このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コカ・コーラ、ペプシコーラを徹底比較!カロリーはどっちが高い?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年6月23日

コーラと言えば、これまで話題となってきたのは、そのキリっとした喉越しのみならず、ダイエットへの影響だ。さまざまな考えのもと、通常タイプのコーラを選ぶ人もいれば、ダイエットタイプのコーラを選ぶ人もいる。今回は、コカ・コーラとペプシコーラという両雄のカロリーをタイプ別に比べてみよう。

1. コカ・コーラとペプシコーラのカロリー

それではまず、スタンダードなコーラにおける、コカ・コーラとペプシコーラのカロリーを見比べてみよう。

まず、コカ・コーラは100mlあたりが45kcalである。それに対し、ペプシコーラのカロリーは、100mlあたり48kcalである。ペプシコーラの方がわずかながらカロリーが高くなっている。

原材料を比べてみると、コカ・コーラは、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェインである。それに対し、ペプシコーラは、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、炭酸、香料、酸味料、カラメル色素、カフェインと書かれている。表記された原材料は全く同じながら、「カラメル色素、酸味料、香料」の書かれている順番が違う。原材料は、材料が重量の多い順に書かれているので、配合に違いがあるのだろう。

三大栄養素でいうと、コカ・コーラは100mlあたり、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.3gである。それに対し、ペプシコーラは100mlあたり、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.9gであり、ペプシコーラの炭水化物の量がわずかに多くなっている。

実際、コカ・コーラとペプシコーラは、風味に違いがあり、そのために、コカ・コーラ派とペプシ派に分かれるくらいであるからこういった栄養の違いはあって当然だろう。

2. ダイエット系のコカ・コーラとペプシコーラのカロリー

コカ・コーラでは、ダイエット系の商品をいくつか出している。それぞれの特徴とカロリーは以下の通りである。

◎コカ・コーラ ゼロ

コカ・コーラ ゼロは、名前の通り、100mlあたり0kcalである。三大栄養素も、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0gとすべてゼロ。食塩相当量 0.01gで、通常のコカ・コーラの食塩相当量0gに比べるとわずかに多い。

原材料は、「炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロースおよびアセスルファムK)、香料、カフェイン」となっており、糖類の代わりに甘味料が使われている。

◎コカ・コーラ ゼロカフェイン

コカ・コーラ ゼロカフェインは、100mlあたり0kcalでカフェイン0mgである。三大栄養素と食塩相当量はコカ・コーラ ゼロと同じで、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、食塩相当量 0.01gとなっている。

原材料は、「炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロースおよびアセスルファムK)、香料」となっており、カフェインが無い以外は、コカ・コーラ ゼロと同じ表記である。

◎コカ・コーラ プラス(特定保健用食品)

コカ・コーラの脂肪の吸収を抑えるトクホ飲料。100mlあたり0kcal。三大栄養素は、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物5.2g。食物繊維が5.2gで、糖質は0gである。食塩相当量は、0.08gとなっている。

原材料が、「食物繊維(難消化性デキストリン)、炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン」となっており、食物繊維が加えられているほか、甘味料の中身が他のダイエット系と違っている。

さて、ペプシはというと、通常のフレーバーのものでダイエット系は1種類のみ。

◎ペプシスペシャル ゼロ(特定保健用食品)

こちらもトクホで、食物繊維の働きで脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をゆるやかにする効果を謳った商品である。

100mlあたり0kcal。たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物は1.3gである。食物繊維は1.1gで、糖質を含まない。

原材料は、「食物繊維(難消化性デキストリン)、炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムカリウム)、香料、カフェイン」となっていて、コカ・コーラのものと比べると、甘味料の種類が違う。

3. 変わり種タイプのコカ・コーラとペプシコーラのカロリー

最後に、フレーバーが加わった変わり種タイプのコーラのカロリーを簡単にチェックしよう。

コカ・コーラは、ピーチの香りの商品、「コカ・コーラ ピーチ」を取り扱っている。これは、100mlあたり31kcalで、通常タイプのコカ・コーラよりもカロリーが低い。この商品にはもも果汁が使われていることのほか、果糖ぶどう糖液糖とステビアなどの甘味料がダブル使いされているのが特徴である。

ペプシは、「ペプシ ジャパンコーラ」として、塩と和柑橘フレーバーを加えたオリジナル商品を販売している。柚子の香りは、果汁ではなく、香料で再現されている。100mlあたり47 kcalで、通常のペプシコーラよりわずかにカロリーが低くなっている。甘味料は使わず、糖類のみで甘さを補完している。

なお、この「ペプシ ジャパンコーラ」には、ゼロカロリータイプもある。

またペプシコーラは、強炭酸と強カフェインタイプの「ペプシ リフレッシュショット」も製造していて、これは、100mlあたり56kcalと刺激に合わせて糖類を増やしたのかカロリーも少々増えている。

結論

今回はコカ・コーラとペプシコーラのカロリー人気ついて調べてみた。カロリーの違いとともに、商品を見比べるうえで路線の違いもよくわかったのではないだろうか。まだ、お好みのコーラがない人は、この機会に飲み比べてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ