このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

きってもきれない関係!?醤油の使い方で海鮮丼の味が変わる!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年5月27日

ごはんの上に盛り付けた刺身に醤油をかけて味わう海鮮丼。さまざまな魚を一度に堪能できる贅沢な丼物だ。ほとんどの人が醤油をかけて食べる海鮮丼だが、人によっては小皿にそそいだ醤油に刺身をつけて食べたり、醤油をかけずにお茶漬けにしたり、食べ方は人それぞれである。今回は海鮮丼に使用する醤油や海鮮丼をカロリーオフして食べることが可能かを紹介しよう。

1. 海鮮丼を美味しく味わう醤油のかけかた

皆さんは海鮮丼に醤油をかけるとき、一気に全部かけるのか、それとも少しずつ加えていくほうだろうか。丼物料理を提供するお店のホームページに掲載されている美味しい食べ方を確認すると、まずわさびを小皿にそそぎ、醤油で溶いてから丼にかけて味付けするとよいという。このときに醤油をかけ過ぎると、海鮮丼そのものの味が損なわれるそうだ。刺身はもちろん、ごはんの味を最後まで楽しむための醤油の目安量は小皿1杯くらいがいいらしい。
また、醤油をかけるのは偏った場所ではなく全体にまんべんなくかけるのがいいそうだ。1ヶ所のみにかけると底に醤油がたまりやすく、最後まで美味しく味わえないという。さらに刺身とごはんを軽く混ぜながら食べると、味が絡まりあってより美味しくなるそうだ。

2. 海鮮丼に使用する基本の具材と醤油

いくら・サーモン・帆立・蟹・うになど、海の幸を一品で味わえる海鮮丼。使用する具材はとくに定義はなく、好みでバリエーション豊かに楽しめるのが魅力だ。また刺身に加えてマグロと相性がいいアボカドをトッピングしたり、盛り付け方を立体的にしたり、器から具材をはみ出すようにのせたり、いろいろなパターンの海鮮丼を堪能できる点も特徴といえるだろう。
使用する醤油は、ふだん家庭で使用しているものでOK。ちなみに、いけす料理店が販売している海鮮丼のタレについて調べてみると、原材料として使用されているのは、ベースの濃口醤油をはじめ、砂糖・水あめ・塩・アルコール・醸造調味料・白ごまなどが加えてある。もちろん海鮮丼にそのままかけて食べてもよいし、肉料理や魚料理、パスタ、焼きそばといった、ほかの料理にも活用できるらしい。海鮮丼を自宅で食べる機会が多い人は、1本常備しておくのもありだろう。

3. 海鮮丼にかける醤油以外のタレとは?

先述したように海鮮丼にかけるタレは醤油以外の専用タレなどでもOK。醤油とひとことでいっても旨口醤油や刺身醤油、特選醤油、丸大豆醤油など、いろいろな種類があるので、好みで口に合うタイプをかけて味わってもらいたい。
ほかにも醤油に砂糖・みりん・料理酒・かつお出汁の素・水を加えた甘辛風のタレもよく合う。また、海鮮丼を提供するメーカーの公式サイトを見ると、店舗ではゴマ醤油を提供しているようだ。確かにレシピサイトをチェックすると醤油をベースに練りゴマや白ゴマを加えるレシピもある。気になる人は試してみてはいかがだろうか。

4. カロリーオフする海鮮丼の作り方

海鮮丼に限らずだが、丼物はごはんを多く盛り付けるためカロリー過多になりやすい。ダイエット中でも海鮮丼を食べたいときは、何に気を付ければいいのだろう。スーパーで購入する場合は、器が小さめでごはんの量が少ないものを選ぶとよい。
プチプチとした食感がクセになるいくらを山のように盛り付けて提供している居酒屋があるが、かなり高カロリーになる。比較的カロリーが低めなのは、マグロの赤身部分である。ダイエット中でも海鮮丼を作って食べる場合は、具材にマグロの赤身を使用し、量を控えめにして味わってもらいたい。あるいは海鮮丼を食べる前に、サラダや冷奴などの副菜を食べて、少しお腹を満たしてから食べると必然と食べる量が減るかもしれない。

結論

海鮮丼とタレとしてかける醤油、海鮮丼をカロリーオフして食べる方法を紹介したが、理解していただけただろうか。使用する具材によっては色が偏りやすいが、そういったときは錦糸卵や大葉、キュウリを添えるとよい。家族の誕生日や記念日など、ハレの日のシーンで海鮮丼を好みの醤油やタレで味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ