このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷凍作り置きが便利!?ワンタンスープの保存方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年2月21日

おかずがわりにもなるボリュームたっぷりのワンタンスープ。作りすぎてしまった場合や作り置きをしたいとき、その保存方法で悩むこともあるだろう。ここではワンタンスープの保存方法と、ワンタンの冷凍保存の仕方について紹介していく。

1. ワンタンスープの正しい保存方法とは?

ワンタンスープだけではないが、味噌汁やスープなどの汁物をストックしておく場合、「常温で鍋ごと置きっ放し」にしていないだろうか。

この方法は普通の家庭では一般的かもしれないが、実は衛生的にはあまり良くない。特に梅雨や夏の暑くてジメジメした季節は、細菌が繁殖して腐ってしまうこともある。衛生的や美味しさを考えると、どんな料理でも常温でそのまま放置しないのが鉄則である。

基本的には、スープの保存は冷蔵庫でも冷凍庫でも可能だが、ワンタン入りのスープという特性を考えると冷蔵庫の方が望ましい。ただし、ワンタンがスープにつかっている時間が長いほど皮がふやけてしまい、スープが濁ってしまうリスクがあるため、ワンタンとスープを分けて保存するといいだろう。

もしワンタンスープをストックしておきたいのであれば、ワンタンだけを冷凍してその都度スープを作るという方法が適している。冷凍したワンタンは、茹でてからスープと合わせればよい。この方法であれば、それほど時間もかからずできたてのワンタンスープを堪能できる。

2. ワンタンスープを冷蔵保存するには?

ワンタンの皮に具材を包んでから、その日のうちに調理をしない場合は冷蔵保存か冷凍保存という方法になる。冷蔵庫での保管もできるといえばできるが、1日空けてから使おうとすると、具材の水分量によっては皮がベチャッとなってしまうこともある。

ワンタンを冷蔵保存する場合は、例えば「午前中に作って夕食に使うなど」の一時的なら問題はない。ワンタンの皮のおいしさや品質を維持して食べるためには、作ってすぐに調理することを心がけよう。

3. ワンタンの冷凍保存はどうやってする?

ワンタンだけ作っておいて、後日スープを仕上げたいというときには、ワンタンは冷蔵よりも冷凍保存が適している。ワンタンを冷凍するときは、以下のようなポイントを意識して上手に冷凍しよう。

■一つずつ離して冷凍する

ワンタンの皮は薄いため破れやすい。一度くっついてしまったワンタンを手で離そうとすると、皮が破れてしまうリスクが高い。冷凍するときはまず、金属製のバットに片栗粉やラップを敷いて、その上に距離を空けながらワンタンを並べよう。さらにラップを上にかけて、冷凍庫に入れる。できれば急速冷凍が望ましい。

■凍ったら袋へ移す

金属製のバットに乗せて冷凍したワンタンが、完全に冷凍できたら冷凍用の保存袋に移して保存しよう。保存期間は2週間ほどが目安だ。長期間冷凍していると冷凍焼けをおこして、風味が低下することがあるので注意しよう。

4. 冷凍したワンタンを解凍する方法

冷凍したワンタンは、そのままスープの中に入れることもできるが、皮が薄くデリケートなため破れてしまうことがあるかもしれない。また自然解凍をすると水分が出て皮がふやけてしまうというリスクがある。

皮が破れずに、きれいにワンタンスープを作るために一番オススメの方法は、一度別鍋で茹でるという方法だ。これは冷凍しないワンタンでも同じだが、別鍋で茹でることによって皮が溶けたり、破れたりするのを防ぐ効果がある。茹でたワンタンは、そのまま器に盛って別に作ったスープをかけるだけでよい。別茹でワンタンを作る方が、皮はくずれることなくきれいに仕上がるのだ。

結論

残ったワンタンスープを短時間保存するのであれば、ワンタンとスープを分けて冷蔵保存が可能である。しかし、時間が経つとワンタンの皮がふやけて食感が悪くなるので、作ったワンタンスープはその日のうちに食べきってしまうことが理想的である。もしもワンタンだけを作り置きしたいというときは、冷凍保存にチャレンジしてみよう。いずれにしても、ワンタンの皮は薄く破れやすい。作るときは慎重に、丁寧な作業を心がけよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ