このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

皮に栄養素がたくさんあるって本当!?さつまいもの主な栄養とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月24日

秋の味覚の代表格であるさつまいも。最近では、スイーツのように甘いプレミアムさつまいもが人気を博しているが、栄養面でも優れていることを知っているだろうか。美味しい上に、おなかに優しいさつまいもを、詳しく紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さつまいもってどんな食べ物?

さつまいもは16世紀に中国から琉球に持ち込まれたとされ、その後さつまいもの栽培は種子島、薩摩へと伝わり、江戸時代中期に関東でも普及したと言われている。温暖であれば痩せた土地でも育つことから、さつまいもは人々の食卓へと根付き、現在に至るまで愛され続けている。

さつまいもの種類

現在、日本で栽培されている品種は40種類ほどあるようだ。東日本ではベニアズマ、西日本では鳴門金時が主流で、焼き芋用、スイーツ用、焼酎用などと用途にあわせての品種改良が進んでいる。最近人気のプレミアムさつまいもは、甘さと食感を追求して品種改良が重ねられたものである。
■熟成安納蜜芋
収穫後1ヶ月の間、貯蔵庫で熟成させた安納芋。濃厚な甘さとコクが特徴。
■霧島紅かぐら
糖度が50度以上ある希少な紅蜜芋。
■美ら紅
沖縄でしか栽培されない紫芋の中でも、甘みを追求した品種。
■五郎島金時
加賀野菜ブランドのさつまいもで上品な甘さが特徴的な人気の品種。

2. さつまいもの栄養と効能

さつまいもは、糖質が多いことからダイエットに向かない食材だと敬遠している人もいるのではないだろうか。実は、他の芋類に比べて食物繊維を多く含んでいるため、お腹に貯まった宿便を、すっきり排出してくれる効果が期待できる。そのためお腹からすっきり綺麗になるには、最適の食材なのだ。さらに便秘解消以外にも、意外な効能があるようなので詳しく説明する。

ビタミンC

さつまいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに保護されているため熱に強く、含有量は100g中30mgでりんごの約7倍だ。ビタミンCは、抗酸化作用があり、シミやそばかすを防ぎ、肌をなめらかにしてハリを保つのに効果的だ。

セルロース(食物繊維)

胃や腸の消化酵素の分泌を助ける水溶性の食物繊維をさつまいもは豊富に含んでおり、胃腸が弱い人の味方となる食材のようだ。またセルロースは、腸で分解されずに便秘の解消や、有害物質を吸収して排出する働きもあるようだ。

β カロテン

β カロテンは、老化の予防につながるアンチエイジングに重要な栄養素のようだ。強い抗酸化作用で、体の中で発生する活性酵素を消去して、体のさびつき予防の効果があるとされる。ちなみに、さつまいもの黄色が濃いほど、β カロテンの含有量は高いようだ。

ヤラピン

さつまいもを切った時にジワッと滲み出る白い汁は、ヤラピンというさつまいも特有の成分で、胃の粘膜の保護や、腸の動きを促進させ、便秘を解消する働きがあるとされている。

3. さつまいもの栄養を美味しく摂る秘訣

美味しく食べる調理のコツ

老化予防と便秘解消に最適とされるさつまいもの栄養成分は、皮ごと食べる事で効率よく摂取できる。ヤラピンは、皮に近い部分に含まれている為、皮をむいてしまってはもったいない。さらに、さつまいもの皮には、デンプンを分解する酵素が含まれており、消化がよくなる事でお腹にガスがたまりにくいとも言われている。

選び方と保存方法

皮の色が均一でツヤがあり、身がしまっているさつまいもがオススメである。特に甘いさつまいもを選ぶには切り口に注目し、切り口から飴色から黒色の蜜が染みだしてきているものは、糖度が高い証拠のようだ。また、さつまいもを保存する際には、冷蔵庫には入れずに新聞紙に包んで常温保存するのが望ましい。

簡単さつまいも料理

■さつまいもとリンゴの甘煮
いちょう切りにしたさつまいもとリンゴに砂糖を加え、水で煮る。
■大学芋
拍子木切りしたさつまいもを揚げて、市販の大学芋蜜を絡める。
■スイートポテト
蒸し器で柔らかくしたさつまいもを潰し、砂糖と牛乳を加える。形を整え、オーブンで焼く。
■さつまいもごはん
研いだ米の上にさつまいもをのせ、塩を少々加えてから普段より多めの水加減で炊く。
■カレー風味のポテサラ
蒸し器で調理したさつまいもをつぶし、カレー粉とマヨネーズを混ぜる。
■さつまいもチーズチヂミ
スライサーで極細に切ったさつまいもに粉チーズを絡めて、フライパンで揚げ焼きにする。

結論

最近おなか周りが気になる、便秘が辛い、などの体の不安や悩みの解消に、さつまいもは効果的に作用する。さつまいもを丸ごと活用して、食事を楽しみながら栄養も摂取すると良いだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ