このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエット中もペスカトーレピザを食べたい!カロリーオフする方法とは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年5月13日

「ペスカトーレ」はあさりやエビといった具材がたっぷり使われた、見ためも豪華な一品だ。ペスカトーレといえばパスタを思い描く人もいるだろうが、いつもとひと味違ったペスカトーレを味わいたいなら「ピザ」にして楽しんでみてはどうだろうか。ピザはカロリーが高いと思われがちだが、作り方を工夫すればダイエット中でも気軽に楽しむことができる。それでは、カロリーや糖質をオフして食べる方法を紹介していこう。

1. ペスカトーレピザのカロリーはどのくらい

ペスカトーレピザは、トマトソースを塗ったピザ生地に、エビやイカ、あさり、ムール貝などの魚介をのせ焼いたものだ。ペスカトーレパスタの具材をピザにのせたものと考えていいだろう。ピザといえばカロリーが高いイメージのある食べ物だ。実際にピザのカロリーを見ると、トッピングされた具材にもよるが、直径24cmのピザ1枚あたり約600kcalと6枚切りの食パン1枚約177calを3枚強食べたカロリーに匹敵する。
またペスカトーレピザのトッピングを100gあたりのカロリーで見ていくと、あさりは約30kcal、ムール貝は約70kcal、エビは約87kcal、イカは約88cal。またペスカトーレのベースであるトマトソースは100gあたり44kcalだが、市販のトマトソースで油を含んでいるものはカロリーが高くなる傾向にある。ピザ生地は厚くなるほどカロリーが高くなるため、カロリーが気になる人はクリスピータイプの生地を選ぶといいだろう。

2. ペスカトーレピザに使われている食材の栄養を探る

ペスカトーレピザに使われている魚介類には、多くの栄養が含まれている。エビやイカ、あさり、ムール貝に含まれている栄養素のひとつ「タウリン」は、血圧や血中コレステロールを下げたり、肝臓や心臓の動きを強くしたりする効果が期待できるといわれている。そのため健康を気遣う人は積極的に摂取していきたい栄養だろう。
また人間の身体はビタミンが不足すると、肌が荒れたり貧血になったり、イライラしたりとさまざまなトラブルを引き起こす。ビタミンを豊富に含むエビやあさり、ムール貝はビタミン不足解消におすすめの食材といえるだろう。

3. ペスカトーレピザの糖質をオフする方法

ペスカトーレピザに使われる食材の中で糖質が高いものといえば、やはりピザ生地だ。ピザ生地は、小麦粉や強力粉で作られている。ピザ生地を糖質オフして食べるには、小麦粉や強力粉より糖質が低い、全粒粉や大豆粉を使ってペスカトーレピザを作ってみるといいだろう。
より糖質をオフしたいなら、油揚げを使ったピザ生地がおすすめだ。油揚げの原材料である豆腐は質のよいたんぱく質やカルシウム、ビタミンE、鉄など多くの栄養素を含んだ食材である。また代謝を促進すると考えられているサポニンやイソフラボンなども含まれているため、糖質をオフしながら健康にも気を配ることができるだろう。

4. ペスカトーレピザをカロリーオフする食べ方とは?

ペスカトーレピザをカロリーオフする食べ方のポイントは、2つある。カロリーオフする食べ方1つ目は、ピザ生地を小麦粉や強力粉を使わず油揚げで代用して作る方法だ。糖質の摂りすぎは、血糖値を急激に上昇させてしまう。血糖値が上がるとインスリンが分泌されて血糖値を下げるように働くは、過剰は糖質は脂肪組織に取り込まれて脂肪として蓄積する。これが慢性的に続くことが肥満の原因となる。
油揚げで作ったピザは豆腐の豊富な栄養を摂取できるだけでなく、焼くとピザ生地のようなカリカリ感も味わえる。またピザ生地を作ったり焼いたりする時間も短縮されるので、ヘルシーに食べられるだけでなく、調理の時短にもつながるだろう。

2つ目のカロリーオフする食べ方は、トマトソースを手作りする方法だ。市販のトマトソースは、糖質やカロリーが高くなる。生のトマトやトマト缶を使って手作りすれば、市販のものよりあっさりとしたソースになり、ほかのメニューにアレンジして使うこともでき便利だろう。
また、低脂肪・低カロリーのムール貝をたっぷりのせるなど、具材をかさましして満足感をアップすれば、食べる量自体が減りカロリーオフに繋がる。

結論

エビやイカなど具材がたっぷり使われた見ためも豪華なペスカトーレ。たくさんの食材には人間の身体に必要な栄養も豊富に含まれている。ダイエット中でカロリーや糖質が気になる人は、紹介した方法を参考にして低カロリーのペスカトーレピザを楽しんでみてはどうだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ