このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

刀削麺って知ってる?気になるカロリーや栄養は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年6月29日

刀削麺は日本ではあまり馴染みのない中華料理である。名前を聞いたことがないという人も多いのではないだろうか。刀削麺は麺の生地を特殊な包丁でそぎ落としながら茹でる麺である。断面は三角形、麺の形は柳の葉のような形となり、特殊な食感を楽しむことができる。ここでは刀削麺のカロリーや栄養を中心にどのような料理なのか深掘りしていく。

1. 刀削麺ってどんな料理?カロリーはどのくらい?

刀削麺は、中国発祥の料理で、モンゴル族の統治者が漢民族の反乱を恐れて包丁を取り上げたことから、薄い鉄片を用いて生地を削ったことによって登場したものと考えられている。通常の麺は細長く断面が丸いというのが特徴だが、刀削麺は特殊な包丁を使うことから麺の形も独特だ。

柳の葉に似ており、断面が三角形の刀削麺は、もちもちとした独特の食感を楽しむことができる。刀削麺の麺は見た目だけでいうと、日本のうどんのような太さのある麺である。
刀削麺を作るには高い技術を要するため、日本では作れる人材が不足している。そのため刀削麺はラーメンよりも高価である場合が多い。ラーメンほどは流通してはいないが、全国的に見ると刀削麺を食べられる店は増えており、知名度も上昇してきている。

刀削麺の味付けにはさまざまなアレンジがあるが、麻婆や担々麺のように辛い味付けで食べられることが多い。汁なしの刀削麺もあるので、決まった形というのはないのかもしれない。

刀削麺のカロリーはアレンジや麺の量によって異なるが、平均的には600〜700kcalのものが多い。担々麺のカロリーも同じくらいなので、献立にとり入れる時には参考にしてみよう。

2. 刀削麺からはどんな栄養がとれるのか?

刀削麺の麺は薄力粉と強力粉を合わせて水と塩で練ったものからできている。これらの主な栄養成分は炭水化物である。薄力粉100gに含まれる炭水化物量は75.8gで、強力粉は71.7gだ。それぞれのたんぱく質量は8.3g、11.8gであり、たんぱく質源としても優秀だ。

炭水化物は主に体を動かすエネルギーを作り出す栄養素である。また、脳を活性化させるためにも必須で、不足すると眠気や倦怠感などの原因となる。活力的に動きたいとき、頭を働かせなければならないときには積極的にとりたい栄養素だ。

たんぱく質は、筋肉や皮膚、臓器、血液といった体の組織を作る栄養素である。人間の体を作るためには必要不可欠といえるだろう。たんぱく質は肉や魚、大豆製品、卵に多く含まれるが、小麦にも多く含まれる。小麦アレルギーの代替品として使われる米粉のたんぱく質含有量は100gあたり6.0gである。健康的なイメージから米粉を選んでしまいがちだが、それぞれ含まれている栄養素は異なり、役割が違うということは心に留めておこう。

3. 糖質制限中でも刀削麺は食べられる?

糖質制限といっても、人によって糖質の設定量は異なる。ハードなものだと1日30~60g、中間だと70~100g、ゆるい糖質制限では110~140gが一般的だ。自分の減量目標と負担のない数値を設定し、自分の責任で行っていこう。

ごはん1杯150g中の糖質量は53.4gとなっている。ゆるい糖質制限だとしても3食食べるとオーバーしてしまうので、糖質制限の基本は主食の量を減らすことから始めてみよう。

刀削麺に使用する小麦粉類の量から糖質量を計算すると、茹でる前の麺(100g)だけで糖質は約48.5gである。ごはんを食べるときよりも少ないが、やはり糖質制限をしている場合は気になる数値だ。糖質制限をしているからといっても、厳しい目標でなければ量を調整しながら楽しむことは可能である。麺を減らした分、具材に野菜やきのこなど低糖質のものを追加してボリュームを出せば、満足のいく刀削麺を楽しむことができるのではないだろうか。

4. 刀削麺をカロリーオフして楽しむ方法

刀削麺のカロリーだけを見れば、1食分600~700kcalなので決してカロリーの高い料理ではない。ただし、麺料理は糖質量が多く、たんぱく質や野菜が少ないという特徴から太りやすい料理なので気をつけたいところだ。

刀削麺自体をカロリーカットするのであれば、汁なしの刀削麺にするか、麺の量を減らすのが簡単だ。また、刀削麺全体をハーフサイズにし、サラダやおひたしなどカロリーの低い副菜と組み合わせるという方法もある。いずれにしても食べ過ぎないことがダイエットにおいての基本的なポイントだ。

結論

刀削麺を食べる機会はまだ少ないかもしれないが、作り手が少ない珍しい中華料理という希少価値に魅力を感じるのではないだろうか。麺料理は糖質制限をしているときにはできれば控えたい料理ではあるが、サイズや麺の量に気をつけながら味わってみよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ