このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クレームブリュレのカロリーが高いのは生クリームのせい!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月 4日

焼きカスタードクリームがとろ~りと美味しいクレームブリュレは、家族みんなが大好きなお菓子だ。見るからにこってりとしたクレームブリュレだが、そのカロリーは高いのか?また糖質はどれほどなのだろうか?改めて考えてみよう。

1. 知ってる?クレームブリュレのカロリー

冒頭から「こんなことをまねしてはいけませんよ」という写真で恐縮である。日本ではあまりポピュラーではないが、この男性が手にしているのはホイップクリームの缶であり、口にしているのは当然ホイップクリームだということになる。こんなホイップクリームの食べ方をする人も珍しいだろうが、私たちがクレームブリュレを食べるのも、これと同じことだと言えなくもない。

クレームブリュレの場合、生クリームはホイップすることなく材料の一部として使われているわけだが、体に入るカロリーとして見た場合は、まさに同じことである。どんなに美しく繊細なお菓子を作り、上品に食べてみたところで、物事の本質だけを見れば、写真の男性のいささか野蛮な行為とそう違わないのだ。

そんな身も蓋もないことを言うと、食文化やマナーの否定につながってしまいそうだが、お菓子を作ったり食べたりするうえで、時には冷徹にお菓子のカロリー・糖質・脂質に向き合う必要があることも確かである。

話を戻すと、クレームブリュレは主に生クリーム・卵黄・砂糖でできている。小麦粉を使った焼き菓子に比べれば、カロリーはやや低めだが、生クリームが高カロリーなので、腹もちしない割には高カロリーなお菓子だとも言える。

2. クレームブリュレのカロリーと糖質は?

クレームブリュレは材料に小麦粉を使っていない分、他の小麦粉を使ったお菓子に比べるとカロリーはやや低い。同時に、小麦粉を使っていないので糖質も低めである。しかし、カロリーや糖質が低いからと言って2個食べたりすれば、小麦粉入りのケーキを1個食べるよりもカロリー、糖質ともに多くなるのは当然である。

同時に、腹もちの違いによる満足度についても考えなければならない。たとえばフィナンシェやマドレーヌのような小麦粉を使った焼き菓子であれば、ちょっと小腹がすいたときのおやつとして食べても、満足感が得られるものだ。一方、クレームブリュレの場合はどうか?そういった食べ方よりは、むしろ食後のデザートとして供される場合が多いのではないか?

もっと言えば、休日の昼間にクレームブリュレを作った場合、できたてをおやつとして食べ、夕食後のデザートとして、さらにもう
1個という食べ方をしてはいないだろうか?こうなると、完全にカロリーオーバーである。マドレーヌであれば、こんな食べ方はしないだろうということを、いま一度振り返ってみるべきだ。

クレームブリュレはカロリーも糖質もやや低めだが、その分腹もちもせず、「デザートは別腹」と言って食べ過ぎてしまいがちなお菓子だ、ということを覚えておこう。

3. クレームブリュレのカロリーを抑えるには?

クレームブリュレを作る際に気をつけたいことがある。それは、カロリーの面から言えば、写真のように大きく作るのは避けた方がよいということだ。

写真はチョコレート生地でタルト台を作り、クレームブリュレの生地を流し込んだクレームブリュレタルトだ。大勢で切り分けて食べると、場もはずむことだろう。食べる人が大勢いてクレームブリュレタルトの量が足りないほどであればよいが、逆に多めにあるような場合は、つい切っては食べることを繰り返し、全員で完食してしまう恐れがある。下手をすれば、自分がどのくらい食べたのかが把握できない人も出てくる始末だ。これでは、家族そろってカロリーオーバーになってしまうだろう。

クレームブリュレを作るときは、小さな器にきちんと人数分作ろう。4人家族なら4個、ないしは8個に分けて作る1人2個分である。そして1個目をおやつに食べたら、2個目は翌日のデザートにと、作った人がきちんと決める。家族の人数に対して半端に作り、余った分は誰がいつ食べたかわからない、というのは避けた方がよい。そういうときは大抵、家族の中で一番カロリーを気にすべき人が、多く食べているものである。美味しいクレームブリュレだからこそ、カロリーのことを考えて大切に食べたいものだ。

結論

クレームブリュレは、生クリームのカロリーが高いお菓子だ。小麦粉を使わないので糖質は低めだが、そのかわり腹持ちもよくない。家族の食べる量とタイミングをきちんと管理し、カロリーの取り過ぎに注意して楽しんでもらうことも、作り手の務めであろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ