このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ぶりの照焼きを主役にした献立!おすすめの副菜・付け合せは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月13日

脂がのった旬の時期のぶりは、照焼きにすると立派な献立の主役に。では、そんなぶりの照焼きを主役として輝かせるためには、どのような献立にするといいのだろうか。今回は、ぶりの照焼きに合う副菜や付け合せを紹介する。ぜひ、ぶりが旬の時期に試してほしい。

1. ぶりの照焼きに合う献立

ぶりの照焼きを主菜とする場合は、主食にごはん、汁物、副菜を献立に加えるとバランスが取れるだろう。

おすすめの献立1

ごはん、豚汁、ぶりの照焼き、ほうれん草のおひたし。
ぶりの照焼きは、白ごはんが進む主菜だ。しかし、主菜が魚で物足りないと感じる人は、汁物を具だくさんの豚汁にすると、食べごたえバツグンの献立になる。

おすすめの献立2

ごはん、けんちん汁、ぶりの照焼き、ポテトサラダ、冷奴。
こってりなぶりの照焼きに、あっさりした冷奴を合わせる。けんちん汁とポテトサラダで、野菜を十分に摂取できるおすすめの献立だ。

おすすめの献立3

ごはん、かきたま汁、ぶりの照焼き、豚しゃぶ、タコときゅうりの酢の物。
ガッツリ食べたいという気分のときは、ぶりの照焼きに肉料理を合わせる献立がおすすめ。肉料理でも、野菜と一緒に食べる豚しゃぶなら、あまり主張しないので、ぶりの照焼きに合う組み合わせだ。

2. ぶりの照焼きにあう副菜は?

甘辛く味付けされたぶりの照焼きは、どんな副菜と相性がいいのだろうか。おすすめの副菜を紹介する。

おひたし

おひたしは、ぶりの照焼きによく合う副菜の代表。ほうれん草や小松菜はもちろん、春菊や水菜、もやしなどをおひたしにしてもよい。おひたしの優しい味が、ぶりの照焼きのじゃまをせず、むしろ味を引き立ててくれるだろう。

煮物

カボチャ、里芋、厚揚げ、筍などの煮物も、ぶりの照焼きの副菜としておすすめ。和食で合わせることで、食卓に統一感が出る。

サラダ

こってりしたぶりの照焼きの味付けには、さっぱりとしたサラダが副菜として相性がよい。大根やキャベツ、海藻類などがおすすめ。また、トマトを加えると食卓が華やかになる。ドレッシングは和風ベースにすると、ぶりの照焼きと合わせやすい。

肉を使った副菜も、ぶりの照焼きに合わせることができる。おすすめは、豚しゃぶ、ささみのしそチーズ焼きなど。なるべくさっぱりしたもの。魚も肉も並ぶ豪華な献立になるだろう。

3. ぶりの照焼きに合う付け合せは?

ぶりの照焼きだけがのったお皿は、少し物足りなく感じるかもしれない。そんなとき、付け合せがあるだけで見映えがし、ぶりの照焼きをより引き立たせることができるだろう。ぶりの照焼きをワンランクアップさせることができる付け合せを紹介しよう。

白ネギ

ぶりの照焼きを焼くときに、一緒に白ネギを焼いて付け合せにする。白ネギは、焼き色が付いて、しんなりするくらいの焼き加減が歯ごたえも楽しめてよい。

大根おろし

さっぱりとした大根おろしと、こってりなぶりの照焼きは相性バツグン。ごはんが進む組み合わせになるだろう。大根おろしの下に大葉を敷くと、また違った味を楽しめる。

いんげん

添えるだけで、いんげんのきれいな緑色がぶりの照焼きを引き立ててくれる。ぶりを焼いて味付けをしたあとに、煮汁で煮詰めてもよいし、塩茹でして添えるだけでもよい。

ピーマン、パプリカ

少し変わった付け合せとして、ピーマンやパプリカもおすすめ。ぶりを焼くときに一緒に焼いて取り出しておき、最後に盛り付ける。赤や黄色のパプリカを使うと、彩り豊かなぶりの照焼きが完成する。

結論

和食の代表ともいえるぶりの照焼き。副菜や付け合せとして合わせる献立は、たくさんある。自分の好みに合った副菜や付け合せを見つけて、ぶりの照焼きの献立を楽しんでほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ