このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アボカドサラダと相性のいいドレッシングは?おすすめの調味料も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月28日

森のバターという別名を持つほど、濃厚な味わいが特徴のアボカド。そのまま食べてもよし、加熱して食べてもよしの使い勝手バツグンな食材である。今回は、アボカドが主役の「アボカドサラダ」と相性のいいドレッシングについて深堀りしよう。アボカドサラダのドレッシングとして、最適な調味料も紹介する。

1. アボカドの栄養を逃すことなく摂取できるアボカドサラダ

ビタミンやミネラルを豊富に含むアボカドは、栄養価満点の食材としてさまざまな料理に活用されている。しっかりと熟したアボカドは、生でも加熱しても美味しく食べることができるため、アレンジの幅は無限大。スーパーなどでも手軽に入手でき、料理によく使うという人も多いであろう。
一方、アボカドの栄養価を損なうことなく食べるには、どのような方法で調理するのがベストなのかを知っている人はそこまで多くないのが現実である。まずは、アボカドの栄養価を余すことなく摂取する方法について紹介しよう。

アボカドは生のまま食べるのがベスト

油と一緒に加熱することで栄養価が上がる野菜もあれば、生のまま摂取することが望ましい野菜もある。アボカドに関しては、後者の「生のまま摂取」がベストである。アボカドに含まれているビタミンCは、加熱することでその力がグンと落ちてしまう。アボカドには、ナトリウムの吸収量を調整して血圧を下げる効果などが期待できるカリウムも含まれている。カリウムは加熱による損失はないが、水に溶けやすいという性質がある。生を使うアボカドサラダは、アボカドに含まれる栄養を損なうことなく摂取するためにも好ましい食べ方なのだ。

2. アボカドサラダは使用する食材次第で和風にも洋風にもアレンジ可能

アボカドサラダというメニューを聞いて、あなたは和風と洋風どちらの料理をイメージするだろうか。アボカドはさまざまな食材と相性がいいので、和風にも洋風にも簡単にアレンジすることができる。
アボカドサラダの方向性を決めるのは、アボカドと一緒に合わせる「食材」。どんな食材と組み合わせるかによって、アボカドサラダは無限にアレンジできるのだ。アボカドの濃厚な味を活かしながら和風にも洋風にもアレンジさせるには、アボカドサラダと相性のいい食材を見つけることが重要である。

アボカドサラダを和風にアレンジするには

アボカドサラダに和風テイストをプラスしたいときは、「豆腐」や「納豆」など大豆からできた日本ならではの食材を使うのがおすすめだ。ねっとりと濃厚な味わいのアボカドは、大豆のたんぱくな味と相性ぴったり。それぞれを組み合わせるだけで、簡単に和風テイストへと変身させることができる。

アボカドサラダを洋風にアレンジするには

アボカドサラダを洋風にしたいときは、「トマト」や「グレープフルーツ」などフルーティーな味わいの食材を合わせるのがおすすめである。コク深いアボカドの味わいに、さっぱりとしたフルーティーな味がミックスされることで、全体にさっぱりとした印象に。オリーブオイルやバルサミコ酢などの調味料とも相性がよくなるので、洋風にアレンジしやすくなる。

3. アボカドサラダのドレッシングにおすすめの調味料とは

アボカドサラダの味を決めるのは、ほかでもない「ドレッシング」である。ドレッシングに使用する調味料次第で、アボカドサラダの味は大きく変化。アボカドをはじめ、アボカドサラダに使用している食材の味を引き立てるには、それぞれの食材と相性のいい調味料選びを行うのが重要である。
アボカドと相性のいい調味料として有名なのが、しょうゆやオリーブオイル、マヨネーズなど。また、ごま油やわさびなどもアボカドと相性のいい調味料として知られている。アボカドと相性がいいとされている調味料は、どれもドレッシングに使えるものばかり。アボカドサラダを和風にしたいか洋風にしたいかによって、ドレッシングに入れる調味料を変えると、幅広くアボカドサラダを楽しむことができる。

結論

アボカドサラダは、サラダの中でもアレンジの幅が広いメニュー。アボカドの形状をそのまま残しておくのか、それともペースト状にしてディップのように使うのかによっても、味や見栄えが全く異なってくる。相性のいい食材・調味料の幅も広いので、合わせる食材とドレッシングを変えれば毎日違うサラダを楽しむことができる。意外な組み合わせにトライして、ぜひ自分だけのオリジナルアボカドサラダを作ってみてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ