このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ジワジワ人気浸透中!韓国の万能出汁【ダシダ】の魅力と使い道

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年2月19日

ダシダは、韓国生まれの万能調味料。クセになるその味わいに魅了される人が、ジワジワと増えつつある。日本で言う、だしの素のような存在で、韓国の家庭には必ずと言ってよいほど、このダシダが常備されているらしい。今回は、そんなダシダの魅力と使い道について迫っていこう。

1. ダシダとは

ダシダは、韓国で親しまれている出汁のことである。日本で取り扱われているものは、牛肉ベースのものがほとんどで、それを指してダシダと呼ぶのが普通。ただ韓国には、いりこやあさり味のダシダも存在する。そもそもダシダは、「つばを飲み込むほど美味しい」という意味のスラングらしい。

ダシダの美味しさ

鶏がらスープの素や和食の出汁と同様に、ダシダは細粒状なのでとても使いやすい。牛肉と玉ねぎ、にんにくなどをじっくり煮込んで作られているようで、料理にコクと奥行き、そして旨みを与えてくれる。これひとつで味が決まる、そんな頼れる存在だ。

どこで買える?

近頃では、日本での取り扱いも多くなってきたダシダ。輸入食材の取り扱いが多い店ならば、置いてある可能性は高い。普通のスーパーでも、品揃えのよいところであれば売っていることも。一度、近所のスーパーをチェックしてみよう。

2. ダシダの使い道

韓国料理にはもちろん

家庭で作る韓国料理をより本格的に仕上げたいのなら、ダシダは欠かせない。チヂミ、ビビンパ、キムチ、ナムル、チゲなど、家庭でも人気の高いレシピに少し加えるだけで、美味しさや本格度が格段に増す。まずはダシダの味と実力を知りたい、という人は韓国料理からトライしてみるとよいだろう。

こんな料理にも!

ダシダは、韓国料理だけのものにあらず!実はさまざまな料理に活用することができる、万能調味料である。特に、隠し味として少量加えると旨みが増し、プロのような味わいに変化するところが特徴。チャーハン、餃子、ハンバーグ、唐揚げ、なんとサラダまで、家庭料理の定番に幅広く活用することができるので、気軽に試してみよう。

3. ダシダで料理をランクアップ!

チョレギサラダ

焼肉料理店などでよく見かける、チョレギサラダ。レタス、きゅうり、白髪ねぎなどを使用した、ごま油が香るサラダであるが、これにダシダを加えると旨みが一気にアップするので、ぜひ試してほしい。ポイントは、ごま油とダシダ、酢、砂糖、少量のニンニクをしっかりと混ぜ合わせ、ドレッシングを作ること。あとはしっかり水を切ったレタスやきゅうり、白髪ねぎと和えるだけ。和える際は大きめのボウルを使用し、ふんわりと混ぜ合わせること。決して揉み込んだりしてはいけない。

チャーハン

チャーハンの味が決まらないとは、よく耳にする料理の悩みのひとつ。その解決にも、ダシダが一役買ってくれる。いつものチャーハンの味付けに、ダシダを活用してみてほしい。一気に、味わいに奥行きとコクが出るのが実感できるだろう。仕上げに醤油を鍋肌からまわし入れると、一層香ばしくて旨い。チャーハンは、家庭の火力で作る場合は、中華鍋をコンロから離さず、温度をなるべく下げないように炒めるのが正解だ。

ポテトサラダ

ポテトサラダにダシダ!?と驚くだろうが、これが意外とイケる。まるで総菜屋で購入したような、クセになる味わいを再現することができるのだ。加える量は、ほんの少量が正解。ジャガイモ4個に小さじ半分程度のダシダを加えればOKだ。潰したジャガイモが熱いうちに馴染ませるとよい。あとは、いつも通りの作り方でポテトサラダに仕上げるだけである。

結論

韓国の万能出汁であるダシダは、韓国料理だけでなく、日本の家庭料理にも活用できる優秀選手。工夫次第で、その使い道は無限だ。小さめのパックが販売されているので、まずは少量を購入して、シンプルなスープなどにして味わいを確かめてみるとよいかもしれない。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ