このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

一風変わった和風の具材もトレンド!?めくるめくタコスの世界

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月 4日

近頃、フードアディクトたちが足しげく通うのが、タコス店。人気店も続々と登場しており、その具材も秀逸で、定番にはとどまらないものが多い。今回は、人気店の斬新なアイデアも拝借しながら、家でタコスを楽しむ技をお届けしていこう。

1. タコスとはどんな料理?

そもそもタコスとは、メキシコ発祥の料理。本場メキシコのタコスは、とうもろこし100%の生地で作ったソフトトルティーヤを主役とし、マリネして焼いた肉やフレッシュな野菜をトッピングしていく。さらに、サルサメヒカーナやサルサロハと呼ばれるソースや、ワカモレと呼ばれるアボカドディップをのせて食べるものが一般的だ。

とうもろこしとライム

メキシコ料理に欠かせないものと言えば、とうもろこしで、メキシコの主食とも呼べる存在だ。一口にとうもろこしと言っても、我々がよく知る黄色のものばかりでなく、黒や紫色のものもある。さらに、メキシコ料理に頻繁に登場するのが、ライム。タコスはもちろん、さまざまな料理にたっぷりとかけて食べる。意外かもしれないが、パクチーもタコスのスタメン素材だ。

テックスメックスとメキシコ料理

タコスと聞くと、パリパリとした皮にひき肉やトマト、チーズをトッピングしたものを思い浮かべる人もいるだろうが、それは実はアメリカ料理である。テックスメックスと呼ばれるもので、メキシコ料理がテキサスに渡り、アレンジされたものだ。同様にチリコンカンやブリトーも、テックスメックスの一種だと言われている。

2. タコスのトレンド具材百景

本場メキシコのタコス事情

メキシコでも、タコスはとても自由な存在だ。具材に決まりはなく、肉や魚、野菜、サボテンなんていう変わり種もある。合わせ方も自在で、決まりがあるとするならば、とうもろこし100%のソフトトルティーヤを使うことと、ライムを絞ることくらい。現地では、手のひらサイズのトルティーヤが使用されることが多いらしい。

許容範囲の広さが魅力

タコスはとにかく、その自由さが売り。人気のタコス店でも、さまざまな具材が用いられているが、とにかく懐の深いメニューなのだ。きんぴらやテリヤキチキンなどといった和風の具材も実に合うし、アンチョビやチーズ、パテなどを合わせても面白い。要は、おかずを用意すれば、どんな具材でもタコスになり得るというわけだ。

3. タコスを自宅で楽しむコツ

本場のトルティーヤを用意

メキシコでタコスに使われている、とうもろこし100%のトルティーヤは、香ばしく、ほんのりと甘いところが特徴。日本でよく販売されているフラワートルティーヤは小麦粉主体のものだが、2つはまるで違う味わいだ。本場のタコスを体感するなら、ぜひとうもろこしのトルティーヤを用意してほしい。実は自家製することも可能で、マサと呼ばれるとうもろこしの粉さえ手に入れば、とても簡単に手作りできるので、トライしてみるのもおすすめだ。

必須のアイテムは?

とうもろこしのトルティーヤを用意したら、次は具材の用意をしよう。必ず用意したいのは、ライムとパクチーと赤玉ねぎ。これさえあれば、どんな具材でもタコスに仕上がると言っても過言ではない。もうひとつ用意したいのがサルサで、最も定番のメヒカーナがあるとよい。作り方はいたって簡単。トマトと玉ねぎ、パクチーをみじん切りにして、塩胡椒を振り、ライムをたっぷりと絞れば完成だ。

おすすめの具材

ワカモレも、タコスを盛り上げてくれる具材のひとつ。潰したアボカドに、みじん切りにした玉ねぎを和え、塩胡椒とライムを絞れば完成だ。その他におすすめは、グリルした肉、白身魚のフリッター、生の野菜であれば春菊やトレビスなど苦味のあるものも合う。和食なら生姜焼きがおすすめだ。

結論

本場のタコスは、自由に楽しむことができるメニュー。これからの季節、人が集まる時のメニューとしても最適だ。現地にならって、とうもろこし100%のトルティーヤを用意すれば、さらに盛り上がるはず。具材も自分らしくアレンジして、家族や気の合う仲間たちとタコスパーティーを楽しんでみてはいかがだろうか?

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ