このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

芋けんぴは食べ過ぎ注意!きっと驚く1袋あたりのカロリーは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月23日

細く切ったサツマイモに砂糖を絡めた芋けんぴは、昔から親しまれている老若男女に人気のお菓子である。昔からあるお菓子とはいえ、今でも当たり前に買うことができることからも人気の高さをうかがえる。しかし、芋と砂糖でできたお菓子というと太りやすいイメージがあるのも確かだ。ここでは芋けんぴのカロリーについて紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 芋けんぴはおいしいがカロリーには要注意!

食品成分表を調べると、芋かりんとうという名称で成分が載っている。100gあたりのカロリーは476kcalと菓子類のなかでも高めだ。芋けんぴの重量は、1袋多いものだと400〜500g、小さめサイズのものでも150〜200gとなっている。よほど小さいサイズの芋けんぴでなければほとんどが1袋500kcalを超え、高いものだと2000kcal近くなるものあるだろう。

芋けんぴを食べるときは家族と分け合って食べたり、数日に分けて食べるなど、一度に全て食べきらないことが肥満予防のポイントだ。

2. 芋けんぴの主材料!さつまいもの栄養はビタミンCに注目!

さつまいもは食物繊維が多く便秘予防に役立つ野菜である。また、子供のおやつとしても定番で、食事だけでは不足しやすいエネルギーの補給源としても役立つ。

さつまいもの100gあたりのカロリーは、559kcalとなっており、他の野菜と比べるとかなり高い。たんぱく質は1.2g、脂質は0.2gと少なく、ほとんどが炭水化物でできており、31.9gとなっている。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものをいい、さつまいも100g中に含まれる量は2.2gで実際はそれほど多いというわけではない。しかし、さつまいもは他の野菜と違って一度に食べる量が多くなるため、結果的には食物繊維を多く摂ることができるというわけだ。

また、さつまいもにはビタミンCが100g中29mg含まれている。レモンの100mgという数値と比較するとさすがに少ない量ではあるが、さつまいものビタミンCは加熱によって失活しにくいというメリットがあるのだ。

これは、さつまいもにはデンプンが多く含まれており、このデンプンによってビタミンCが守られているためだ。ビタミンCには美肌効果や風邪予防などの効果を期待することができる。カリカリに揚げた芋けんぴにも、100g中33mgも含まれているため、ビタミンC補給としても役立つかもしれない。ただし、カロリーが高いということは忘れずに適度な量でたしなもう。

3. 芋けんぴのカロリーカットをしたいときは手作りがベスト

芋けんぴは高カロリーなおやつではあるが、食物繊維をたくさん摂取できるというメリットもある。食物繊維は腸の環境を整えたり、便通を良くしたりという効果が期待されているため、食べ過ぎなければ体によいおやつともいえるのではないだろうか。特に子供のおやつは栄養補給の役割がある補食とみなすので、チョコレートやスナック菓子よりはよっぽどおすすめである。

食べ過ぎないことは、ダイエットや健康管理において最も大切なポイントである。なかなか節制できないという場合は、よく噛んで食べるということを意識するだけでも食べ過ぎを防ぐことができるだろう。芋けんぴはよく噛んで食べることのできる定番のおやつで、少量でも満足感が得られやすい。カロリーが高いという点には気を付けなければならないが、少量であれば便通改善などの効果が期待できるので上手にとり入れてみよう。

結論

芋けんぴはお菓子のなかでもカロリーが高く、ダイエット中や糖質制限をしている場合は特に注意しなければならない。市販の芋けんぴは砂糖が多く使用されている可能性が高いため、カロリーを抑えたいときは手作りの芋けんぴがおすすめだ。休みの日には家族で芋けんぴ作りを楽しみ、できたてのおいしさを味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ