このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ストックしてあると便利な冷凍食品!賞味期限はどれぐらい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年6月20日

冷凍食品は賞味期限が長くストックに便利なものである。お弁当を作るときやサッと調理したいときには冷凍食品がストックしてあると安心するだろう。しかし、日々の生活のなかで冷凍食品の賞味期限について意識したことはあるだろうか。冷凍食品だからといって安心して放置しておくと、いざ使おうと思ったときに賞味期限が切れてしまっていることだってある。ここでは冷凍食品の賞味期限の長さや定義について、考えていきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷凍食品の種類にはどんなものがあるのか

冷凍食品といっても肉や魚、フライ、野菜のおかず、麺類などいろいろな種類がある。冷凍食品は値段も量も大きく異なるため、どのようなものがあるか見ていこう。

・麺類

ボリュームのある食事をサッと用意したいときに便利なのが麺類の冷凍食品だ。ラーメンやうどんといった汁物付きのものから、焼きそば、焼きうどんといった汁なしの麺類などラインナップが充実している。1個あたりの価格は300~400円位が多く、冷凍食品のなかでは割と高めの部類である。

・ごはん系

チャーハンやピラフ、チキンライス、ビビンバなどのラインナップがある。1袋を家族で分けるのもよし、1人で数回に分けて食べるのもよしだ。休日の昼食などにおすすめである。

・揚げ物系

唐揚げやフライなど、さまざまな種類のおかずが充実している。肉や魚、練り物などさまざまだ。衣がつけてあり、揚げるだけの状態にしているものもあれば、調理済みの状態で冷凍され、レンジや自然解凍で食べられるものもある。小さなサイズのものはお弁当用に、大きめのものは普段の食事のおかずにもなるので便利だろう。

・野菜のおかず系

数年前から、お弁当用副菜の冷凍食品が人気となっている。ひじきの煮物や筑前煮、ほうれん草の和え物などラインナップはさまざまだ。主菜となるおかずは家庭でも作ることが多いが、副菜まで手が回らないという人には嬉しいだろう。お弁当用にカップに小分けされているものは1パックに6個分ほどしか入っていない。家族で使うとすぐに消費してしまうため、手作りよりも割高だと感じるかもしれない。

2. 冷凍食品の賞味期限はどのくらい?

冷凍食品の賞味期限は、商品によっても異なるが、平均的に3〜4ヶ月ほどのものが多い。しかし、早いものでは1ヶ月のものもあるので、必ずパッケージを確認するようにしよう。

また、冷凍食品の賞味期限は、適切な保存状態を維持されることが前提だ。家庭用の冷凍庫は規定で-18℃以下となるように決められて作られているので、冷凍食品も-18℃以下での保存を想定して賞味期限が決められている。

家庭用の冷凍庫の中は温度変化が大きく、扉の開閉によって簡単に温度が上昇してしまう。開け閉めを素早く行うことはもちろん、その都度食品の鮮度は低下するものと考え、購入後はなるべく早めに食べることが望ましい。

3. 賞味期限が切れても食べられる?

加工食品には賞味期限と消費期限というものがある。「賞味期限なら切れても大丈夫」と思う人もいるかもしれないので、この違いについて確認しておこう。

賞味期限...加工食品の美味しさを維持して食べられる期限のこと。開封をしない状態で、正しい保存方法を守っている場合に品質を維持したまま美味しく食べられる期限のことをいう。スナック菓子や乾物、カップラーメンなどに設定されていることが多い。賞味期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではない。賞味期限が切れた場合は匂いや見た目、味などを確認しながら食べよう。

消費期限...袋や容器を開けずに、正しい保管方法を守って保存していた場合に「安全に食べられる期限」のことをいう。弁当、調理パン、ケーキなどの比較的傷みやすい食品に設けられている。

賞味期限と消費期限を正しく理解していれば、食品のロスを減らすことができ環境保全にも繋がる。賞味期限が切れたからといってもすぐに捨てずに、食べられるかどうかを確認してから判断しよう。

結論

冷凍食品は長く保存できるという点がメリットだが、家庭での保存状況によっては早めに食べてしまった方がよい場合もある。賞味期限が長いからといっても一度溶けてしまったものは品質が低下している可能性が高く、一方でしっかりと管理されていれば賞味期限が切れていても食べられる場合もある。賞味期限は1つの目安にすぎないので、正しい冷凍保存をするということを第一に心がける必要がありそうだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ