このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

食卓がパッと華やかに!カルボナーラがメインの美味しい献立

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月15日

ベーコンのコクと濃厚でまろやかなソースがクセになるカルボナーラ。イタリアの首都であるローマの名物料理だが、いまでは日本でもおなじみのパスタだ。レストランでは単品で注文する人も多いだろうが、献立として食べる場合、どのような副菜やスープと組み合わせたら相性がよいのだろうか。

1. カルボナーラにピッタリの副菜

ミートソースやボロネーゼ、ナポリタンなどとともに、パスタの中でも男女を問わず人気のカルボナーラ。濃厚でとろみのあるソースが、あとをひく美味しさだ。メインとして食べる場合、カルボナーラのみで済ませる人もいるかもしれない。

カルボナーラに使用する基本的な材料は、スパゲッティ・ベーコン・生クリーム・卵黄・バター・粉チーズ・塩こしょうなどである。さすがにこれだけでは、栄養が偏ってしまう。もちろん基本をベースにエビ・きのこ類・アスパラ・鶏肉など、好みの食材をプラスして食べる人もいるだろう。

では、カルボナーラを献立の一品とするときに、相性のよい副菜は何があるだろうか。カルボナーラは濃厚なので、サッパリとしたシンプルな野菜のみのサラダや、白菜とりんごのサラダ、コールスローサラダなどをおすすめしたい。

サラダ以外では、和風ならオクラ納豆・ピーマン&塩昆布炒め・ブロッコリーの和えもの・小松菜のおかか和え、洋風ならトマト&フレッシュチーズのマリネ・アボカドチーズ焼き・カリフラワーのピクルスなど、野菜を使用した副菜は相性がいいようだ。

2. カルボナーラにおすすめのスープ

生クリームがなければ、卵とパルメザンチーズで濃厚な味に仕上がるカルボナーラ。本場のイタリアでは生クリームを使用しないという。また、さまざまなレシピサイトをチェックすると、人によって使用する材料や作り方が微妙に異なるようだ。

先にカルボナーラと相性のよい副菜を紹介したが、スープの場合はどういった味が合うのだろうか。カルボナーラはコクがあり、主張が強めのパスタなので、あっさりとしたコンソメスープや、やさしい味わいのかきたま汁が相性いいだろう。

また、野菜をたっぷり味わえるミネストローネ、ほっこり癒やされるかぼちゃスープ、鮮やかな色が美しいソラ豆のスープ、ビタミンCが豊富なじゃがいものスープなど、美味しくて栄養成分も補えるスープをおすすめしたい。

3. カルボナーラをアレンジして味わおう

定番のカルボナーラも美味しいが、たまにはひと工夫してアレンジしたカルボナーラを食べてみたいという人もいるだろう。季節を感じる一品を食べてみたいなら、春であれば菜の花をスパゲッティと同時に茹でて加えてみてはいかがだろうか。

濃厚な味を少しやわらげたいなら、柚子の皮をトッピングするだけで、さわやかな香りに包まれる。ダイエット中の人はスパゲッティの代わりにピーラーで薄切りにした大根を使用するとカロリーオフが可能だ。

また、スパゲッティの代わりに炊いたごはん・茹でたかぼちゃ・しめじなどを鍋に入れ、牛乳やコンソメスープを加えて加熱し、最後にパルメザンチーズと卵黄をトッピングすればカルボナーラ風リゾットに仕上がる。

さらに、じゃがいもをフライドポテトのように棒状に切り、フライパンで透き通るるまで炒めて、生クリーム・卵・粉チーズ・塩こしょうで味付けしたらじゃがいものカルボナーラ風炒めの完成だ。

ほかにもカルボナーラ風のサラダ丼や、ごぼうのカルボナーラ風炒め、明太子カルボナーラ風うどんなど、カルボナーラがベースのアレンジ料理はいろいろあるので、ぜひトライしてみよう。

結論

カルボナーラと相性のいい副菜やスープ、アレンジレシピを紹介したが、実際に作ってみたいと思っていただけただろうか。カルボナーラだけでも満足できる人もいるだろうが、献立として副菜やスープ、デザートを加えて食卓のテーブルに並べるとパッと華やかになる。ぜひ休日のブランチや親しい友人を招いて、手料理を披露してみてはいかがだろうか。

この記事もCheek!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ