このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

春雨サラダの献立はこれに決まり!相性のいいスープと変わり種の主菜

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年4月27日

つるんとのどごしがいい春雨サラダは、子どもから大人まで人気の一品だ。中華風の味付け以外にも、レモン汁やチリソースなどで味にバリエーションが付けられるという特徴がある。しかし、中華やエスニック色のある食べ物ゆえに、献立で悩む場合もあるだろう。今回は、春雨サラダと相性のいいスープや変わり種の主菜について紹介しよう。

1. 春雨サラダを副菜にするときの注意点とは?

春雨サラダを副菜にするときに気を付けたい、2つのポイントを見ていこう。

春雨サラダに含まれる野菜の量

献立の中で、春雨サラダは副菜に分類される。副菜とは、野菜やいも類、きのこ類、海藻などを使ったおかずのことだ。ビタミンや食物繊維、ミネラルなどを含み、身体の調子を整える役割があるとされる。しかし、いもや豆などから作られた春雨がメインとなりがちで、春雨サラダで摂れる野菜の量は意外と少ないため、ビタミンや食物繊維、ミネラルなどが十分とはいえない。野菜たっぷりの副菜をもう一品増やしたり、スープや汁物、メインのおかずである主菜にも野菜を取り入れたりする必要があることを覚えておこう。

春雨サラダとほかの献立の盛り付けバランス

春雨サラダは見ため以上にボリュームがある。ローカロリーなためダイエット中の人が満腹感を得られるというメリットもあるが、普通の食事ではほかの献立とのバランスを考えて、盛り付ける量に気を付けねばならない。春雨サラダでお腹がいっぱいになってしまうと、主菜や主食(ごはんやパンなど)が食べられず、たんぱく質や糖質などの必要な栄養素が十分に摂れないおそれがある。春雨サラダは、普通のサラダよりもやや少なめに盛り付けておくのがおすすめだ。

2. 春雨サラダと相性のいいおすすめの汁物

春雨サラダを食べるときだけでなく、献立ではスープや汁物は欠かせないもののひとつだ。スープや汁物では、煮るとかさが減って野菜をたくさん食べられるというメリットもある。春雨サラダは中華やエスニックの要素があるだけに合わせるスープや汁物で迷う人もいるだろうが、そこまで考え過ぎる必要はない。ここでは、春雨サラダと相性のいいおすすめのスープや汁物を紹介する。

レタスとトマトのスープ

食べやすい大きさにしたレタスとトマトをコンソメスープで煮て、溶き卵を入れたら塩こしょうで味を調えるだけのお手軽スープ。春雨サラダだけでは不足しがちな緑黄色野菜と淡色野菜の両方が補えて、全体で摂れる野菜の量がアップする。

小松菜と豆腐の味噌汁

緑黄色野菜の中でもビタミンやミネラルが群を抜いて栄養価の高い小松菜と、たんぱく質や脂質のほかにも健康に有用な成分を多く含む豆腐の味噌汁。煮干しや昆布などでしっかり出汁を取っておくと旨みとコク豊かな味噌汁となり、さっぱりした春雨サラダとよく合う。

3. 中華やエスニック以外でもOK!春雨サラダと合う変わり種の主菜

春雨サラダの味付けが中華風であればチンジャオロースや餃子、エスニック風であればタイカレーやガパオライスなどを合わせたくなるかもしれない。ジャンルが似た料理同士はもちろん相性がいいだろうが、主菜もスープと同様に縛られることはないのだ。「ほかにどんな主菜がいいか分からない」「いつも決まった献立になりがち」という人のために、春雨サラダと意外に相性のいい変わり種の主菜を紹介しよう。

鮭のソテーほうれんそうクリームソース

バターで香りよくソテーした甘塩鮭に、生クリームと牛乳、ほうれんそうで作ったクリームソースを添えた一品。春雨サラダがさっぱりしているため、コックリしたクリームソースとのバランスが絶妙だ。変わり種ではあるが、想像以上に相性のいい洋風メニューとの組み合わせも、ぜひ試してみてほしい。

カレー風味の鶏のからあげ

いつも作る鶏のからあげでももちろんいいのだが、変わり種としてカレー風味にすると目先が変わって面白い。合わせる春雨サラダを中華風や和風にすると、バラエティに富んだ献立となるだろう。カレー粉で下味を付けずに、天ぷらに添えられるようなカレー塩を作って好みでふりかけて食べるのもいいだろう。

結論

春雨サラダが副菜のとき、中華風やエスニック風の味付けであってもほかの献立は自由な発想で組み合わせて問題ない。注意しなければならないのは、ほかの献立との味や量のバランスだ。春雨サラダは甘酸っぱくてさっぱりしていることが多いので、スープや主菜は塩みや旨みが感じられる濃厚な味付けだとちょうどいい。また、見ため以上に食べごたえがあるため、盛り付け過ぎないよう注意が必要だ。紹介したポイントをおさえて、春雨サラダの献立を楽しんでみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ