このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チャーシューは高カロリーな食べ物?栄養素やカロリーオフの方法は?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 4日

チャーシューの美味しさは、肉の赤身部分の歯ごたえとトロッとした脂が絶妙に溶け合い、タレの味が全体をがっちり包み込むところにある。しかし、どう考えてもチャーシューは高カロリーに違いない。高カロリーでも栄養があるなら許せる気もするが、カロリーを抑える方法があるなら、ぜひ試してみたいのものだ。

1. チャーシューは高カロリー?チャーシュー麺や丼は?

カロリーのことなど気にせず、美味しい食べ物を楽しめたらどんなによいかというのは、誰しもが考えることだろう。だが、悲しいことに現実にはそうはいかない。メタボやダイエットという言葉が日常的に飛び交う昨今、カロリーのことは簡単に頭から離れないものだ。残念だが、チャーシューも例外ではない。今まで目をそむけてきたチャーシューのカロリーと、まずはフラットに向き合ってみよう。

食品成分表を見てみると、チャーシュー100gあたりのカロリーは、
172kcalと記載されている。ただし、このカロリーは使用する豚肉の部位や作り方によっても多少変動することを覚えていてほしい。
チャーシューを単体で食べる場合と、何かとセットで食べる場合とがある。セットで食べる料理として、チャーシュー麺を考えてみよう。チャーシュー麺にはチャーシューだけでなく、中華麺も使う。中華麺(茹で)100gあたりのカロリーは149kcal。また、鶏ガラや豚骨などからとったスープも使う。チャーシュー麺として食べる場合は、チャーシューのカロリーにプラスして、麺やスープのカロリーも追加されるのだ。

また、白いご飯の上にチャーシューをのせたチャーシュー丼の場合も、チャーシューのカロリーにプラスして白ご飯のカロリーが入る。白ご飯は100gあたり168kcal、レンジで簡単にできるパックごはん、大人の男性であればぺろりと食べることができてしまう量だが、あれで200gのごはんが入っている。ごはんだけであっという間に336kcalである。チャーシュー麺、チャーシュー丼どちらも500kcalほどのカロリーになりそうだ。

大人の男性が1日に摂取するべきカロリーは、日々の運動状況によってもかわるが、2000〜2200kcalといわれている。1食当たり500k
cal以下ならば、そこまで高カロリー食でもない気もするが、チャーシュー料理だけで食事が終わることはまずない。副食やデザートを加えていけば、たちまちカロリーオーバーだ。チャーシューをおかわりなどしてしまったら、カロリーは4けたを超えてくるかもしれない。

2. チャーシューに含まれる栄養ってどんなもの?

チャーシューがいかにカロリーオーバーの危険性を持っているとは言え、その美味しさを知っている以上、食べないというわけにもいかない。また、チャーシューを食べるからには、ただ美味しいだけではなく、栄養的にも優れているということを知っておこう。栄養価の高いものならば、少々カロリーが高くてもまだ許せるではないか。

豚肉には、ビタミンB1が多く含まれていることは周知の事実だ。当然のことながら、豚肉で作ったチャーシューもビタミンB1の宝庫だ。さらに、チャーシューの相方として使われるネギは硫化アリルまたはアリシンと呼ばれる物質も持っており、ビタミンB1の吸収を助ける作用がある。ラーメンにチャーシューとネギを大盛りにして入れることは理にかなっているし、チャーシュー丼にはネギがたっぷり入っていることも頷けるのだ。

成長期の子どもにとって、豚肉からタンパク質を摂取するのは悪いことではない。大人にとっても、豚カツのような揚げ物よりはいくぶんマシと考え、節度ある食生活の中にうまくチャーシューがおさまるような食べ方を心がけたいものだ。

3. チャーシューのカロリーを抑える食べ方はある?

摂取カロリーを抑えたいのであれば、そもそも食べる量を減らすのが一番手っ取り早くて確実。しかしここでは、チャーシューを食べる前提で、少しでもカロリーオフできる方法を考えてみよう。

まずはチャーシューに使う材料を買えること。よく見る代替レシピは、鶏肉を使ったチャーシューである。豚肉ではないので、「鶏肉のチャーシュー風」とでも言うべきか。鶏肉を使ったチャーシューも、豚肉のチャーシューと作り方はほぼ同じ。難しいことはなく、むしろ鶏肉はコンパクトな分、豚肉のかたまりで作るよりも簡単に作れる。オーブンは必要なく、フライパンで焼き煮にすればよいのである。

では、豚肉を鶏肉に代えることによって、どれほどのカロリー減が果たせるのか?豚肉は、部位によっては鶏肉とは倍ほどもカロリーが高い。鶏肉は豚肉に比べると低脂肪なので、この差がカロリーに大きく反映される。「チャーシューはやっぱり豚肉でなくては」という方も、3回に1回は鶏肉で作ってみるのもよいのではないだろうか。

結論

美味しいチャーシューは、ついつい食べ過ぎてしまうのでカロリーオーバーになりやすい。しかし、子どもの成長のためにも、食卓にのせるのを避けたくない料理でもある。ネギと一緒に食べて栄養の吸収を高め、時には鶏肉チャーシューも楽しむことによって、上手にカロリーオフを図ろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ