このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

本当にあるの?黄色いパッションフルーツの特徴と産地は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年10月23日

さまざまなトロピカルフルーツが輸入、栽培されるようになり、認知度も上昇してきている。しかし、いまだに知られていないトロピカルフルーツもある。その1つが黄色い皮のパッションフルーツだ。本当にパッションフルーツの仲間なのか、なぜ日本では認知度が低いのか、その謎に迫る。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 黄色種のパッションフルーツは果皮の色が異なるだけ?

パッションフルーツの種類

日本でパッションフルーツといえば、紫色の果皮のパッションフルーツがイメージされやすい。しかし当然、パッションフルーツにもさまざまな種類がある。パッションフルーツの種類は果皮の色によって、紫色種、黄色種、交雑種の3つに大別される。紫色種のものをイメージしていると、黄色種は一見してパッションフルーツと分からないほど、果皮の色によって印象は異なってくる。

黄色種と紫色種の違い

数多くあるトロピカルフルーツの中でも、絶妙な甘酸っぱさが人気の理由となっているパッションフルーツ。日本人に比較的、馴染みのある紫色種のパッションフルーツと比べて、黄色種は酸味が強いといわれている。また、紫色種と黄色種では栽培に適した気候が異なってくる。沖縄など、国内でも栽培されている紫色種のパッションフルーツと比べ、黄色種のパッションフルーツは暑さに強く、寒さに弱い。そのため、日本よりも暑い地域、つまり熱帯地域での栽培が向いている。

エドゥリス種には紫色種と黄色種の両方がある

パッションフルーツの果皮の色は、品種によって異なってくる。しかし、エドゥリス種という品種だけは、少し事情が異なる。日本で栽培されている紫色種のパッションフルーツの多くがエドゥリス種に該当するのだが、黄色種のパッションフルーツができるエドゥリス種もあるからだ。そのため、エドゥリス種に限っては「エドゥリス種(紫色種)」、「エドゥリス種(黄色種)」と区別されることがある。

2. 黄色種のパッションフルーツの旬と選び方

黄色種のパッションフルーツの旬

栽培しやすい紫色種と比べて、厳密な温度管理が必要となる黄色種のパッションフルーツは、日本ではあまり栽培されていない。結果、市場に出回る量も少ないため、旬の時期は捉えにくいが、黄色種のパッションフルーツは7月~8月に最盛期を迎える。その年の気候や栽培方法(露地栽培かハウス栽培か)によって前後することもあるが、夏の時期になったらパッションフルーツの時期だと思ってよい。

黄色種のパッションフルーツの選び方

パッションフルーツの選び方は、紫色種であっても黄色種であっても変わらない。美味しいパッションフルーツかどうかは、熟しているかどうかに左右されるからだ。食べごろのパッションフルーツは見た目で分かる。ポイントは、果皮の状態だ。通常、果物を選ぶときは果皮がツルツルとしてなめらかなものを選ぶことが多いだろう。しかしパッションフルーツの場合は、シワが寄り始めたものを選ぶべき。なぜなら、パッションフルーツは熟すと果皮にシワができるからだ。ここで1点注意してほしいことがある。果皮にシワが寄っている状態のものであっても、果皮に傷があったり色ムラがあったりするものは味が落ちるため、総合的に見て判断することを忘れないでほしい。

3. 黄色種のパッションフルーツのおすすめの食べ方は?

おすすめの食べ方

紫色種に比べて、黄色種のパッションフルーツは酸味が強いが、生で食べられる。パッションフルーツは果肉と種を食べる果物だが、ほかの果物と比べ簡単に食べられる点が大きな魅力だ。熟したパッションフルーツを半分に切り、中身をスプーンですくいながら食べる。こうすることで、パッションフルーツの中身を無駄なく食べられる。ゼリー状の黄色い果肉の食感と、種のプチプチ感の両方を楽しみながら食べられるため、パッションフルーツはぜひ生で食べたい。しかし、黄色種の酸味の強さによっては、生で食べにくいときもある。その場合は、生で食べることにこだわらず、パッションフルーツの違う食べ方を楽しもう。

パッションフルーツをピューレ状にして食べる

パッションフルーツの果肉を種ごとミキサーに入れ、そのままミキサーにかけるとピューレができる。パッションフルーツ単体では酸っぱくても、アイスやヨーグルトにピューレをトッピングすると、黄色種のパッションフルーツ特有の酸っぱさが緩和され、甘酸っぱさがアクセントとして活きる。また、ケーキソースとしてピューレを活用するのもおすすめ。甘酸っぱさが加わってさわやかな味になるだけではなく、見た目も華やかになる。

結論

同じ果物であるにもかかわらず、果皮の色が全く異なるパッションフルーツは珍しい果物だ。日本ではメジャーではない黄色種のパッションフルーツだが、これから輸入されるようになったときは、ぜひ自分の目で確かめてみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ