このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

作り置きやお弁当にも!優秀な常備菜【にんじんしりしり】の保存方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月24日

沖縄料理として有名な「にんじんしりしり」は、家庭の常備菜としても優秀なメニューでもあることを知っているだろうか。正しく保存しておけば日持ちし、夕飯の一品としてだけでなく、お弁当にも活用できる。料理担当の日に作っておいて損はない、にんじんしりしり。本記事では、その正しい保存方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 常備菜の代表格、にんじんしりしりの正しい保存方法

常備菜を代表するメニューと言っても過言ではないにんじんしりしりは、どのような保存方法が正しいのだろうか。メイン食材であるにんじんは、皮つきのままであれば常温保存もできる。しかし、一度調理をしたら、劣化を防ぐために、冷蔵や冷凍で保存しなければならない。

にんじんしりしりには炒り卵も入れるが、こちらも常温保存には不向きである。卵料理はサルモネラ菌による食中毒の懸念があり、調理後2時間以内に食べるよう指導している行政機関もあるほどだ。このことから、常温保存はにんじんしりしりの正しい保存方法だとは言えない。

にんじんしりしりの保存性を高めるコツ

常備菜は、水分が多いほど細菌が繁殖しやすく、保存方法に気を付けても傷みやすい。そこで、にんじんしりしりを調理する際は、水分をしっかりとばすようにするのがコツだ。保存性が高まり、より安全に保存できる。

2. にんじんしりしりは冷蔵保存可能

冷蔵保存する際のコツ

にんじんしりしりは、冷蔵保存で約4~5日保存できる。空気に触れると酸化が早まり劣化してしまうため、密閉できる容器で保存しよう。食器用除菌スプレーや熱湯で、保存容器を消毒するのも冷蔵のコツだ。なお、冷蔵保存したにんじんしりしりを食べる場合は、容器ごと食卓へ出すのではなく、あらかじめ取り分け、残りは冷蔵庫へ戻してほしい。冷蔵庫から出している時間が長ければ長いほど、にんじんしりしりの劣化が進んでしまうためだ。

一度箸を付けた料理の保存はNG

また、口を付けた箸を容器に入れてしまった場合、残ったにんじんしりしりは、すべて食べきるか処分しよう。人の唾液には菌が存在するため、口を付けた箸からにんじんしりしりに菌が付着し、腐りやすくなってしまうのである。

3. にんじんしりしりを便利に冷凍保存するコツ

にんじんしりしりは冷凍保存で1ヶ月ほど保存できるが、風味を大切にしたいのであれば、2週間程度で食べきってほしい。冷蔵保存と同様に密閉容器で冷凍可能だが、より便利に保存したいのなら、お弁当用のおかずカップを使ってみよう。

にんじんしりしりを作ったら、一食分ずつカップに入れ、粗熱が取れたところで各々ラップに包み、バットなどに並べて冷凍室へ入れるのだ。こうすることで、にんじんしりしりを食べたい分だけ解凍しやすくなる。

4. にんじんしりしりの解凍に電子レンジは使える?

冷凍したにんじんしりしりを解凍するには、前日に容器ごと冷蔵庫に移し、自然解凍するとよい。おかずカップに小分けしている場合は、そのまま弁当に入れて自然解凍するという方法もある。

電子レンジで解凍する方法も不可能ではないが、少量のにんじんしりしりをレンジで解凍する際は、注意が必要だ。水分が少ないため、レンジで加熱すると火花を散らして焦げたり、しなしなになったりする恐れがある。どうしても電子レンジを使う際は、事前に水をふりかけ、分量を100g以上にし、様子を見ながら加熱してほしい。

解凍後の再冷凍は厳禁

冷凍保存はにんじんしりしりの劣化を遅らせはするものの、完全に劣化を防ぐ保存方法ではない。一度解凍したにんじんしりしりは、すでにいくらか劣化しているため、早めに食べきり、再冷凍は控えよう。

結論

常備菜のにんじんしりしりは、小分けにして冷凍すれば、食事にお弁当にと大活躍する。彩りが足りないときにも使えるため、休日に作り置きして保存しておこう。保存期間が長くなり、風味が低下したと感じたら、マカロニサラダやポテトサラダにリメイクするのもありだ。ぜひ正しい保存方法をマスターして、料理担当の日に、にんじんしりしりを活用しよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ