このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉の角煮に合う献立を紹介!最後まで美味しく食べるアレンジも

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月23日

とろとろとした味わいが特徴的な豚肉の角煮。大人も子どもも関係なく人気のある豚肉の角煮だが、献立の立て方に悩んでいる人もいるのではないだろうか。今回は、豚肉の角煮と相性がよい副菜からアレンジレシピまで徹底的に紹介していく。

1. 副菜との選択は重要!豚肉の角煮に合う一品とは?

メインや小鉢など、多様な立ち回りを見せる豚肉の角煮。煮込むことによってとろけるほど柔らかくなった豚肉はやみつきになる。ここでは、豚肉の角煮をメインとしたときに相性バツグンな副菜について紹介していく。

茶碗蒸し

肉メインの豚肉の角煮に対して、魚介ベースの出汁を使用した茶碗蒸し。一度の食事で、肉と魚両方を楽しむことができるるといってもいいだろう。また、少し色が暗い豚肉の角煮に対して、茶碗蒸しは鮮やかな色を兼ね備えている。味・見ためなどの点からおすすめな副菜といえる。

かぼちゃの煮付け

ボリュームを感じるかぼちゃの煮付けの、ほのかに感じる独特な甘みは、豚肉の角煮と相性がよい。また、かぼちゃも豚肉もごはんとの相性がよいため、ごはんがよく進む食事になるだろう。寒い時期などはとくにおすすめな副菜といえるだろう。

バンバンジー

もやしやキュウリを使って、手軽に作ることができるバンバンジー。お酒とも合わせることもできる万能副菜だ。野菜が欠けている豚肉の角煮に対して、野菜を補ってくれる一品。豚肉の角煮の味も阻害せずに、栄養をプラスしてくれるだろう。

2. 豚肉の角煮にはこれ!合わせて食べたいスープ

豚肉の角煮は、柔らかい食感にも関わらずボリューミーなのが特徴といえる。豚の脂で口の中が濃く感じたとき、一口そそりたくなるのが汁物だ。ここでは、豚肉の角煮に合う汁物について紹介していく。

けんちん汁

野菜が豊富に使用されているけんちん汁。1年を通して食べたくなるという人もいるのではないだろうか。さまざまな野菜を入れることで一度に多くの栄養を摂取できる。野菜と醤油の味が口の中にしみ渡り、豚肉の角煮の一口の旨みをより際立たせてくれる。

たまごスープ

どんな料理とも相性がよいたまごスープ。もちろん豚肉の角煮とも相性がバツグンだ。食物繊維が豊富に含まれており、トロッとした食感がたまらない。ものの数分で作りあげることもできるので、手早く仕上げたい人におすすめだ。

わかめの味噌汁

味噌汁の中でも定番といえるわかめを使用した味噌汁。海藻のあっさりとした味わいのわかめと、濃厚な味わいの豚肉の角煮は、お互いを際立たせる味わいをしている。また、味噌とも相性がよく、豚肉の角煮と味噌汁の往復がクセになる。ぜひ味わってほしい組み合わせだ。

3. 知っておきたい!豚肉の角煮のアレンジレシピ

豚肉の角煮を作りすぎて余らせてしまった、少し味に飽きてしまったという場合は、アレンジレシピを活用し別の料理に変貌させることができる。簡単にできるものばかりなので、ぜひ実践してほしい。

豚肉の角煮を使用したサンドイッチ

ごはんとの相性がよい豚の角煮だが、パンとの相性も最高だ。作り方は、トースターで焼いたパンに千切りキャベツと、タレをたっぷり含んだ豚肉の角煮を挟み込むだけ。タレがパンともマッチし、野菜も同時に食すことができる一品となる。

豚肉の角煮を使用したチャーハン

味のしみ込んだ豚肉の角煮は、チャーハンにするとまたひと味違ったよい味を醸し出す。豚肉の角煮を一口サイズに切り分け、同時にねぎなどの具材も切り分ける。油をひいたフライパンに卵とネギを入れ炒めていき、そこに一口サイズに切った豚肉の角煮を投入する。その後ごはんを入れ適度に炒めれば完成だ。豚肉の角煮のタレも味にプラスされ、一層味わい深いチャーハンになる。簡単に作ることができるため、こちらもおすすめのアレンジレシピだ。

豚肉の角煮の卵とじ丼

豚肉の角煮が多めに余ってしまった場合は、卵とじにするのもおすすめ。まず豚肉の角煮と玉ねぎを適度なサイズに切り分ける。油のひいたフライパンに豚肉と玉ねぎを入れ炒めていく。ある程度炒めたところで溶き卵を入れる。好みのかたさに卵がかたまったところで完成だ。一品料理や丼物としても食べることができるだろう。

結論

少し味が濃いめで、ボリューム感のある豚肉の角煮は、副菜が重要といえる。1日に摂取するべき栄養を考えながらや副菜を決めていくとよいだろう。味に少し飽きてしまった場合も、アレンジレシピをうまく活用し最後まで豚肉の角煮を堪能してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ