このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

皮から作れる!手作り最中(もなか)の作り方を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年5月24日

もち米から作られた皮にあんこを詰めた最中(もなか)。チョコやアイスなど、あんこ以外のバリエーションも豊富な最中だが、皮から自分で作ることができるのはご存知だっただろうか。最中を皮から自作できれば、好きな餡を持ち寄っていつでもさまざまな最中を楽しめるパーティーも可能だ。ここでは、最中の作り方やコツについて紹介したい。

1. 楽しみ方いろいろ!最中の餡の選び方

もともとは薄い皮だけを食べる干菓子として生まれた最中。いつの間にかあんこを挟んだものが主流となり、いまではさまざまなものを詰めた多彩なスイーツとして親しまれている。市販の最中も中身はさまざまだが、自分で作るのであればそのバリエーションはさらに広がることだろう。ここではそんな最中に合う食材の選び方として、いくつか代表的な食材を紹介していこう。

昔ながらの最中といえばあんこだが、そのあんこにもさまざまな種類が存在する。よく耳にするつぶ餡と、こし餡の違いは、小豆の形を残したまま作るか、しっかりと潰して裏ごしし、皮を取り除いて作るかという点だ。ちなみに、小倉餡はこのどちらかをベースに、さらに砂糖で煮詰めた小豆を粒のまま混ぜ込んで作られている。しっとりとした味わいならこし餡、歯触りを楽しみたいのであればつぶ餡、さらにしっかりとした豆の食感を楽しむなら小倉餡といった選び方をするとよいだろう。

また、ほかの豆を使って作られたあんこは色も味わいも違ってくる。あっさりとした味わいで使い勝手のよい白餡は、インゲンやササゲ、小豆などの豆類の中で白い品種を選んで原料にしたもので、フルーツ餡などのほかの食材を混ぜ合わせたあんこのベースにも使われる。手作り最中でも同様に、フルーツを加えてさっぱりとした味わいにしたいのであれば白餡をベースにしてみるとよいかもしれない。対して、うぐいす餡とずんだ餡の2種類は鮮やかな緑色が特徴で、見栄えをよくするには最適だ。

これ以外にも、チョコやアイスなど洋菓子の食材も最中との相性がよい。好きなものを好きに挟むといった選び方で子どもと最中作りを楽しんでみてはいかがだろうか。

2. アレを使って最中の皮ができる?驚きの作り方

中に詰める餡を用意したのなら、次は皮作りに挑戦してみよう。必要となるのは白玉粉とコーンスターチ、型の代わりに使用するアルミカップ。本来の最中はもち米から作られるのだが、これらの食材であれば身近であり、なおかつ手軽に皮を焼き上げることができておすすめだ。

まずはこれらの材料を少量の水を加えながら混ぜ合わせ、小さく分けて丸めていく。その生地を、油を塗ったアルミカップ2個で挟み込むようにして広げ、重しをのせてオーブンで焼けば最中の皮のできあがりというわけだ。

あとは焼き上がった皮を2つずつセットにし、間に好きなあんこやアイスなどの甘いものを挟み込めば手作り最中が完成する。作り方さえ覚えてしまえば手軽に作れるので、ぜひ試してみてもらいたい。

3. 市販の皮を使って最中づくりを楽しもう

材料さえ揃えば手軽に作れる最中の皮ではあるが、もっと簡単に手作り最中を楽しみたいのであれば、この皮だけを探して購入するという方法もある。

中に詰めたい具材と皮を買ってきて挟むだけなので子どもでも簡単に、一緒になって和菓子作りを楽しむことができる。また、市販の最中の中には皮のパリパリとした食感があんこの水分で損なわれないように、あんこと皮が別々の状態でセットになって売られているものもある。

こういったセットで売られているものを探せば、あんこと皮をそれぞれ別に買い求める手間はなくなるので、さらに簡単に手作り最中を楽しむことができる。やろうと思えばすべての材料を一から。手軽に試したければセットから。手作り最中は手軽派から本格派まで広く間口が開いているので、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

結論

最中の作り方はパリパリの皮にあんこなどの具を詰めるだけではあるが、具の選び方でさまざまな楽しみ方が可能だ。中には変わり種最中として、チーズやポテトサラダといったスイーツの枠を超えた最中を楽しんでいる人もいる。子どもとともに好きな食材を買い集め、自由な発想で新しい最中を開拓してみるのも面白いのではないだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ