このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

意外と知られていない中華前菜!冷菜の種類と気になるカロリー

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年4月 9日

冷菜とは、中華料理の前菜のことを言う。冷たく、作り置きができる料理のことを指す場合が多く、食卓にすぐに並べられるという特徴がある。冷菜にはいろいろな種類があるので全てを紹介することはできないが、代表的な冷菜の例やカロリーなどについて見ていきたい。

1. バンバンジーは代表的な冷菜!冷菜のカロリーはどのくらい?

冷菜の特徴

冷菜は、1皿に数種類を盛り合わせて、各自が取り分ける方法や、フレンチや日本の懐石料理のように、1人1皿に数種類を盛り合わせる方法がある。中華における冷菜は、小皿に1種類ずつ盛り、皿数を多く出すパターンが一般的である。食卓にのぼる皿の数が多いため、華やかな食卓を演出できるだろう。 冷菜は1番最初に出てくる食事なので、次にどんな料理が出てくるのかと期待させるような美しい見た目であることも大切である。冷菜と言うと、冷たいおかずという意味や、ただの前菜という意味で用いられることも多いが、基本的には中華料理の初めに出るおかずであるということを押さえておこう。

代表的な冷菜のカロリー

中華料理の定番の冷菜と言えば、蒸し鶏ときゅうりをごまだれで仕上げた、バンバンジーである。日本では、主菜として食べられる場合も多い。しかし、バンバンジーは基本的に中華では前菜として扱われており、ほかの前菜と組み合わせながら楽しむものである。バンバンジーのカロリーは、1食分で約200〜300kcalとなっている。食べる量によっても異なるが、鶏肉を100g弱使う場合は、この範囲が多い。中華料理の前菜として食べる場合は、もう少し量が減ると考えられるので、100〜200kcal程度になると推測できる。

冷菜のメイン食材は野菜

冷菜として使われることの多い食材には、きゅうり・セロリ・茄子・トマト・ピータン・キクラゲなどが挙げられる。日本の家庭では、きゅうりやキクラゲを中華風味に仕上げたものが、一般的に中華冷菜として扱われることが多い。冷たいおかずということもあり、野菜を中心としたものが多いので、カロリーはそれほど高くならない傾向にある。あくまでも副菜という位置づけで、主菜を食べる前のお楽しみとしてたしなもう。

2. 中華冷菜に使われる食材からはどんな栄養素が摂れるのか?

中華料理のうち、麻婆豆腐やかに玉、八宝菜、餃子など、主菜として食べるものには野菜が少なめだ。冷菜は野菜を使うことが多く、野菜をしっかり摂取することができるので、バランスのよい食事をするためには必ずとり入れたい料理である。

冷菜に使われる食材の栄養素

冷菜によく使われる食材には、それぞれどのような栄養素が含まれているのか、詳しく見ていこう。

きゅうり... β-カロテン(皮の部分)、カリウム
セロリ ... カリウム、キャベジン
茄子  ... ナスニン
トマト ... β-カロテン、リコピン
ピータン ... たんぱく質、鉄、ナトリウム、レチノール
キクラゲ ... ビタミンD、食物繊維

このように、各食材にさまざまな栄養素が含まれている。一つの食材に偏らず、いろいろな食材を冷菜にとり入れれば、バランスの良い食事をすることができるだろう。

3. 気になる糖質!多く含まれる冷菜はある?

ダイエットや健康のためには、糖質の量が気になるところではあるが、冷菜は糖質の多い料理なのだろうか?結論から言うと、ほとんどの冷菜には、気になるほど多くの糖質は含まれていない。きゅうりやセロリ、トマトといった野菜はカロリーも糖質も低い。

しかし例外もある。トゥードゥシーと呼ばれる冷菜は、じゃがいもを千切りにしてピーマンや人参と和え、ニンニク、ごま油などで味付けした料理である。じゃがいもは野菜に分類されるが、糖質を多く含んでいるため、食べるときは糖質量が多めであることを意識しよう。主食であるご飯の量はもちろん、餃子やシュウマイなどの点心との組み合わせにも注意だ。

結論

冷菜は中華料理の前菜であり、日本ではバンバンジーやキクラゲの和え物などが知られている。野菜がしっかり摂れたり、作り置きができるというメリットがあり、普段の食事でも活躍してくれるに違いない。冷菜は簡単に作れるものが多いので、中華料理とかしこまらずに、野菜の摂れる副菜として捉え、日々の食卓にも積極的にとり入れてみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ