意味を知れば親子で物知り!?
人参しりしり!

“しりしり”ってなんのことだろう?しりしりは、沖縄の方言で千切りのことをさす。人参しりしりは沖縄県の郷土料理の一つ。千切りにした人参に炒り卵をあわせるだけの手軽な料理だ。油で炒めて作ると人参のβ-カロテン吸収率も高まるため、栄養もたっぷり。人参しりしりを作りながら、沖縄の歴史や文化、郷土料理について親子で話し合ってみてはどうだろうか?世の中に目を向けるきっかけになるはず!

Step1

人参を"しりしり"にしよう!

人参は5㎝の長さに千切りする。あれば沖縄のピーラー(しりしり器)でせん切りにしてもよい。

この記事もCheck!

Step2

<子どもと一緒に!>ふわっふわ卵の準備をしよう!

まず、子どもと一緒にボウルに卵を割ろう!殻にヒビを入れる力加減、手のひらで殻をそっと開くむずかしさ、そして中から黄色く丸い食べ物が出てくるときの感動。最初はちょっと難しくても、上達する喜びに、きっとまたチャレンジしたくなるはず。台などの平らな面に卵の側面を当てて、軽くヒビを入れたら、その部分に両手の親指を入れるようにしてから引き離すようにすると上手に割れるはずだ!
きれいに割れたら、溶きほぐそう!マヨネーズと塩を加えて混ぜる。ふわっふわ卵にするポイントは、マヨネーズ。マヨネーズがダマになっていても大丈夫なので安心してほしい!

この記事もCheck!

Step3

味付けと炒り卵で仕上げ!

フライパンに油をひいて熱したら、人参を入れて炒める。1~2分炒めたら、ツナ缶を油ごと投入して炒め合わせる。酒をふり、Step2の工程で解きほぐした卵液を加えて全体をさっと混ぜる。30秒程炒めて、卵に火を確認したら、ほぼほぼ出来上がりだ!

この記事もCheck!

完成!

仕上がった人参しりしりに、お好みで、白ごま、かつおのソフト削り、刻みのりをトッピングすると見栄えも風味も増す。他にもアレンジとして、茹でた素麺を一緒に炒めて食べるとお腹いっぱいになります。「人参しりしり素麺」にする場合は、炒めるときに麺つゆもちょい足しすると、甘みと塩加減が絶妙にマッチしておすすめ!!

材料 材料

4人分

  • 人参2本
  • 2個
  • マヨネーズ小さじ1
  • 小さじ1/2
  • 油 小さじ1
  • ツナ1缶
  • 小さじ1
投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ