このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

海藻って消化しづらいの?水溶性食物繊維の健康効果とは!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月22日

海藻は、日本で昔から食べられている馴染みのある食材だ。カロリーが低く、旨みのある出汁も出て美味しいと老若男女を問わずに人気の食べ物だ。たとえば、味噌汁のわかめや冬のおでんに入れる昆布は、日本人にとってなじみ深いといえるだろう。海藻には水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、体によいといわれている。一方では、食物繊維は消化しにくい、または消化できないといわれることも多い。だが、最近では事情が変わってきているようだ。そんなさまざまな噂のある海藻だが、ここでは実際にどうなのかを紹介していきたい。

1. 海藻に含まれる水溶性食物繊維の特徴とは?

海藻には、水溶性食物繊維という栄養素が豊富に含まれている。具体的には、昆布やわかめのネバネバとした部分だ。これは、「アルギン酸」や「フコダイン」と呼ばれるものである。

そもそも、この水溶性食物繊維とは、一般的に聞く「食物繊維」とどう違うか疑問に思う人もいるであろう。この水溶性食物繊維は、食物繊維というカテゴリーの中でも「水に溶ける特性を持つ水溶性の総称」である。これは胃腸にとどまりやすいため、お腹がすくのを防ぐことができる。ダイエットをしたいと思っているならば、積極的に低カロリーで腹持ちのよいわかめや昆布といった海藻を取り入れるのもよいだろう。

また、胆汁酸やコレステロールを吸着し体外へ排出することもできるため、健康にもよい効果が期待されている。体内に入って最終的に大腸で分解したあとに発酵され、善玉菌を増やすことで腸内環境も整えてくれる。そのため便秘解消にも役立つので、とくに女性におすすめだ。

2. 海藻は消化しにくい?ヒトの腸内から海苔の消化酵素が見つかる!

海苔は体内で消化されない、という話を聞いたことはないだろうか。少し前までは人間は海苔を消化できない、とされていた。ところが、最近になって日本人の腸内に海苔を消化できる「消化酵素」というものが見つかったようだ。

なぜ今頃になって消化できるようになったかというと、こういう理由からだ。飛鳥時代から長年海藻を食べていたため、海洋性の微生物がわれわれ日本人の消化酵素を取り入れたことにより、日本人のみ体内では海苔を消化できるようになったことが成り行きのようだ。

論文では日本人にだけ海苔を消化できる酵素があるといわれていたが、海藻を食べる国や地域は少なからずほかにもある。そのため、日本人だけではなく世界中の人々が海苔を消化できるようになってきている、といえるだろう。

3. 日本だけじゃない!欧米でもヘルシーだと人気の海藻

欧米ではあまり海藻を食べないと思っている人は多い。確かに、以前は海藻を食べる欧米人は少なく、「日本では海藻を食べる」というと驚かれたものだ。最近では日本食の普及や海藻がヘルシーでダイエットに最適だという情報が広まり、少しずつだが食べられるようになってきた。まだまだ「普段の食事に使用している」という段階まではいかないが、昔のように海藻を食べるのは日本人くらいだ、ということはなくなってきただろう。

結論

海藻は水溶性食物繊維が豊富に含まれていて、ダイエットや便秘予防にも最適な食材だ。日本で海藻はポピュラーな食材だが、欧米でも少しずつ海藻を食べるようになっている。また、韓国など元々海苔を食べる習慣があることから、日本人に限られたことではないだろう。これからも世界各国で海苔を消化できる人が増えていくであろう。海藻は水溶性食物繊維以外にも豊富に栄養素が含んでいるので、ぜひもっと食卓に取りいれてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ