このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スパイシーな美味しさのピザ・ディアボラのカロリーはどのくらい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月28日

イタリア料理の代表格といえば、やはりピザ!トッピングによってさまざまな美味しさを味わうことができるピザは人気の高いメニューのひとつ。今回は、数多くあるピザの中でも「ディアボラ」をピックアップ。ディアボラのカロリーや糖質、カロリー控えめに食べる方法を調べてみた。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ディアボラのカロリーは?

まずはディアボラの気になるカロリーを紹介しよう。ディアボラとは、スパイシーなサラミをトッピングしているピザのこと。その辛さがまるで地獄にいるように感じることから、イタリア語で小悪魔を意味するディアボラという名前が付けられた。

強力粉を125g使用した場合、ディアボラ1枚あたりのカロリーは約900kcalである。ちなみに、マルゲリータのカロリーは約800kcal、クアットロフォルマッジのカロリーは約835kcal。ペスカトーレのカロリーは約722kcalである。

ディアボラはマルゲリータにサラミをトッピングしたピザだけあって、なかなかのカロリーである。ダイエット中の人は少し食べるのに躊躇してしまうかもしれない。

2. ディアボラに含まれる栄養

続いて、ディアボラにはどんな栄養分が含まれているかを見てみよう。まず、ディアボラのメインとして使用されるのがサラミ。サラミは脂肪分のほか、良質のたんぱく質が豊富に含まれている。

また、ピザ生地やソースに欠かせないのが強力粉とチーズ、そしてトマトソース。強力粉は炭水化物が約70%を占めるが、そのほかにたんぱく質が白米に比べて2倍ほど多く含まれている。

チーズにはカルシウムや良質のたんぱく質が、トマトソースにはリコピンやカリウムがそれぞれ豊富に含まれている。ディアボラはピザの中でもかなり栄養バランスのいいメニューである、といえそうだ。

3. ディアボラの糖質はどのくらい?

続いて、ディアボラの糖質を紹介しよう。糖質制限ダイエットをしている人にとって、ピザは大敵だと思ってしまうのではないだろうか。実際、直径24cmのピザ1枚(強力粉125g)に含まれる糖質は約
86gである。確かにピザの糖質は非常に高い。そこで、糖質をできるだけカットする方法をいくつか紹介しよう。

まずはピザ生地を代用すること。小麦粉でできたピザ生地はかなりの糖質を含んでいる。このピザ生地を油揚げで代用したり、小麦粉にふすま粉や大豆粉を混ぜたりしてピザ生地を作ってみよう。サラミをメイントッピングにしたディアボラにすれば、ピザ生地以外の糖質は問題ない。生地で糖質を大幅カットする。そうすれば糖質制限ダイエット中でも罪悪感なしにディアボラを堪能することができる。

4. ディアボラをカロリーオフする食べ方は

最後に、ディアボラのカロリーオフする食べ方をいくつか紹介しよう。まずは、外食や宅配ピザでディアボラをチョイスした場合のカロリーオフする食べ方は、食べ合わせを意識すること。ノンオイルドレッシングのサラダやローカロリーの魚介類メニューをサイドメニューにオーダーすることで、不足しがちなミネラルやビタミン、食物繊維を補おう。

自作する場合のカロリーオフする食べ方は、全粒粉でピザ生地を作ってほしい。全粒粉は強力粉と比べると、100gあたりのカロリーが約40kcalもダウンする。また、トマトソースは低カロリーのものをチョイスするか、トマトから自作する。トマトケチャップのような甘みの強いソースよりもかなりカロリーダウンに繋がる。チーズは、カロリーの低いモッツァレラチーズを使用するとよいだろう。

結論

どうしてもカロリーが気になってしまうディアボラピザ。しかし、生地やソース、サイドメニューなどを少し工夫することでカロリーオフできる。手作りすればさらにヘルシーなディアボラのできあがり。ダイエット中でも美味しいピザを堪能することができるのだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ