このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ぷるぷるツルンと涼しげなスイーツ!水ようかんのカロリー

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年5月11日

ツルンとした見ためが印象的な水ようかん。一般的なようかんと比べると水分が多めなので、カロリーが低いというイメージを持ちやすい。では実際のカロリーはどのくらいなのだろうか。また、水ようかんに含まれる栄養成分やカロリーオフして食べる方法とは?

1. 水ようかんのカロリーを知ろう

見ためがプルプルでなめらかな水ようかん。小さな子どもから年配の方まで、好まれる和菓子のひとつだ。とくに暑い夏場には人気のスイーツといえるだろう。中には、さっぱりとした味わいで、ついつい食べ過ぎてしまう...という人もいるのでは?そこで気になるのがカロリーである。

水ようかんのカロリーは1切れ(50g)で約100kcalくらいのものが多い。もちろん使用するこしあんや砂糖の量で異なってくる。一般的なようかんは、1切れで150kcalくらいだ。普通のようかんを食べるより水ようかんのほうが、かなりカロリーが低めである。

ちなみに水ようかんを作るときに水の量を多めにするとアッサリとした味に仕上がり、逆に量を減らすと濃厚な味わいを楽しめるという。もし自分で作る機会があれば、好みで味を調整し美味しく味わってもらいたい。

2. 水ようかんに含まれる栄養成分と健康効果

水ようかんを作るときに使用する材料は、主に水・砂糖・こしあん・寒天・塩である。こしあんは、あずきを煮込んで皮を取り除きなめらかな状態にしたものだ。
しかし、こしあんではなくつぶあんを使うレシピも存在する。あずきの皮の部分には、整腸作用のあるサポニンが含まれており、つぶあんにすることで多く摂取できるのだ。自宅で水ようかんを作る場合、手軽なこしあんを使用するケースが多いようだが、栄養面を考えたら、あずきを煮て皮を取り除かず使用したほうがよいのかもしれない。

ほかにも水ようかんに使用する寒天には食物繊維が豊富に含まれている。食物繊維は腸内環境を整えたりコレステロール値を低下させたり、糖質の吸収を抑制したり高血圧を予防する効果があるという。ちなみに食物繊維が多く含まれる食材は、キノコ類・野菜類・海藻類などだ。

3. 水ようかんをカロリーオフして食べる方法

のどごしがよく風味豊かな水ようかん。先述したように普通のようかんに比べるとカロリーは低めだが、美味しさのあまりに食べ過ぎてしまうとカロリー過多になることもある。近年、健康志向が高まりスイーツでも糖質オフやカロリーオフの商品が増えているようだ。

水ようかんで調べてみると、あるメーカーでは甘さ控えめなカロリーハーフのものが販売されている。しかも、あずきの風味・食感・なめらかさはそのままだという。具体的なカロリーは、従来の水ようかんは1個あたりで96kcalだが、カロリーハーフタイプは44kcalと半分以下だ。

ほかのメーカーをみても、低カロリータイプの水ようかんは、1個で32kcalのものもある。とくにダイエット中の人は、このような商品を利用してみるのもよいかもしれない。あるいは実際に自分で作り、どのくらいの砂糖を入れるのかを知ると、食べ過ぎ防止になる可能性もある。

結論

水ようかんのカロリーや含まれる栄養と健康効果、カロリーオフして食べる方法を紹介したが、理解してもらえただろうか。柔らかな食感なので年配の方へのおもてなしとしてもおすすめのスイーツだ。あんこのみでも美味しいが、栗を入れたりパンの間にはさんで水ようかんサンドにしたり、いちごをのせたりしてアレンジも楽しめる。ぜひ皆さんも水ようかんを好みで味わってもらいたい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ