このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘党の王様チョコレートのカロリーに注意!過剰摂取は厳禁!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 9日

甘党にはたまらないスイーツ、チョコレート。アイス・ケーキ・料理の隠し味などさまざま食べ物と相性がよいということも知られている。子どもから大人まで気軽に食べられているチョコレートだが、食べすぎてしまうため、カロリーが気になる。そこで今回は、チョコレートのカロリー・栄養・糖質・カロリーオフする食べ方について紹介していく。

1. 食べすぎは厳禁?チョコレートの気になるカロリー

深い甘みを感じさせる独特の味わいをもつチョコレート。現在、さまざまな種類のチョコレートが発売されており、味わい・成分・カロリーなど、まちまちだ。
今回は、そんなチョコレートの中でも一般的に食べられているものに焦点をあて、カロリー値を紹介していく。
※100gあたり
カバーリングチョコレート[511kcal]
ホワイトチョコレート[588kcal]
ミルクチョコレート[558kcal]
アーモンドチョコレート[583kcal]
どの種類のチョコレートでも500〜600kcalほどの値となっている。チョコレートには、砂糖がふんだんに使用されているため、高カロリーになってしまう。一度に多くのチョコレートを食べるのには注意が必要だ。

2. 健康によい!チョコレートに含まれている栄養

「甘い」「美味しい」などのイメージが強いチョコレートだが、健康によい栄養素が多く含まれている。含まれている代表的な3つの栄養素について紹介していく。

ポリフェノール

老化の原因となる成分を除去することができる栄養素として知られているポリフェノール。食事の献立などでポリフェノールを摂取することができなかった場合、代わりにチョコレートで摂取するのもよいだろう。

食物繊維

食物繊維は、肌荒れ防止・肥満防止といった、女性にはありがたい効果を多くもっている。食事で摂取しようとすると、多くの食材を食べなければならない場合もある。チョコレートには種類にもよるが、100gあたり0.6〜6.1gの食物繊維が含まれているため、食物繊維を摂取する目的としてチョコレートを食べるのもおすすめだ。

テオブロミン

リラックス効果があり、集中力・記憶力を高める働きをするといわれているテオブロミン。ストレスが溜まりやすい人や、勉強に集中したい受験生にはぜひ摂取してほしい栄養だ。
このように美味しく栄養を摂取することができるため、チョコレートをおやつとして食べるとよい。

3. 糖質制限時に食べても大丈夫?チョコレートの糖質

チョコレートには砂糖や乳製品が多く使用されているため、必然的に糖質量が高くなってしまう。高い糖質量を誇るごはんの糖質が 55.1g(ごはん茶碗1杯分)に対し、チョコレートは 52.0g(100gあたり)となっている。
数値だけ見ると、ダイエット中の人は食べるのを控えたほうがいいだろう。しかし、どうしても食べたいという場合もあるだろう。ダイエットは我慢しすぎないことが大切。どうしてものときはチョコレートをひとかけらだけ食べる、など自分でルールを決めよう。ただし、糖質値が高いものを食べ続けると、体重の増加につながるのは事実。摂取量には注意が必要である。

4. たくさん食べたい!チョコレートをカロリーオフで食べる方法

やみつきになるほど美味しいチョコレートは、作られる過程で多くの糖質が加えられるので、「絶品だが高カロリー」という特徴を持つ。
そこでカロリーを気にせずチョコレートを食べたいという人におすすめなのが最近話題となっている砂糖・糖質ゼロのチョコレートだ。
本来のチョコレートの1/5以下のカロリーで食べることができる。多少甘みは低下するものの、美味しさはあまり変わりない。ダイエット中の人・たくさんチョコレートを食べたい人にはとくにおすすめのチョコレートだ。

結論

チョコレートの成分やカロリーについて深く知ってもらうことができたと思う。美味しく、健康になる栄養がたくさん含まれているが、高カロリーなため食べすぎだけには注意が必要だ。チョコレートを食べる前後に運動を取り入れるなど対策をするとよいだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ