このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

麻辣麺ってどんな食べ物?気になるカロリーと唐辛子の健康効果を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 2日

麻辣麺は、中国のなかでも辛味を特徴とする料理が多い、四川発祥の料理である。激辛ラーメンと言えば伝わりやすいが、日本ではまだあまり知られておらず、担々麺と区別されていない場合も多い。麻辣麺は辛味のきいたラーメンの上に、麻婆豆腐の豆腐なしの肉味噌をのせたような料理である。ここでは、麻辣麺のカロリーや唐辛子に含まれる栄養成分について見ていきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麻辣麺ってどんな料理?カロリーはどのくらい?

麻辣麺は、レシピによって具材が違うことが多く、使う食材によってカロリーが異なるため、はっきりとしたカロリーは不明だ。しかし、麻辣麺と似ている担々麺から推測すると、平均的には約700kcal程度ではないかと思われる。

ラーメンという大きなカテゴリーで見れば、ラーメンのカロリーは500kcalのものもあれば、1000kcalにまで達するものもあり、はっきりと決まってはいない。これは、ラーメンのスープをどのような味付けにするか、またどのくらい具材を使うのかによっても異なるためだ。

例えば、チャーシューが5枚のっているラーメンと1枚しかのっていないラーメンでは、カロリーは全く異なる。また、油の少ないあっさり系のラーメンと、油がたっぷりのっているこってり系のラーメンでもカロリーが全く違ってくる。麻辣麺は豚肉ひき肉を使うため、豚肉の脂質や香りを出すためのごま油などが、カロリーを上げる原因となりやすい。また、中華麺には糖質が多く含まれるため、麺の量が多いとカロリーも高くなる。

麻辣麺のカロリーは、調味料や具材、麺の量が安定して決まっているわけではないので、はっきりと決まっていないというのが答えになるのではないだろうか。

2. 麻辣麺の刺激的な風味を作り出す唐辛子の栄養とは?

麻辣麺は、唐辛子をたっぷり使った刺激的な辛味が特徴のラーメンである。唐辛子はダイエットによいとも言われるが、どのような栄養成分が含まれているのだろうか。

実は野菜の中でもカロリー高め

生の唐辛子100g中には、炭水化物が16.3g、たんぱく質が3.9g、脂質が3.4g含まれ、カロリーは96kcalとなっている。野菜類に分類されていることから、カロリーは低いと思いがちだが、実は野菜のなかではカロリーが高いと言える。

唐辛子に含まれる栄養素

ミネラルではカリウムが760mgと多く、リンや鉄、マグネシウムといったさまざまなものを幅広く含んでいる。ビタミン類で注目したいのはβ-カロテンで、6600μgと多い。赤い色素からもわかるように、唐辛子には抗酸化作用を持つβ-カロテンが多く含まれるため、美容や健康に役立つ野菜だと言えるだろう。

カプサイシンの効果と注意点

唐辛子の成分として有名なのが、カプサイシンだ。カプサイシンは主要な栄養素ではなく、カプサイシノイドと呼ばれる有機化合物である。カプサイシンは、鷹の爪1本に1mg程度含まれ、舌の感覚神経に刺激を与えて辛味を感じるようになっている。カプサイシンが体内に吸収されることで、体が温まり、汗が出たりするため、これによってダイエット効果があるとされているのだ。

カプサイシンの感受性は人によって異なるので、同じものを食べても辛いと感じる人もいれば辛くないと感じる人もいる。辛いと感じない人は特に注意が必要で、体内の粘膜を傷つけて胃腸荒れを起こす原因になり、咳や息切れなど呼吸器への影響も危惧される。

自分は食べても辛くないから大丈夫だと思っていても、実際に体のなかではさまざまな影響が出てしまう可能性もあるのだ。唐辛子を含む料理を食べるときには、体への影響を考えて、ほどほどにしておきたいところである。

3. 麻辣麺をカロリーカットする方法はある?

麻辣麺のカロリーが気になるときは、油の量と麺の量に気をつけることが大切だ。麻辣麺を家庭で作る機会は少ないかもしれないが、お店で食べるよりも家庭で作る方がカロリーは抑えやすい。肉を炒めるときの油の量を減らしたり、麺の量を減らして野菜でカサ増しをしたりと、すぐにできる工夫から始めてみよう。

また、店で麻辣麺を食べるときは、スープを全部飲まないということも大切だ。スープには油が溶け出ているため、目には見えていなくても実際のカロリーは高い。また、消化器官に刺激を与える唐辛子の過剰摂取を防ぐという点からも、スープは残した方が体にはよいだろう。

結論

麻辣麺は、辛いもの好きにはたまらない料理ではあるが、唐辛子を摂りすぎるという点では注意が必要である。ダイエットによいと言われる唐辛子も、摂りすぎて体を壊しては意味がない。麻辣麺を食べるときは、なるべく辛味のレベルを落として、美味しいと感じられる程度のものを選ぶようにしよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ