このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

糖質オフで話題の【カリフラワーライス】ってどんなもの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年2月 5日

最近、話題に上がることの多い糖質オフ。中でも、ご飯をはじめとする炭水化物は、糖質オフのキーワードと言われている。そこで登場したのが、野菜をライスに見立てた食品だが、特に注目を集めているのが「カリフラワーライス」である。その正体を解明していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カリフラワーライス登場の背景、糖質オフと炭水化物

糖質とは

糖質オフ、糖質制限など、糖質にまつわる言葉を耳にすることが増えた昨今。そもそも糖質とは何なのか?これは、人間が食事によって吸収する三大栄養素、炭水化物・たんぱく質・脂質の中でも、炭水化物と深い関わりがある栄養素だ。炭水化物は糖質と食物繊維からなるものだが、糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものということになる。

糖質オフの意味

糖質が体内に入るとブドウ糖に分解され、まずは血液に吸収される。その後、肝臓に蓄えられ、血液を通してエネルギー源として利用される。糖質自体は、身体を動かすために必要不可欠な栄養素だが、問題になるのは、その量と質である。糖質の摂りすぎは、結果として肥満をもたらす可能性が高い。そのため、糖質の摂取量をきちんと守ることが重要だと言われるようになり、カリフラワーライスなどの糖質オフを可能にする食品が注目を集めるようになったのだ。

糖質の量と質

糖質の必要摂取量は、総エネルギー量の約半分が目安と言われているが、実際のところ大きく上回っているケースが多い。また、糖質の中でもお菓子やジュースなど、体内に入るとすぐに吸収され、血糖値を急激に上げる単純糖質と呼ばれるものの比率が高いことも問題視されている。

2. カリフラワーライスとはどのようなものか

糖質オフの救世主

糖質過多の状況は、日本に限らず世界でも問題視されており、おのずと糖質オフに注目が集まっている。そんな中、アメリカで生まれたのがカリフラワーライスである。米やパン、パスタといった主食の代替え食品として注目を集め、今ではスーパーでカリフラワーライスが商品として販売されているほどである。

カリフラワーライスの正体

カリフラワーライスは、その名の通り、カリフラワーをライス状にしたもの。ライス状と言っても、実際は細かく刻んだだけで、正体はカリフラワーそのものである。カリフラワーライスは、米に比べると糖質が4分の1と少なく。ビタミンやミネラルの含有量も多い。特にカリフラワーにはビタミンCが多く含まれていることでも知られている。色も白いので、細かく刻むとライス風に見えないこともない。市販品には、ブロッコリーを使用したものもある。

3. カリフラワーライスの上手な使い道

自家製も可能!

カリフラワーライスは、自宅で作ることも可能。フードプロセッサーが利用できると便利だ。作り方としては、小房に分けたカリフラワーをフードプロセッサーに投入して、細かくするだけ。そのままだとやや野菜臭さが気になるので、オイルで炒めると美味しい。

かけご飯がおすすめ

カリフラワーライスは、あくまでもカリフラワー。白米のような味わいが楽しめるわけではないので、食べ方に工夫をするとよい。おすすめはかけご飯。カレーやシチュー、チキンやラム肉のトマト煮込み、中華あんかけなど、具材をかけて食べる料理がおすすめ。初心者でも、抵抗なく食べることができるはずだ。

サラダにもアレンジできる

カリフラワーライスは、ライスサラダ感覚で食べるのもおすすめ。クスクスにも似た雰囲気なので、タブレ風にするとよいだろう。さいの目にした野菜とカリフラワーライスを和えて、塩胡椒とオイルで味付けをする。レモンをたっぷり絞ると、味が引き締まってより美味しい。

結論

糖質オフの概念から登場した、カリフラワーライス。これを毎日の主食にするのは、なかなか難しいが、たまの置き換えなら難なくトライできそうだ。味の濃い具材をかけたり、サラダ感覚で調理する方法が食べやすいので、おすすめ。一度にたくさん作っておけば冷凍保存ができるので、まずはカリフラワー1房で作ってみるのがよいかもしれない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ