このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豆腐は冷凍できない!?麻婆豆腐の肉あんを保存して万能アレンジも

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月27日

豆腐は安価で買うことができる、家計のお助け食材だ。材料費が安いということからも麻婆豆腐を作る機会は多いかもしれないが、作りすぎた場合、どのように保存しているだろうか。ここでは麻婆豆腐の正しい保存方法や、冷凍保存は可能なのかどうか見ていきたい。

1. 麻婆豆腐を作りすぎたときの正しい保存方法

安いからという理由で豆腐を買ったが、使い切れずに残ってしまった経験はないだろうか。豆腐はそれほど日持ちする食品ではないため、できれば買ってきたらすぐに食べるか調理してしまうのが望ましい。

豆腐の冷凍保存は可能?

すぐに食べない場合は冷凍保存が望ましいが、豆腐は冷凍してしまうと水分が抜けて、食感が変わってしまう。さまざまな料理本でも、豆腐は冷凍できないものとして取り扱われることが多いが、最近ではその特徴的な食感を活かした料理が増えている。

完成した麻婆豆腐をそのまま凍らせると、豆腐は水分が抜け、スポンジのような食感になってしまう。さらに、豆腐から出た水分が肉あんに流れて味やとろみが薄くなってしまう場合がある。そのため、麻婆豆腐をそのまま冷凍すると品質や風味が低下し、美味しさをキープできないという理由から、冷凍保存は適していない。

正しく冷蔵保存するのが吉

完成した麻婆豆腐を保存するのであれば、密閉できる容器に移して冷蔵保存するのがおすすめだ。豆腐は傷みやすい食材なので、冷蔵保存する場合の賞味期限は1〜2日と短い。さらに食べるときは必ず温め、匂いや見た目をしっかりと確認してから食べるようにしよう。

2. 麻婆豆腐の肉あんを冷凍保存すればアレンジ無限大!

いつでも好きなときに麻婆豆腐を食べられるようにしたいときは、豆腐を抜いた肉あんのみを冷凍保存するのがおすすめだ。肉あんは、麻婆豆腐の材料の豆腐のみを除いて作る。必要なものは、豚ひき肉・長ねぎ・にんにく・生姜・鶏がらスープ・豆板醤・醤油・みりん・塩こしょう・水溶き片栗粉などである。

肉あんの作り方とコツ

作り方も麻婆豆腐と同じで、豆腐を入れる工程のみを除けばよい。豚ひき肉は、ものによっては油が多く浮き出るものもある。健康面から見ても、肉の油はできれば控えたいので、キッチンペーパーでしっかりふき取ろう。
また、上手にとろみをつけるには、弱火にして水溶き片栗粉をまわし入れるとよい。強火にして水溶き片栗粉を投入してしまと、ダマになる可能性があるので注意しよう。

3. 麻婆豆腐の豆腐が余ったらどう冷蔵保存する?

豆腐を少量しか使わず、一丁全て使えなかったときは、冷蔵保存することになる。この場合、中に入っていた水はどうするのか、容器を移した方がよいのかなど、気になることは多いだろう。豆腐の美味しさをキープしたまま冷蔵保存するには、どのようなポイントがあるのだろうか。

保存容器に移し替える

購入したパックのまま保存すると、たとえラップをかけていたとしても隙間が開いてしまうことがある。豆腐は蓋つきの機密性の高い保存容器に移し替えて、空気が入らないようにし、品質を維持しよう。

水は入れ替える

豆腐のパックに入っている水は、運ぶときの衝撃から豆腐を守るため、豆腐の水分が抜けないようにするためのものである。水にはアクが溜まり、豆腐の傷みを早める原因となるため、最初の水は捨てて新しい水に入れ替えよう。さらに、美味しさをキープするためには、1日1〜2回を目安に水を交換するのが望ましい。

4. 冷凍保存した麻婆豆腐の肉あんを解凍する方法

豆腐を入れずに作った麻婆豆腐の肉あんは、耐熱の容器や袋に保存していれば、そのまま電子レンジで解凍することができる。湯煎する、フライパンで加熱し直すという方法があるので、自分に合ったものを選んでみよう。
また、一度冷凍保存すると、とろみが弱くなってサラサラの状態になる可能性がある。その場合は、もう一度水溶き片栗粉を作り、とろみをつけ直そう。

結論

麻婆豆腐の豆腐は、冷凍保存するとスポンジ状になり、食感が変わってしまう。一方で、豆腐を抜いて作った肉あんを冷凍保存しておけば、茄子や春雨など具材を変えたり、ご飯や麺類にかけたりと幅広くアレンジできる。作り置きするなら麻婆豆腐ではなく、肉あんでの保存がおすすめだ。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ