このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いつものメニューが格上に!ホースラディッシュソースの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月15日

ホースラディッシュ、いわゆる西洋わさびといえば、ローストビーフの付け合わせとして知られている。日本のわさびに似た辛みがありつつふわっとした歯ざわりで、ローストビーフをさっぱり仕上げてくれる。そんなホースラディッシュは、魚とも相性がよく、ホースラディッシュソースとしてたっぷり添えられることもある。ソースとしてのレシピはバリエーション豊かなので、好みに合いそうなものを作ってみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホースラディッシュソースを構成する食材の選び方

ホースラディッシュソースの食材の選び方を紹介する前に、まずは、ホースラディッシュについて基礎的なことを知っておこう。ヨーロッパ原産の植物で、日本では北海道や長野などでも栽培されている。「レフォール」とも呼ばれる。日本の本わさびに比べて辛さがおよそ1.5倍といわれている。また、安価で栽培しやすいことから、じつはチューブのわさびの原料にもなっているのだ。ホースラディッシュとわさびはもちろん色も味も違うので、それらが添加されている形だ。

ソースの主役ともいえるホースラディッシュの食材は、生のものを選ぶのがいいだろう。しかし、手に入らない場合、粉わさびのような感覚で使える乾燥粉末のものもおすすめである。

それ以外のソースの食材には、ホースラディッシュの白さを生かす、酸味のあるクリーミーなものを選ぶとよいだろう。レシピによるが、マヨネーズやサワークリーム、ヨーグルトなどを使うことが多い。また生クリームを使うときは、レモンやりんご、マスタードなどで酸味を加える。

2. ホースラディッシュソースに必要な下ごしらえ

ホースラディッシュのそれぞれの作り方は次章で紹介するとして、ここではホースラディッシュの下ごしらえについて紹介しよう。

生のホースラディッシュであれば、下ごしらえはとくに必要なく、そのまますりおろせばOKである。
粉のホースラディッシュを使用する場合の下ごしらえは、水や湯で戻すことである。水を加えて練っていくと、ホースラディッシュの香りと辛さがよみがえってくるだろう。

3. 各種ホースラディッシュソースの作り方とコツ

ここでは、さまざまなパターンのホースラディッシュソースの作り方を紹介しよう。どれも、すりおろしたホースラディッシュとほかの材料を混ぜるだけで簡単にできてしまう。
  • ホースラディッシュソースA
    材料:ホースラディッシュ、サワークリーム、マヨネーズ、砂糖、塩、こしょう、レモン汁
  • ホースラディッシュソースB
    材料:ホースラディッシュ、ヨーグルト、塩、こしょう、オリーブオイル
  • ホースラディッシュソースC
    材料:ホースラディッシュ、マヨネーズ、しょうゆ
  • ホースラディッシュソースD
    材料:ホースラディッシュ、生クリーム、粗挽きマスタード、レモン汁、塩、こしょう
ホースラディッシュソースDは、生クリームはゆるやかに泡立てておくと、ホースラディッシュソースの口当たりがふわっと軽くなり、ボリュームが出る。そのままではこってり濃厚すぎるかもしれないが、泡立て具合のいろいろなパターンを試してみると、好みの食感が見つかり、実験のようでそれもまた楽しいだろう。

それぞれの組み合わせに、さらにほかの材料を加えてみるのも一案だ。たとえば、ホースラディッシュソースBにレモン汁を入れるなど。コクを出したいならブイヨンを足すとよいだろう。いずれも、固すぎる場合は、湯などで調整してみよう。

色と香りのアクセントに、みじん切りにしたディルやパセリなどのハーブを加えるのもおすすめである。

結論

普段あまり目にすることも口にすることも少ないホースラディッシュであるが、その辛みを生かしたソースはさまざまな食材にマッチする万能ソースに変身する。酸味のあるクリーミーなソースをぴりっとした辛みで引き締める美味しさは、一度知るとやみつきになるだろう。いつものメニューががらりと変わるかもしれない、ホースラディッシュをぜひ使ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ