このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

朝食の友!オレンジジュースとリンゴジュースのカロリーと栄養を比較

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年6月24日

出張などで利用するビジネスホテルの朝食で、オレンジジュースにするか、リンゴジュースにするか迷った経験はないだろうか。どちらも朝の始まりにぴったりの爽やかなドリンクであるが、よりヘルシーなのはどちらなのだろうか。オレンジジュースとリンゴジュースのカロリーと栄養を知り、今後の選択にぜひ役立ててほしい。

1. オレンジジュースのカロリーと栄養

では、オレンジジュースのカロリーや栄養をまずみていこう。

◎オレンジジュース 100g バレンシア ストレートジュース 42kcal
◎オレンジジュース 100g バレンシア 濃縮還元ジュース 42kcal

ストレートジュースは搾ったままのジュースであり、濃縮還元ジュースは、搾った後に水分を抜いて濃縮し、必要なタイミングで水を加えて元の濃度に戻すものである。

オレンジジュースは、ストレート・濃縮還元共に、100g(100ml)あたり42kcalとなっている。1回の食事に200ml飲むとすれば、カロリーは84kcalとなる。

決して高いカロリーではないが、コーラのカロリーが同程度であることから、飲み物としてはカロリーは低くないといえるだろう。

なお糖質量は、ストレートジュースが200mlあたり21.4gで、濃縮還元ジュースが21gとなっている。ごはん1杯(150g)の糖質が55gなのでジュース1杯でごはんの4割程を摂取することになる。

オレンジといえば、ビタミンCのイメージが強いだろう。ストレートジュース1杯でビタミンCが44 mg摂れる。濃縮還元についてはおよそ2倍の84 mgのビタミンCが含まれている。

2. リンゴジュースのカロリーと栄養

次に、リンゴジュースのカロリーと栄養をみてみよう。

◎リンゴジュース 100g ストレートジュース 44kcal
◎リンゴジュース 100g 濃縮還元ジュース 43kcal

リンゴジュースは、100g(100ml)あたりストレートが44kcal、濃縮還元ジュースが43kcalとわずかに違いが出ている。1回の食事に200ml飲むとすれば、カロリーはそれぞれ88kcal、86kcalとなる。


なお糖質量は、ストレートジュースが200mlあたり23.6gで、濃縮還元ジュースが22.8gとなっている。
カロリーや糖質に関しては、ミネラルウォーターやお茶にくらべると多く含まれているので、飲みすぎには気をつけなければならない。

オレンジでも見たが、やはり気になるのはビタミンCの量である。リンゴのストレートジュースグラス1杯のビタミンCが6mgとある。濃縮還元は2 mg含まれており、ストレートの1/3量である。

3. オレンジジュースとリンゴジュース、比べてみると?

両方のカロリーと栄養をみてきたところで違いをあげていこう。

オレンジジュースはグラス1杯あたり84kcal、リンゴジュースは86~88kcalであり、大きな違いはないものの、リンゴジュースの方が若干カロリーが高いことが分かる。

糖質量については、オレンジジュースがグラス1杯あたり21~21.4gであるのに対し、リンゴジュースは22.8~23.6gである。こちらもリンゴジュースの方が少し多い。実際、リンゴジュースの方がより甘みを感じるだろう。

そして最後にビタミンCの量を比較してみよう。オレンジジュースのグラス1杯あたりのビタミンCが44~84 mgであるのに対し、リンゴジュースはわずか2~6 mgである。

ビタミンCの摂取目安は、1日50mg~100mgといわれている。そのため、オレンジジュースを1杯飲めば、その摂取目安をクリアできることになる。

結論

オレンジジュースとリンゴジュースのカロリーや栄養を比較してみると、一番の違いはビタミンCの量だと分かった。オレンジジュースのビタミンC含有量の多さや糖質量が少ない点から、リンゴジュースよりもオレンジジュースを選択するほうが利点はあるといえるだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ