このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アメリカの初代大統領!ジョージ・ワシントン大統領の好物はいったい何?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年6月10日

ジョージ・ワシントン大統領と言えば、アメリカ合衆国初代大統領で「建国の父」と言われる人物。一ドル札のモデルである。ジョージ・ワシントン大統領の任期は1789~1797年なので、今から200年以上前のことになる。ジョージ・ワシントン大統領の好物や、当時の食に関する習慣を見てみよう。

1. ジョージ・ワシントン大統領の食習慣とは?

ジョージ・ワシントン大統領は在職当時、隔週木曜日の午後4時に、公式ディナーを開催していた。地理的に偏らないよう、ディナーに招待するゲストは、北部と南部の議員のバランスを取るように考慮していたと言う。
ジョージ・ワシントン大統領は、時間に関しても几帳面で、定時には大統領もその仲間も、既にテーブルに着席していた。

供されるメニュー

ジョージ・ワシントン大統領のホスピタリティーに加え、公式ディナーで供された料理は、種類が多いことも知られている。メインディッシュには焼き魚、茹でた肉、ベーコン、鶏肉などが用意された。そしてデザートにはアイスクリーム、ゼリー、パイ、プディング、メロンなど。
ジョージ・ワシントン大統領は、公式ディナーの際は通常、ビール1杯とワイン2~3杯を飲んでいた。そしてお酒が入ると、ふるまいが活発になったと伝えられている。

2. ジョージ・ワシントン大統領の好物「食事編」

そんなジョージ・ワシントン大統領だが、すでに大統領になったときには、自前の歯が1本しか残っていなかったそうだ。そのため、入れ歯を装着していた。当時の入れ歯はつくりが劣悪で、装着するとワイヤー・ばね・ピンが口内にあたってかなり痛く、寝込んでしまうくらいのものだったらしい。入れ歯のせいで、下唇が前に突き出てしまうことなども悩みだったようだ。

食事は柔らかいものが中心に

そうした入れ歯のせいで、食事は、どうしても柔らかいものに制限された。
ジョージ・ワシントン大統領は羊肉が好物で、そこにワインを合わせるのが好きだったと言われているが、羊肉についても、相当煮込んだりして柔らかくしないと食べるのが大変だったと思われる。

ちなみに、好物のポートワインを飲むと、象牙や動物の歯でできた歯にはステインが付着し、歯が黒くなったと言う。

3. ジョージ・ワシントン大統領の好物「デザート編」

ジョージ・ワシントン大統領と言えば、こんな逸話が世界中に知られている。父親が大切にしていた桜の木を斧で切り倒してしまったが、正直に打ち明けたら、その正直さを褒められて怒られなかった。そんなジョージ・ワシントン大統領の好物のひとつは、なんと、さくらんぼだと言われている。

また、はちみつ、バターをたっぷりのせた、小麦粉ではなくコーンミールのホーケーキが好物だったようだ。はちみつとバターによって、じゅくじゅくに柔らかくすると食べやすかった、歯が痛くならなかったことも影響していると思われる。

妻の手作りケーキも好物

妻のマーサが得意だったケーキに、フルーツとスパイスの入ったグレートケーキがある。開拓時代の一般的なケーキであり、レシピはさまざまだ。マーサがケーキに入れていたのは、カラントとナツメグ、クローブ、シナモン、メイス、キャラウェイシードである。特筆すべきは、卵を40個、バターを4パウンド使うといった具合に、非常に大きなケーキだったことだ。ジョージ・ワシントン大統領が3期目を務めることを拒み、フェアウェルパーティーなどで地元に戻った際のクリスマスに、このケーキを焼き上げたということから、これもジョージ・ワシントン大統領の好物だった可能性はあるだろう。

結論

ジョージ・ワシントン大統領の好物はいかがだっただろうか。好物そのものというよりも、当時の食に関する環境であったり、どんなものが食べられていたのか、ということの方が興味深いかもしれない。いずれにしても、激しい痛みを伴うほどの入れ歯を着用しなければいけないことを、気の毒に感じることだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ