このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

焼き鳥が余ったときの裏ワザ!アレンジレシピのすすめ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月21日

美味しいからとたくさん用意していた焼き鳥が、余ってしまったという経験をした人もいるのではないだろうか。そんなときのために、知っておきたいのが余った焼き鳥のアレンジレシピだ。焼き鳥はシンプルだからこそ、アレンジも幅広く応用がきく。そこで今回は、数あるアレンジレシピの中からおすすめのリメイク法を紹介しよう。

1. 焼き鳥のおすすめアレンジ具材とは?

焼き鳥でおもに使用されるのが、柔らかく食べやすい鶏もも肉。基本は甘いタレや塩で味付けする、子どもから大人まで幅広い世代から愛されている人気メニューだ。そんな定番の味付けに、オリジナルソースを添えるだけで、ちょっとしたパーティーメニューに早変わり。ここでは、焼き鳥に添えるオリジナルソースにピッタリのアレンジ具材を確認してみよう。

・アレンジ具材に長ねぎ

ねぎまという焼き鳥があるように、焼き鳥と相性のよい具材で思い浮かぶのが長ねぎではないだろうか。長ねぎは、疲労回復やスタミナ効果バツグンの硫化アリルを含んでいるのでおすすめだ。長ねぎをみじん切りしたものに、すりごま・ごま油・塩をお好みで足せば即席ソースが完成する。蒸し鶏や唐揚げなどにかけても美味しいので、いつもの味に飽きたという場合には試してほしい。

・アレンジ具材にパプリカ&きゅうり

パプリカ・きゅうりを細かくカットして、オリーブオイル・レモン・塩こしょうを加えれば簡単サルサソースの完成だ。サルサソースをプラスするだけで、いつもの焼き鳥が見た目も鮮やかで一風変わった洋風味に変身する。さっぱりと味わいたいときにおすすめのソースといえるだろう。

・アレンジ具材にピクルス

みじん切りにしたピクルスに、マヨネーズを加えれば簡単タルタル風ソースに早変わり。ピクルスは、たくあんやしば漬けのような和風食材で代用しても美味しく仕上がるので挑戦してみてほしい。茹で卵やアンチョビをプラスすれば、さらにワンランク上のソースに変身だ。

2. チャーハンなら焼き鳥のタレをそのまま活用!

焼き鳥が余る場合、一緒にタレも余ってしまう場合が多いのではないだろうか。そこでおすすめしたいのが、焼き鳥のタレも余すことなく利用できるチャーハンアレンジだ。ここでは一度は試してほしいチャーハンアレンジレシピを紹介しよう。

・焼き鳥のタレで作るチャーハン

余った焼き鳥のほかに、人参やねぎなど冷蔵庫の中にある野菜も一緒に加えれば、栄養満点のチャーハンに仕上がる。先にフライパンで野菜を炒めて、ねぎと塩こしょうをプラスしよう。そこへ、すでに火の通っている焼き鳥の余りとごはんを加えて、数分炒める。最後に焼き鳥のタレを回しかけて全体に絡めれば完成だ。難しい味付けも必要なく、簡単に仕上がる逸品。

3. 焼き鳥のタレの甘さを利用したリメイク法

市販の焼き鳥や缶詰の焼き鳥のタレが思ったよりも甘かったという場合は、その甘さを活かしたリメイクレシピにチャレンジしてみよう。おすすめなのは、甘く優しい味付けが魅力の人気メニュー、親子丼だ。自宅にある卵を使い、残りものの焼き鳥を使用するため、鶏肉をカットする・焼くという手間も省けて効率的なリメイク法といえるだろう。焼き鳥は味もしっかりしているため、白出汁・みりんを加えたシンプルな味付けで調整するだけで美味しく仕上がる。ねぎまを使えば、そのままねぎも活かして調理できるのでお試しあれ。さっぱりした味付けにリメイクしたい場合は、柚子胡椒をきかせて、メリハリを出してみてもよいだろう。

結論

焼き鳥を作りすぎた場合や、買い込みすぎてしまったとしてもアレンジ方法がたくさんあることがわかった。焼き鳥は、すでに味付けされているため、少ない調味料で簡単にアレンジできるのも魅力のひとつ。焼き鳥のタレやねぎまのねぎをそのまま活かすこともでき、無駄なくリメイクできるというのもおすすめしたい理由だ。いつもの焼き鳥の味に飽きてきたという場合も、ぜひ今回紹介したアレンジを実践してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ