このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

自宅で手軽にハワイ気分!ロコモコ丼の作り方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年5月28日

ハワイ名物であるロコモコ丼。南国の雰囲気を漂わせながらも材料自体は日本でも簡単に揃えられ、誰でも手軽に作ることができるのも、ロコモコ丼の魅力のひとつだろう。ここでは、材料選びから盛り付け方まで、美味しいロコモコ丼の作り方のポイントを紹介する。ハンバーグを作る際に、ついでにもうひと手間加えて美味しいロコモコ丼にして食べるというのはいかがだろうか。

1. 具材から付け合わせまで!ロコモコ丼の材料の選び方

美味しいロコモコ丼を作るには、美味しいハンバーグが欠かせない。ハンバーグから自作するのであれば、より美味しく作るためにどんな材料を選べばよいのか、材料の選び方からこだわってほしい。
まず注目したいのは、ハンバーグのベースとなる挽き肉の牛肉と豚肉の比率だ。スーパーで売られている合い挽き肉であれば、牛と豚の比率がおおよそ7:3~6:4と、やや牛肉が多めのバランスだ。素材からしっかりと選び、味にこだわりたいのであれば、合い挽き肉ではなく牛挽き肉と豚挽き肉をそれぞれ別に購入し、あとから自分好みの比率で混ぜ合わせるのもおすすめだ。
挽き肉は鮮度が落ちやすい食材だ。購入の際は鮮度のよい肉の選び方のポイントをしっかりとおさえておこう。注目すべきポイントは、鮮やかなピンク色と肉汁が出ていないかどうかだ。逆に空気に触れて変色しているものや肉汁が出ているものは鮮度が低いので気を付けたい。
次に、ハンバーグに混ぜ込む野菜の選び方だ。定番となるのは玉ねぎだが、好みでにんじんやシイタケといった食材も刻んで混ぜ込むと、より美味しいハンバーグができあがる。かさ増しとカロリーオフを兼ねて、おからや豆腐を入れるのも悪くない。
美味しいロコモコ丼を作るための材料の選び方としては、ハンバーグだけでなく付け合わせの野菜も欠かせない。ロコモコ丼に添えられる野菜の定番はレタスやトマト、アボカドなどが挙げられる。野菜のみずみずしさは丁度よい箸休めとなり、こってりとしたハンバーグやグレービーソースを食べたあとの口をさっぱりとさせてくれる。
このようにトータルのバランスを見てロコモコ丼に最適な材料の選び方を意識してみるとよいだろう。

2. 美味しいハンバーグ作りを!ロコモコ丼の下ごしらえ

材料選びが終わったのであれば、次に取り掛かるのは下ごしらえだ。美味しいロコモコ丼を作るための下ごしらえのコツは、ハンバーグの生地の作り方にある。
つなぎとして使われる玉ねぎはよく炒め、飴色になるまで火を通したら粗熱を取る。同じくつなぎとして肉汁を逃さず吸収する役目をもつパン粉は、牛乳に浸してしっとりとさせておくことが下ごしらえのポイントだ。
挽き肉は牛と豚を別々に買ったのであれば比率を慎重に見極めて混ぜ合わせる。こってりが好みなら豚を多めにするとよいだろう。この時、ナツメグなどのスパイスを加えると肉のくさみが取れるだけでなく、スパイスの香りも加わってさらに風味豊かな味わいになるのでおすすめだ。
ハンバーグを焼きあげた際にフライパンに残った肉汁や脂は、グレービーソースとして再利用する。間違ってもフライパンを洗い流さないように気を付けたい。

3. 見た目にもこだわりを!見栄えするロコモコ丼を作るコツ

最後に、せっかくハンバーグを焼いたあとロコモコ丼にして食べるのであれば、彩りや盛り付けにもこだわり、見栄えのする一品に仕上げたいところだ。ロコモコ丼の見栄えをよくするコツは、ハンバーグと目玉焼き、そして付け合せの野菜の色を意識しながら盛り付けることだ。
それぞれの具をただのせるだけではなく、コツをおさえてより彩りが際立つようにのせるだけでも、ロコモコ丼の見栄えは大きく変わる。
また、ロコモコ丼は丼ものとはいえ、ハワイ発祥の料理。どんぶりではなく平皿にごはんを盛り、具材を盛り付けていくのもハワイのテイストを表現するコツとなるので覚えておこう。

結論

料理は味だけでなく目で見て楽しむものでもある。ロコモコ丼はハンバーグをごはんのうえにのせ、目玉焼きやソースをかけたら出来あがりという、作り方がシンプルな料理だ。綺麗に盛り付けられたロコモコ丼は華やかで見ているだけで楽しいものとなる。料理の勝手がわかってきたのであれば、美味しさに加えてこういった見栄えまで意識してみるとよいだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ