このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スパゲッティの献立に何を合わせる?献立に合う副菜やスープを選ぼう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 3日

手軽で美味しいスパゲッティは、家庭の食卓にあがることも多いのではないだろうか。スパゲッティをいざ献立にしようと思った時に、意外と悩むのが、スパゲッティに何を合わせるかということだ。今回はスパゲッティに合う副菜とスープ、変わり種スパゲッティの作り方までを紹介したい。

1. スパゲッティの副菜は何がいい?

スパゲッティに合う副菜とはどんなものだろうか。
献立がナポリタンの場合はトマトの酸味がきいているため、口あたりがなめらかなものを副菜にするとよいだろう。たとえばポテトサラダ。クリームチーズを入れることによって濃厚な仕上がりになるので試してほしい。
スパゲッティ自体の味付けが濃厚な献立の場合は、副菜はあっさりとしたものが合う。コクのある濃厚なクリームスパゲッティにはサラダを合わせるのがおすすめだ。レモン風味のドレッシングで、よりあっさりと食べることができる。こってりとしたコクが決め手のミートソーススパゲッティを献立にした場合は、甘みと酸味がほどよく味わえるキャロットラペを合わせてみたらどうだろうか。使用するのはワインビネガー、はちみつ、レーズンなど。仕上げに風味が優しいカッテージチーズを散らすのがおすすめだ。
献立が醤油ベースの和風スパゲッティの時は、副菜も和風に合わせてさっぱりと。大根サラダは箸休めにもぴったりの副菜だ。しょうゆ、すだちをかけてシンプルな味わいに。副菜もさまざまだが、献立に合わせたチョイスで食卓を豊かにしたいものだ。

2. スパゲッティに合うスープは?

次に、スパゲッティに合うスープを紹介しよう。
濃厚な味わいのクリームスパゲッティを献立にした場合は、ちょっぴり酸味のきいたトマトベースのオニオンスープを合わせてみてはどうだろうか。コンソメの優しい風味と、トマト独自の酸味が絶妙にマッチした一品だ。献立がコクのあるミートソーススパゲッティの時は、シンプルなコンソメスープがおすすめ。野菜をたくさん入れて、日々の野菜不足も解消できたらしめたものだ。味付けはベーコンの旨みを生かそう。和風スパゲッティの時は、献立全体を和風に合わせて。和風出汁の効いた根菜のスープはいかがだろうか。仕上げにしょうがを入れ、ほっこりと身体が温まる一品に。ピリッとした唐辛子の辛みがくせになるペペロンチーノを献立にした場合は、優しい味わいのスープをプラスしよう。カボチャスープやにんじんスープなど、こっくりとなめらかな舌触りのものが合う。献立のバランスを考えて、味付けに合ったスープを用意しよう。

3. 変わり種スパゲッティの作り方

シンプルなスパゲッティやベーシックなスパゲッティに飽きたら、献立に変わり種のスパゲッティを選んでみてはどうだろうか。ここではおすすめの変わり種スパゲッティを3種紹介したい。

・ さんまとトマトのスパゲッティ

3枚におろし、3~4cmのサイズにしたさんまを使ったスパゲッティだ。トマトとアンチョビを使用しているので、酸味とコクが味わえる。トマトは甘いものより酸味のあるものを選んだほうがさんまとよく合うだろう。にんにく、唐辛子、白ワインなどで味付けをする。和風なイメージのさんまだが、調理次第で立派なイタリアンに。

・ ワンポットスパゲッティ

スパゲッティというと、まず麺を茹で、茹であがったものに味付けをするのが一般的だ。しかしこちらの献立は、なんと鍋ひとつで調理する変わり種だ。具材をすべて鍋に入れて煮るだけというお手軽さは、スパゲッティの常識を覆す。ワンポットスパゲッティにおすすめなのが、トマトとバジルを入れたもの。にんにくや赤唐辛子といった調味料もすべて一緒に入れ、水分がなくなるまで煮込むだけだ。ほかにもクリームソースやバジル系のワンポットスパゲッティもあるので、機会があれば試してほしい。

・ オムスパゲッティ

オムライスのライス部分をスパゲッティに変えた変わり種レシピ。ライスを使って調理するよりも簡単に作れるので、時短にもなる。具にするスパゲッティはやはりトマトソースのものが合うだろう。オムライスと同様に上に卵をのせ、ケチャップをかけて完成だ。ケチャップで絵を描けば、子どもが喜ぶ献立に。
ほかにも、さまざまな変わり種レシピはある。いつもの献立に飽きた時には、ぜひ参考にしてほしい。

結論

献立は、全体のバランスが重要だ。ちぐはぐな組み合わせのものや食べ合わせの悪いものを一緒にしてしまうと、個々の味がよいとしても残念な印象になってしまう。スパゲッティを献立にする時は、味付けに合わせて副菜やスープを選び、美味しく楽しい食卓にしたいものだ。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ