このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ジャージャー麺は味付けで激変!味付け・コツ・変わり種を大公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月20日

食欲がないときにでもサラっと食べることができる中華料理ジャージャー麺。日本で人気の中華料理、チンジャオロースや麻婆豆腐などより軽く、手軽に食べることができるのが特徴的だ。しかし、手作りで味付けを行おうとしても、「どのように味付けすれば…」と悩んでしまう人も多いと思う。そこで今回は、ジャージャー麺について深く知ることができるよう、種類・基本的な作り方・味付け・変わり種を紹介していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 韓国ではチャジャンミョン?ジャージャー麺の種類

日本のジャージャー麺は、おもに野菜や肉味噌を中華麺の上にのせ、麺とからめて食べる料理。中華料理ということもあり、日本以外の国でもジャージャー麺は存在する。

韓国では、「チャジャンミョン」といわれており、豚肉・玉ねぎ・生姜などを黒味噌で炒めたものを麺にのせ、からめて食べる。一見ジャージャー麺と似たように思えるが、使用する調味料の違いで味が大きく違う。

ジャージャー麺は、基本的に甜麺醤という中華味噌を使用するのに対し、チャジャンミョンは黒味噌を使用する。ジャージャー麺は基本的に茶色の味噌を使用するため、茶色の配色をしているが、チャジャンミョンはほぼ黒に近い色をしている。

チャジャンミョンは、韓国の麺料理の中でもポピュラーな料理のひとつなので、一度味わってみるのもよいだろう。

2. ジャージャー麺の基本的な作り方とコツ

ジャージャー麺は慣れると10〜20分ほどで手軽に作ることができる料理だ。ほとんど失敗をしない料理なので、基本的な作り方やコツは覚えておくとよいだろう。

食材を切る

トマトや、きゅうり、ねぎなどジャージャー麺に入れたい好みの野菜を切っていく。ねぎは豚肉と混ぜていくのでみじん切りにするのがよいだろう。併用して中華麺を茹でる。

炒める、煮込む

温めたフライパンに油をひき、みじん切りにしたねぎを投入する。ねぎが茶色になるまで火が通ったところで、豚ひき肉を入れ熱していく。火が通ったところで、甜麺醤・酒・醤油・生姜汁・砂糖を入れ数分煮込む。

仕上げ

茹でた中華麺を水で冷やし、麺を引き締める。その上に切っておいた好みの野菜と、フライパンで炒めた肉などをのせ完成だ。

3. ジャージャー麺味付けのタイミングと味の変化

ジャージャー麺の味は、おもに甜麺醤の味の影響が大きい。甜麺醤を投入するタイミングは、豚肉に火が通り、色が変化したときがベストだ。早い段階で投入してしまうと、仕上がりの味がくどくなってしまう原因になる。甜麺醤以外にも味に変化をつける方法を紹介する。

マイルドに仕上げたい

辛味が苦手という人は、卵をトッピングしてジャージャー麺を食べるとよいだろう。黄身と甜麺醤がからみ合い、マイルドな仕上がりになる。

味にインパクトがほしい

さらに味にインパクトがほしい場合は、隠し味に味噌を使用してみるとよい。味に深みが出るとともに、コクのある味わいへと変貌する。

4. ジャージャー麺のアレンジ&変わり種レシピ

ジャージャー麺は基本的に中華麺を使用するが、中華麺以外を使用したアレンジレシピ・変わり種レシピも多数存在する。

中華麺以外には、
・うどん
・パスタ
・そうめん

作り方はほとんど変わらないが、麺を変更するだけで大きく味が変化する。麺以外にも、ごはんとの相性がよいため、ごはんのおともとしても活躍できる万能料理だ。甜麺醤をからめた豚肉は保存することも可能なので、作り置きにも適している。

結論

ジャージャー麺は、野菜と肉を同時に摂取できるほか、麺などの炭水化物との相性もよいのがわかっていただけたと思う。麺の上にのせる肉味噌は、正しく保存することで、作り置きも可能なので、アレンジしてお弁当などにも活用できる。使う食材もシンプルなため、食欲がない日や手軽に食事を済ませたい日などに作ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ