。鉄分の吸収を高めることで、血流を促進し新陳代謝を上げる効果も期待できるだろう。

結論

低カロリー・低糖質なローストビーフは、「ダイエット中だけれど、どうしてもお肉が食べたい」といったときにも、おすすめのメニューだ。定番のローストビーフ丼以外に、サラダやサンドイッチといったメニューとの相性もよいため、ぜひいろいろな食べ方にアレンジしてダイエットメニューとして取り入れてみてはどうだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ